映画情報どっとこむ ralph この度、8組24名の人気俳優、吉本タレント、クリエイターによるオムニバス映画『半径1メートルの君~上を向いて歩こう~』の公開は2021年2月26日。

新型コロナウイルスの影響で、世界中の人々の心が曇り、人の営みすべてに想像もしなかった苦悩が付きまとい、多くのエンタメコンテンツも中止に追い込まれました。こんな時だからこそエンタメの力で人々の心を元気にしたい、上を向いて歩ける前向きな気持ちを届けたい、そんな思いから急きょ制作を開始。エンタメは不要不急ではない、必要至急で作るのだ。人と人が距離を取らなければならないのなら、「心の濃厚接触」を描きたい。そこには心のマスクを脱いだ瞬間があるはず。どんなことがあっても笑うことをやめない、そのための映画をあなたにお届けします。

この企画には、岡村隆史(ナインティナイン)×豆原一成(JO1)、海宝直人×亜生(ミキ)、倉科カナ×徳井義実(チュートリアル)、小池徹平×じろう(シソンヌ)、白石聖×後藤淳平(ジャルジャル)、般若×秋山竜次(ロバート)、松井玲奈×山崎静代(南海キャンディーズ)、水川あさみ×近藤春菜(ハリセンボン)(50音順)という豪華キャスト、そして脚本家には、上田誠(ヨーロッパ企画)、丑尾健太郎(日曜劇場『半沢直樹』)、品川ヒロシ、粗品(霜降り明星)、高須光聖、福田麻貴(3時のヒロイン)、福徳秀介(ジャルジャル)、又吉直樹(ピース)(50音順)という豪華クリエイター陣が集結。

この度、斉藤和義による名曲「上を向いて歩こう」のカバー曲が本作の主題歌となることが決定しました!

斉藤和義コメント:
世界的にも知られる名曲「上を向いて歩こう」のカバーということで、大変光栄でしたが緊張感もありました。RCサクセションの絶品のカバーバージョンもありますし、考えすぎたらキリがないと思ったので、シンプルにオリジナルのメロディに忠実に自分なりのアレンジをしてみました。こんな今だからこそ、より響く楽曲だと思います。映画と共に楽しんで頂けたら幸いです。

その主題歌が彩る本作の本予告映像も解禁となりました。

映画情報どっとこむ ralph 各話のシチュエーションもついに明らかに!

『半沢直樹』の丑尾健太郎が脚本を務める『本日は、お日柄もよく』からは、岡村隆史演じる佐久間昇が、映画初出演の豆原一成(JO1)演じる昇の娘のストーカー・浅田弘樹を冷たくあしらう一場面が公開。粗品(霜降り明星)が、映画初脚本・監督を務めた『同度のカノン』からは、亜生(ミキ)演じる義正が、海宝直人演じる正彦のお見舞いに訪れるシーンが明らかに。
同じく病院が舞台ながらも、全く異なる2人を描いている『やさしい人』(脚本:高須光聖)からは、徳井義実演じる男性が、倉科カナ演じる植物人間の女性を見舞うが、実は彼女はその様子をしっかり見聞きしていた・・というワンシーンが、又吉直樹(ピース)が脚本を務めた『真夜中』は、薄暗いバーで言い合いになってしまうじろう(シソンヌ)演じる、お笑いコンビ“ユリイカ”の久保と小池徹平演じる担当マネージャーの花岡の姿も解禁されています。さらに、映画初脚本の福徳秀介(ジャルジャル)による『まわりくどい二人のまわりくどい気持ちの伝え方は大胆でむしろまわりくどい』からは小さなカフェを切り盛りする店主のしおりの元を、後藤淳平(ジャルジャル)演じる近所で服屋を営む本田が訪ねる様子が、品川ヒロシが脚本・監督を務める『戦湯~SENTO〜』からは、秋山竜次(ロバート)演じる、とある銭湯の常連客の男と般若演じる寡黙な男が口論を始めてしまう場面が明らかになっています。松井玲奈演じる妹の葵と山崎静代(南海キャンディーズ)演じる姉の伸子が、母親の遺品整理をきっかけにお互いの思いをぶつけ合う、福田麻貴(3時のヒロイン)の映画初脚本作となった『とある家のこと』、そして、上田誠(ヨーロッパ企画)らしい一風変わったシチュエーションで、水川あさみ演じるミクと近藤春菜(ハリセンボン)演じるサナエのやりとりが気になる『バックヤードにて』では、2人の女性による“密な”会話に期待が高まります。

「心の距離まで離れてたまるか。」というコピーと共に、 “上を向いている”豪華キャストとクリエイター陣がずらっと並んだ“インパクト大!”な本ビジュアルも解禁。「自然と顔が“上を向いている”」、映画館で並んで映画を観ている時の様子も表現しています。

映画情報どっとこむ ralph ■『本日は、お日柄もよく』
<出演>岡村隆史(ナインティナイン)×豆原一成(JO1)×<脚本>丑尾健太郎(日曜劇場『半沢直樹』)  
<監督>山内大典
STORY登山から帰ってきた中年サラリーマンの佐久間昇(岡村隆史)と男子学生の浅田弘樹(豆原一成)。2人は自宅で怪我の手当をしてあげた若者に“理想の親子”だと羨ましがられるが、「こいつは僕の娘にずっと付きまとってるストーカー」だと冷たく言い放つ昇。娘の大事な日にまで付いてこようとする弘樹に、「ええ加減、諦めろ」と呆れ果てる昇だが…。

コメント
岡村隆史(ナインティナイン)
オーディション番組から見てきた豆原くんと共演できて、最初は先輩として引っ張っていこうと思っていましたけど、逆に助けられました。演技も凄いなと思いましたね。このご時世なので皆さん大変だと思いますけど、たくさんの方に観ていただけたらいいなと思います。

豆原一成(JO1)
オーディションの時から支えていただいてきた岡村さんと一緒に、初めてのお芝居をやらせていただいて、心から嬉しかったですし、勉強になりました。今の世の中だからこそ「上を向いて歩こう」というテーマが作品を通して伝わると嬉しいです。

丑尾健太郎
執筆にあたって、まず岡村さんと豆原さんのお写真をずーっと眺めていました。何もかもまるで違うお二人ですが、内面にある「まっすぐさ」のようなものが似ているのではと勝手に感じました。で、書いたのが、このお話です。本当の親子という設定ではありませんが、どこか似ているような、二人の不器用な男の話です。

■『同度のカノン』
<出演>海宝直人×亜生(ミキ)×<脚本・監督>粗品(霜降り明星)
STORY 病院へ入院することになり、沈んだ顔で病室のベッドに横たわる正彦(海宝直人)。そこへ友人の義正 (亜生)が見舞いにやってくる。終始友達同士の何気ない会話が続くが…。

コメント
海宝直人
粗品さんの脚本がとてもユニークで面白くて、現場で演じながらまたどんどん面白くなってくるような作品でした。きっと何度も見直したくなると思います。僕自身も完成が楽しみです。

亜生(ミキ)
今回はもうセリフを言うことに必死で、難しかったですね(笑)。海宝さんとは以前にご一緒させてもらったことがあって、「先生」と呼んでいますのでやりやすかったです。この作品は最初からよく見て、よく聞いておいてもらえると、粗品ワールドを楽しめると思います。最終的には心がフワっと温かくなりますよ!

粗品(霜降り明星)
初めて監督と脚本を担当してみて、普段は何気なくドラマを見ていましたけど、すごい大変な仕事なんだなと思いました。興味はあってやってみたかったので、やれて良かったです。海宝さんにも亜生にも難しいオーダーをさせてもらったんですけど、すごい良くて、助けられました。

■『やさしい人』
<出演>倉科カナ×徳井義実(チュートリアル)×<脚本>高須光聖  <監督>山内大典
STORY 一瞬の出来事で植物人間となってしまった女性(倉科カナ)。絶望という闇の中を彷徨い、醒めることのない悪夢は次第に醜い怒りを増幅させていく。そんなある日の午後二時、寝たきりの彼女に異変が起こる。なぜ自分だけが不幸な目に合うんだ?何年経っても受け入れられない現実に彼女の感情は爆発し、その怒りはある男性一人(徳井義実)に向けられる。

コメント
倉科カナ
演じた役柄としては、意識が無く寝たきりになってしまった女性が数分意識が戻るという設定のお話で出演しました。徳井さんとは9年ぶりくらいの共演でしたが、変わらず素敵で、ご縁があるなぁと思いました。その素敵な徳井さんを、声が枯れるほど罵倒する場面が多いので(笑)、どんな結末になるのか楽しみにしてもらえたらと思います。

徳井義実(チュートリアル)
高須さんはバラエティ番組ではご一緒させていただいていましたが、ドラマだと意外とこういうキュンと来る脚本を書くんだなぁと思いました。本編では、こんなに口悪くキレている倉科さんはなかなか見ることができないと思いますので、そこが見どころだと思います(笑)。

高須光聖
誰も想像しえなかった2020年、お笑いのカリスマが突然この世から姿を消したのは僕らエンタメの現場だけじゃなく世の中にも衝撃を与えた。目に見えないウイルスに人は怯え、その不安が全てを止めました。それでも人は生きています。僅かな時間でもいい、楽しい一時を一日も早く取り戻してほしい。きっと彼が生きていたらそう言うだろう。

■『真夜中』
<出演>小池徹平×じろう(シソンヌ)×<脚本>又吉直樹(ピース)  <監督>紙谷楓
STORY 薄暗いバーのカウンターで飲んでいる、芸歴13年目のお笑いコンビ“ユリイカ”の久保(じろう)と担当マネージャーの花岡(小池徹平)。一時期人気を誇るも今は仕事が激減し人のせいにしてばかりいる久保に、花岡は業を煮やして激しい口論となる。久保の才能を誰よりも信じ、この世界で生き抜くための大切なことを訴えかける花岡だが、実はこれが2人で飲み交わす“最後の夜”であったー。

コメント
小池徹平
又吉さんの脚本がとても面白くて、相手役のじろうさんも好きで普段から見ていたので、どうしてもやりたい!と思った作品でした。参加できてとても嬉しかったです。心をくすぐられるような二人芝居のいい緊張感と期待とで楽しめました。今回は8本の違う色の作品をいろいろ観ることができるので楽しんでもらえたらと思います。僕も他の作品は全くわからないので、楽しみにしています!

じろう(シソンヌ)
今回、芸人の役を演じたのですが、芸人なら誰もが身の回りで見たことがあるような体験が描かれていて、又吉さんからのメッセージだと感じました。文句ばっかり言っている芸人は全員見た方がいいですね(笑)。小池さんとは共鳴するものを感じましたし、僕にもいい印象を持っていると信じていますので、今度はユニットで、2人で活動してみたいなと思っています(笑)。

又吉直樹
小池徹平さんとじろうの表情や掛け合いが素敵でした。劇中の「マンガンガ」というコンビ名を考えるのに2時間かかり、途中自分がなにをしているのか解らなくなる真夜中を過ごしました。いろんな真夜中がありますね。

■『まわりくどい二人のまわりくどい気持ちの伝え方は大胆でむしろまわりくどい』
<出演>白石聖×後藤淳平(ジャルジャル)×<脚本>福徳秀介(ジャルジャル)  <監督>山内大典
STORY 小さなカフェを一人で切り盛りする店主のしおり(白石聖)。そこへ同じく近所で服屋を営む本田(後藤淳平)が閉店間際に入ってくる。残っていた手作りミルクレープを注文し会話を楽しむ2人だったが、実は“好きなひと”がいると告白する本田。その気持ちの伝え方を聞いたしおりは気持ち悪がるが…。まわりくどい二人のほっこり温かい純愛ラブストーリー。

コメント
白石聖
ジャルジャルさんは普段からテレビで拝見していたので、物語の中で共演させていただくのはとても新鮮でした。ワンシチュエーションでの展開の中で、福徳さんの脚本のテンポ感や会話劇はさすがだなと思いましたし、すごく愛を感じました。前向きなメッセージが多くの方に届けばいいなと思います。

後藤淳平(ジャルジャル)
僕の衣装の帽子がすごくサイズが小さいんですけど、顔がデカくて帽子が小さくて、ちょっとこみ上げてくるものがありましたね(笑)。福徳の脚本なんですけど、福徳は恋愛小説が好きなので、福徳らしいなと思いました。芝居では白石さんに引っ張っていってもらって、本当に助けられたなと思っていますし、僕のミニ帽子でやりづらかっただろうな、迷惑かけたなと反省しています。明日いいことあるんだろうなと思って終われる一日を描いた作品で、こういう時代だからこそそんな一日が素晴らしいなと思いますし、それを積み重ねていけたらいいなと思います。

福徳秀介(ジャルジャル)
初めて脚本を書かせてもらいました。
一生忘れられない大きな出来事です。
白石さんと相方の後藤くんに演じてもらえました。
一生忘れられない大きな喜びです。映画館で自分が書いた物語が上映されます。一生忘れられない大きな感動です。映像を見たら後藤くんの衣装の帽子がめちゃくちゃ小さかったです。一生忘れられない小さな帽子です。

■『戦湯~SENTO〜』
<出演>般若×秋山竜次(ロバート)×<脚本・監督>品川ヒロシ
STORY ある銭湯に現れた、2人の男ー。なぜかウエスタンな格好で番台のおばちゃんに偉そうな態度をとり、脱衣所や浴場でも我がもの顔で振る舞う常連客の男(秋山竜次)に、もう一人の強面で寡黙な男(般若)はとうとうしびれを切らし始める…。さぁ、前代未聞の戦湯ラップバトルの始まりだ!裸で叫びあう、2人のバトルの行方はいかに?!

コメント
般若
品川監督にまた声をかけてもらって嬉しかったです。今までラップをやってきて、フル●ンの人とラップバトルをするのは初めてだったので面白かったです(笑)。秋山さんが俺たちラッパー以上に飲み込みが早かったですし、緊張感があって、楽しかったですね。

秋山竜次(ロバート)
身体を程よく焼くこと、いつも通りメシを食うことを役作りでやってきました。そこは品川監督にも褒めてもらって嬉しかったですね。般若さんの圧倒的なラップに対して飲み込まれないように頑張りました。プロのラッパーを近距離で見ると本当にすごいですし、聞いていて気持ち良かったです。

品川ヒロシ
裸がかっこいい般若くんと、裸が面白い秋山が、銭湯でラップバトルしたら、単純に面白いなぁと思って作りました。今年はどこに行っても密を気にして、しばらく銭湯も行けなかったし、ラップバトルもできなかっただろうし、それこそ漫才もアクリル板とかを置いていたりしたので、またコミュニケーションが普通にできる世の中に戻ってくれたらなと思います。

■『とある家のこと』
<出演>松井玲奈×山崎静代(南海キャンディーズ)×<脚本>福田麻貴(3時のヒロイン)  <監督>紙谷楓
STORY 実家で母の遺品整理をしている姉の伸子(山崎静代)と妹の葵(松井玲奈)の間には、険悪なムードが漂っていた。2人は性格も好きなものもすべてが正反対で今日も激しい口論を始める。お互いをののしり合い、「あんたが生まれる前からあんたのことが嫌い」と言い放つ伸子。そんな中、母が書き記していた日記帳と共に懐かしいあの日の記憶が甦ってくる…。

コメント
松井玲奈
福田さんの脚本のテンポが良くて、短い時間の中で感情がどんどん変化していきました。新しい体験をさせていただいたと思います。しずさんはこちらの心を震わせるような芝居で返してくださり、すごくやりやすかったです。『大切な人はすぐそばにいる』ということを強く感じさせる作品だと思います。

山崎静代(南海キャンディーズ)
短い物語の中で感情の起伏が激しくて難しかったです。今までセリフが少ないことが多いんですけど、今回結構多くて(笑)、ホントにやるんだなと思ってドキドキしながら来ました。自分の中ではすごく難しかったんですけど、撮った映像観てみたらけっこう面白かったので、簡単じゃない時の方が結果うまくいった、みたいなことになったらいいなと思います。

福田麻貴(3時のヒロイン)
今回映画の脚本に初挑戦させて頂きました!拙い本ではありますが何より演技実力派の松井玲奈さんとしずさんに演じて頂けたことが光栄でならないです!どこにでもいる姉妹のどこにでもある関係に共感して頂けたら嬉しいです。

■『バックヤードにて』
<出演>水川あさみ×近藤春菜(ハリセンボン)×<脚本>上田誠(ヨーロッパ企画)  <監督>紙谷楓
STORY スーパーの店長らしき女性・ミク(水川あさみ)に万引きが見つかり、バックヤードで問い詰められる主婦のサナエ(近藤春菜)。出来心だと言い張るが、バッグからは高価な金品や骨董品が次々とでてくる。そんなサナエを未来からやってきた“タイムトラベラー”だと見破るミクだが、ミクもまたサナエを追ってやってきた時空局潜入捜査官だった!2人の目的は何なのか?そして彼女たちを意外な展開が待ち受ける。

コメント
水川あさみ普段から仲良くしている春菜とお芝居するのはちょっと不思議な感じでしたけど、春菜だからこそ出せる表情やテンションがいい相乗効果になって、いい雰囲気でできました。今回、上田さんにオリジナルで書いていただいた唯一無二の作品で、思ったように進んでいかない面白さがあって、見ているうちにいい意味で期待を裏切られると思います。

近藤春菜(ハリセンボン)撮影は本当に楽しかったです。仲の良い水川さんとの共演は、最初は照れ臭いのかなと思ったんですが、水川さんの空気作りや切り替えのおかげでやりやすくしてもらいました。撮影のこと思い出したら、ずっと笑ってた印象しかないかも笑。ショートムービーだからこそできるテンポの早い展開、ヨーロッパ企画上田さんワールドご堪能ください。

上田誠
脚本を書くまえに水川さん近藤さんと打ち合わせさせてもらい、おふたりから「せっかくなので突飛なことしましょう」と後押しいただいたのでそうしました。半径1メートル、10分程度のなかに思いつく限りのスケール感を展開しています。打ち合わせで滲んだおふたりの関係性から紡いだ物語でもあります。おふたりの時空をこえた躍動が楽しみです。

映画情報どっとこむ ralph 『半径1メートルの君~上を向いて歩こう~』

2021年2月26日TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

hankei1m.official-movie.com 
Twitter @hankei1m_movie

***********************************

主題歌:「上を向いて歩こう」斉藤和義(SPEEDSTAR RECORDS)
企画・製作・配給:吉本興業  制作プロダクション:共同テレビジョン
©「半径1メートルの君~上を向いて歩こう~」製作委員会

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ