映画情報どっとこむ ralph この度、全世界の映画祭で大絶賛を浴び、韓国、日本をはじめ世界中で歴史的大ヒットを記録した『新感染 ファイナル・エクスプレス』 の4年後の世界を描く『PENINSULA(英題)』が『新感染半島 ファイナル・ステージ』の邦題で決定し、2021 年1月1 日(金)よりTOHOシネマズ日比谷 他 にて、全国ロードショーとなります!
映画情報どっとこむ ralph 見なきゃ年を越せないっ!《こうして新感染半島は作られた》メイキング映像初解禁

この度解禁となったのは本作の裏側《制作過程》が見えるメイキング映像!あの感染爆発から4年後、半島は感染者で溢れていた…!元軍人・ジョンソク役のカン・ドンウォンが銃を片手に走り、撃ちまくる!ヨン・サンホ監督は「今の半島がどうなっているか映画を見ながら一緒に楽しんでもらえると思う」とコメントし、撮影準備に1年をかけ、2000平方メートルの巨大セットでキャストたちが感染者と対峙する姿が公開!前作以上にスケールアップした世界観に主演のカン・ドンウォンは「前代未聞です。映画のハイライトですね」と話す。本作のPRインタビューで「ゾンビとの闘いは難しかった」と振り返っていた彼の言葉通り、こんな動きの速い感染者が大量に襲ってきたら絶望的…!戦意喪失しそうな勢いで四方八方から攻めてくる…。妥協ゼロ!本作のキャスト・監督・製作陣すべてのスタッフの全力で撮影に挑んだ本気の姿がわかる!併せて解禁するのは振り返ってこちらを見つめるジョンソクの場面写真!スケールアップした世界観と結末はやはり大きな劇場のスクリーンで見届けてほしい!公開前日の大晦日の夜は本映像を見てからじゃないと年は越せない!
映画情報どっとこむ ralph 『新感染半島 ファイナル・ステージ』

1月1日(金)公開

舞台は『新感染』の4年後の‘半島’。人間を凶暴化させる謎のウィルスの感染爆発で荒廃した祖国に、ある任務を果たすため戻ってきた元軍人のジョンソクを、カンヌ映画祭でパルムドールを受賞した是枝裕和監督が初めて手がける韓国映画『ブローカー(仮)』への出演が決定しているカン・ドンウォンが演じ、前作『新感染』で監督を務め、韓国だけでなく世界で高い評価を受けたヨン・サンホ監督が引き続きメガホンをとります!前作よりもさらに壮大なスケールで描かれ、250人を超えるVFXスタッフにより作り上げられたビジュアルと20分に及ぶ刺激的なカーチェイスは圧巻。カンヌ映画祭オフィシャルセレクションにも選出され、本国では今年7月に2,338スクリーンで公開され、大ヒットを記録。コロナ禍にあえぐ韓国映画界において‘救世主’と讃えられ大きな話題を呼んだ本作が、ついに日本上陸です!

<STORY>パンデミックが半島を襲ってから4年後。香港に逃げ延びていた元軍人のジョンソク(カン・ドンウォン)は、ある任務を遂行するために半島に戻ってくる。任務とは、チームを組み3日以内に大金が積まれたトラックを回収して半島を脱出すること。チームはウィルスにより凶暴化した人間たちから逃れ、順調にトラックを手に入れるも、突如とし631部隊と呼ばれる民兵集団に襲われてしまう。トラックも奪われ、危機一髪となったジョンソクを救ったのはミンジョン(イ・ジョンヒョン)母娘。そして、彼らはともに半島を脱出するために協力することになり・・・。

***********************************

監督:ヨン・サンホ『新感染 ファイナル・エクスプレス』
出演:カン・ドンウォン、イ・ジョンヒョン、クォン・ヘヒョ、キム・ミンジェ、ク・ギョファン、キム・ドゥユン、イ・レ、イ・イェオン
配給・宣伝:ギャガ パブリシティ:スキップ
コピーライト:©2020 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILMS.All Rights Reserved.
英題:PENINSULA/ 2020年/韓国/カラー/116分/字幕翻訳:根本理恵/映倫:G
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ