映画情報どっとこむ ralph 都内の終末期医療専門病院に勤務し、命の終わりを真摯に見つめる現役医師でありながら、作家として「サイレント・ブレス」(2016年刊行)や、NHKにてテレビドラマ化され話題を呼んだ「ディア・ペイシェント」(2018年刊行)を世に送り出した南杏子による「いのちの停車場」(幻冬舎)。

今の日本の長寿社会における現代医療制度の問題点や、尊厳死・安楽死などの医療制度のタブーに正面から向き合い、それらに携わる医師、患者、その家族が描かれたその感涙の物語を、『八日目の蝉』(2012)や『ソロモンの偽証 前篇・事件 / 後篇・裁判』(2015)など多数の名作を生みだした映画界を代表する監督のひとり成島出がメガホンを取り、映画化!

主人公の在宅医療を行う医師役を演じるのは、日本を代表する女優である吉永小百合。吉永を支える共演陣として、松坂桃李、広瀬すず、西田敏行をはじめ石田ゆり子、南野陽子、柳葉敏郎、小池栄子、泉谷しげるら豪華キャストが集結!豪華キャスト&スタッフが紡ぐ感動のヒューマン医療ドラマが誕生致します。

この度、本作のティザービジュアルを解禁!公開日も5月21日(金)に決定しました!

映画情報どっとこむ ralph 本作で、様々な患者のいのちに“優しく寄り添う”立場である“まほろば診療所”の医療スタッフを演じる、4名のメインキャストである吉永小百合、松坂桃李、広瀬すず、西田敏行。彼女らのモノクロの優しげな笑顔が目を引く本作のティザービジュアルですが、実は彼女らの肖像は、写真ではなく、“えんぴつ画”です。このえんぴつ画は、SNS上にえんぴつで描いた様々な芸能人の似顔絵を投稿し、“リアルすぎて感動!!”と話題沸騰の富山県富山市在住の鉛筆画家“古谷振一”の超絶技巧によって描かれました。写真と見まがうほどの超写実的な4名の似顔絵は、緻密に、そして非常に繊細に描かれていながら、そのえんぴつ画ならではの優しいタッチに映画『いのちの停車場』という作品が持つ“いのちに寄り添う優しいあたたかさ”が見事に表現されています。

さらに、ティザービジュアル内には、数々の場面写真もちりばめられています。メインキャスト4名のえんぴつ画をつなぐ人々の心のつながりを表すようなピンク色のリボンが描く輪を埋め尽くす写真の数々に、石田ゆり子、南野陽子、柳葉敏郎、小池栄子、泉谷しげるらが演じる、咲和子(吉永小百合)の訪問先の患者やその家族と、まほろば診療所メンバーの心温まるやり取りが想像させられます。咲和子らと患者や患者家族が過ごす日々の中で、見つけ出した希望にみちた表情を細部までぜひご覧ください。

映画情報どっとこむ ralph 「そこは、自分らしく輝ける場所。」

誰もが予想だにしなかった未知のウイルスに、世界が翻弄されている昨今。

「生と死」について考える機会が増えたそんな今だからこそ立ち返るべき、 “いのちを生きる”ことの喜びを、映画『いのちの停車場』が、全世界に問いかけます。

2021年5月21日全国ロードショー

映画公式サイト:
www.teisya-ba.jp
映画公式Twitter&インスタグラム:
@Teishaba_movie
#いのちの停車場

【STORY】
東京の救命救急センターで働いていた咲和子(吉永小百合)は、ある事件をきっかけに、故郷の金沢で「まほろば診療所」の在宅医師として再出発をする。様々な事情から在宅医療を選んだ患者と出会い、戸惑いながらも、まほろばのメンバーと共にいのちの一瞬の輝きに寄り添っていく。その時、最愛の父が倒れてしまい…。

***********************************

出演:吉永小百合
松坂桃李 広瀬すず
南野陽子 柳葉敏郎 小池栄子 みなみらんぼう 泉谷しげる
石田ゆり子 田中泯 西田敏行
監督:成島出  脚本:平松恵美子  原作:南杏子「いのちの停車場」(幻冬舎)
推薦:日本在宅医療連合学会 全国在宅支援医協会  後援:日本在宅ケアアライアンス
©2021「いのちの停車場」製作委員会  

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ