映画情報どっとこむ ralph 映画『すくってごらん』は、とある失敗で左遷されたプライドは高いがネガティブな銀行マン・香芝誠が、都会から遠く離れた地で出会った「金魚すくい」を通じて、思いもよらない成長をしていく物語。香芝を演じるのは映画初主演の尾上松也。彼が一目ぼれする美女・吉乃を初のヒロイン役となる百田夏菜子が務める。さらに、百田演じる吉乃が「お兄さま」と呼ぶ謎の男・王寺昇に柿沢勇人、松也演じる香芝に恋心を抱く魅惑的なカフェ店員・山添明日香に石田ニコルと魅力的なキャストが揃った。

この度、キャラクターポスターが公開された。 「恋心も、人生もみーんなす・く・わ・れ・る?新感覚ポップエンターテインメント誕生!」というコピーと、金魚すくいの店「紅燈屋」で初めて金魚すくいに向き合った香芝誠、暖簾をくぐる「紅燈屋」を営む美女・生駒吉乃、金魚カーに乗った王寺昇(柿澤勇人)、奈良の古き良き街並みを背にした山添明日香(石田ニコル)が金魚のモチーフとともに並んだものだ。金魚の持つ「和」の世界観を活かした優雅で華麗な作品を予感させる仕上がりだ。

ひとりひとりのポスターでは、4人それぞれ、
「“元”エリート銀行員」香芝誠

「運命的に出会う謎の美女」生駒吉乃

「金魚を愛する癒し系男子」王寺昇(柿澤勇人)

「魅惑的なカフェ店員」山添明日香(石田ニコル)

キャラクターについてのコピーもそえられている。

映画情報どっとこむ ralph また、1月15日(金)より販売されるムビチケ前売券(カード)は、原作者・大谷紀子による描き下ろしイラストとなる。映画 『すくってごらん』のキャストにあわせ、尾上松也演じる香芝誠と百田夏菜子演じる生駒吉乃がポイを持ち、金魚すくいを楽しんでいる姿を描いた。ムビチケ
大谷は映画化発表時に、「主演の香芝役を尾上松也さん、ヒロインの吉乃役を百田夏菜子さんに演じて頂けるという、贅沢かつ幸せな作品です」とコメントを寄せている。
さらに、 「BE LOVE」 3月号(21年2月1日発売)では、大谷の撮影ロケレポート漫画の掲載も予定されている。
映画情報どっとこむ ralph ムビチケカードの特典は、A4サイズのオリジナルクリアファイル(数量限定)。香芝誠、生駒吉乃、王寺昇、山添明日香のキャラクターポスターの写真が使用されている。

映画『すくってごらん』

3月12日(金) ​​​TOHOシネマズ 日比谷 ほか全国公開

原作は世界初の金魚すくいマンガにして、<このマンガがすごい!>にもランクインした傑作マンガ「すくってごらん」(大谷紀子/講談社)。メガホンをとったのは、長編デビュー作『ボクは坊さん』で高い評価を受けた俊英・真壁幸紀。原作と同じ奈良県を舞台に「和」の世界と斬新な映像表現を融合させ、大胆かつ優雅、そして華麗なるエンターテインメントを誕生させた。

【STORY】
大手メガバンクのエリート銀行マン・香芝誠は、些細な出来事がきっかけで左遷され、荒んだ気持ちを抱えて東京本社から片田舎の町へやってきた。そこで偶然かつ運命的に、金魚すくいの店を営む美女・吉乃と出会い、一目ぼれをする。持ち前のネガティブな性格と左遷のショックから、香芝は心を閉ざし仕事だけを生きがいにしようと心に決めながらも、吉乃の事が頭から離れない。何とかお近づきになろうとするが、秘密を抱える吉乃の心もまた閉ざされたままだった。果たして、香芝は金魚のように彼女の心もすくうことはできるのか―?

***********************************

出演:尾上松也 百田夏菜子 柿澤勇人 石田ニコル ほか
監督:真壁幸紀
脚本:土城温美  原作:大谷紀子『すくってごらん』(講談社「BE LOVE」所載)
製作幹事・企画:東通企画  制作プロダクション:ROBOT
製作:映画「すくってごらん」製作委員会  配給:ギグリーボックス
(C)2020映画「すくってごらん」製作委員会 (C)大谷紀子/講談社
sukuttegoran.com

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ