映画情報どっとこむ ralph およそ8年ぶりの新作となる映画『無頼』を手がけた名匠・井筒和幸監督が、“映画を語る”配信番組「活弁シネマ倶楽部」に登場。
映画情報どっとこむ ralph MCを務める映画評論家の森直人にとって、「私にとって、ヒーローの一人」とまで言われる監督が、本作を手がけた真意や、自身の思う“昭和史”、さらには森から見た井筒監督の作家性に至るまで、互いに大いに語り合っている。

冒頭の森の発言に対して、自身のことを「ケチなヒーローでございます」と自虐的に返答する井筒監督。笑いを誘う、軽やかな流れからトークはスタートする。森は監督のキャリアを改めて振り返り、世に出回っている“井筒和幸監督情報”には、誤りが多いことに言及。これには監督も「流言飛語が飛び交っている」と思わず苦笑。さらに森は、なんと井筒監督が期間限定のユーチューバーとして、自身のYouTubeチャンネルを開設していたことなども紹介している。

本作のテーマを「ザッツ昭和史」と語る監督。「昭和というものはいったい何だったのか?とうことを、ヤクザ映画のかたちで語った」と解説。“井筒版『ゴッドファーザー』”ともいえる本作だが、森は「劇中で『ゴッドファーザー』への言及もありますが、井筒監督がここまで直接的に映画へのオマージュをしているのも珍しい」と指摘、「本作はいわば『アイリッシュマン』ですよね。マーティン・スコセッシと井筒和幸が、同時期に同じような発想で戦後史映画を立ち上げた」と続ける。「『アイリッシュマン』は1950年代から80年代までの戦後アメリカの裏面史で、ある象徴的な人物を置いて、3時間半の尺の中にその裏面史を入れ込んでいる。ここの構図が似ている」と森はさらに続ける。そして、スコセッシ監督作における『ミーン・ストリート』が、井筒監督の場合は『ガキ帝国』だとの発言も。

森は、自身が井筒監督のファンである理由を、「日本では数少ない、“本物のストリートの作家”」だと述べ、「そんなストリート派が、戦後論の叙事詩を撮ったらどうなるかという答えが、この『無頼』であり、スコセッシ監督の『アイリッシュマン』」だと論じている。本作の主人公は、EXILEのパフォーマー・松本利夫演じるマサジだ。ここで再び話題は『ゴッドファーザー』へ。同作はマフィアの世界を描いた話でもあるが、三兄弟の物語でもある。『無頼』のマサジは三男坊であり、『ゴッドファーザー』でアル・パチーノが演じるマイケルも三男坊。これに井筒監督は「実はね、パクってきてる」と笑いながら正直に明かす。

そして森は、「本作を観て、井筒監督のバランス感覚に痺れた」と述べている。これに監督は「バランス感覚なんてものは、ハナからない」と返すが、「商業娯楽映画の中で、ハードコアな作家映画を作ってきた井筒監督は“バランスの人”だ」と森が応酬。ここまで言われるとさすがの監督も「そうなのかなあ……」とこぼしている。この根拠について森は、「今回の『無頼』で言えば、視点がずっとニュートラル。どこにも依らず、真ん中を駆け抜いていっている」と語る。井筒監督自身も「突き放して描こうと思った。(ヤクザ者である彼らを)冷たく見つめることが必要だと思った」と、この作品や、劇中に登場する人物たちに対する姿勢を明言している。

そのほか話題は、撮影機材などのハード面や、テクニカルな面についても深く及ぶ。過去作についてのエピソードや、「昭和史とは“アメリカの影”を語ることでもある」という言葉なども飛び出し、ボリューム満点のトーク内容となっている。映画本編はもちろんのこと、このトークからも“昭和とは何か?”というものが浮かび上がってくる。作り手と評論家。立場は違えど、互いに尊重し合える関係だからこそ実現した“対話”がここにある。

映画情報どっとこむ ralph ■活弁シネマ倶楽部■

活弁シネマ倶楽部 公式HP:
https://katsuben-cinema.com/

活弁シネマ倶楽部 公式ツイッター:
@katsuben_cinema

映画情報どっとこむ ralph 『無頼』はK’s cinemaほか全国にて順次公開中。

公式サイト:
www.buraimovie.jp

公式ツイッター:
@buraimovie

【ストーリー】
太平洋戦争に敗れ、貧困と無秩序の中に放り出された日本。焼け跡から立ち上がった大衆は、高度経済成長のもとで所得倍増を追い、バブル崩壊まで欲望のままに生きて、昭和が去ると共に勢いを止めた。理想の時代から、夢の時代、そして虚構の時代へ──。誰もが豊かさを欲する社会の片隅で、何にも怯むことなく、たった一人で飢えや汚辱と闘い、世間のまなざしに抗い続けた“無頼の徒”がいた。やがて男は一家を構え、はみだし者たちを束ねて、命懸けの裏社会を生き抜いていく……。過ぎ去った無頼の日々が今、蘇える。正義を語るな、無頼を生きろ!

***********************************

監督:井筒和幸
出演: 松本利夫(EXILE) 柳ゆり菜 中村達也 ラサール石井 小木茂光 升毅 木下ほうか
2020年/日本/146分/カラー/ビスタサイズ/5.1ch
©2020「無頼」製作委員会/チッチオフィルム R15+
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ