映画情報どっとこむ ralph 彼女来来製作委員会はこの度、演劇ユニット『ピンク・リバティ』の代表をつとめ、劇作家・演出家として評価を高めている山西竜矢が、映画監督として作り上げるオリジナル企画による初長編作品『彼女来来』の特報映像を公開です。

彼女来来のメインキャストには前原滉、天野はな、奈緒ら若手実力派俳優が集結。音楽は関西の異色人気バンドVampilliaのヴァイオリニストとして活動する宮本玲が担当。MOOSIC LAB[JOINT]2020-2021でのお披露目後、2021年内の劇場公開を目指します。
映画情報どっとこむ ralph 前原滉(佐田紀夫役)コメント
2020年、色んなことが起きました。些細なこともそうでない事も。
もしかしたら映画やドラマを作ることは出来ないんじゃないかと思った時期もありました。
そんな中で、山西さんからこの作品のお話を頂きました。しかも主演で。山西さんにも、同年代の情熱溢れる最高なスタッフさん達にも、素晴らしい共演者の方々にも、たくさん助けてもらいました。無事に撮り終えることができた今、この最高のチームが作った映画がどうなっているのか楽しみで仕方ありません。そして何より、多くの方々に観ていただきたいです。どうかよろしくお願いいたします。

天野はな(マリ役)コメント
2020年の夏にこの作品を撮れたことをすごく嬉しく思っています。
紀夫と茉莉とマリはどうなっていくのか、、、
観る人によって受け取り方も様々な映画になっているんじゃないかなと思います。
沢山の方に観ていただけますように!

奈緒(田辺茉莉役)コメント
山西竜矢監督のもと前原滉さんと天野はなさんが集まるときいて、
おもしろい香りしかしませんでした。
2人の「まり」と主人公・紀夫が行き着く道を是非見届けてください。
「彼女来来」は、きっと奇妙なあなたのお話です。

村田寛奈(荻山由実役)コメント
優しく和やかな現場の雰囲気にずっと救われていました。そんな中にも時々緊張感があり、とても刺激になっていました。この空気感はきっと、映画の中でも伝わると思います。ぜひ、楽しみにしていて欲しいです

映画情報どっとこむ ralph 行定勲監督、文筆家・佐々木ののか氏コメントが到着しています。

行定勲(映画監督)コメント
山西竜矢作品に潜む予兆のようなものが好きだ。
これまでも、劇場で何度も目の当たりにしてきたそこにある不気味さや不可解さ。描かれる人間の奥底を一旦覗き込むと得られる安堵感が不思議で。
そんな曖昧なものを表現しようとする彼の感性が今後も楽しみでならない。
次は何を観せてくれるのだろう。

佐々木ののか(文筆家)コメント
唐突に綻びを見せる日常や、当たり前の不確かさ。
山西さんが見せてくれる“不条理”は、まるで今生を映す鏡のようです。
それでも、毎度観てしまうのは、生の刹那的な美しさにカタルシスを得るから。
今度はスクリーン越しに、あの快楽を浴びたい。

映画情報どっとこむ ralph 『彼女来来』

あらすじ

―ある日、彼女が別人になった―

都内郊外のキャスティング会社で働く男・佐田紀夫、30歳。
彼は交際三年目になる恋人・田辺茉莉と、穏やかな毎日を送っていた。

ある夏の日。紀夫が家に帰ると、窓から強い夕陽が差し込んでいた焦げるようなその日差しを目にした瞬間、紀夫は奇妙な感覚に襲われる。気付くとそこにあるはずの茉莉の姿は無く、代わりに見知らぬ若い女がいた。困惑する紀夫に、女はここに住むために来た、と無茶苦茶なことを言う。
透き通るような白い肌のその女は「マリ」と名乗り─

「劇場公開支援プロジェクト」をクラウドファンディングサイト「MOTION GALLAERY」にて開始致します。実施期間は2020年11月19日(木)18:00〜2021年1月29日(金) 23:59まで。目標金額は200万円となります。
〈彼女来来劇場公開支援クラウドファンディングプロジェクト〉
https://motion-gallery.net/projects/kanojorairai
(11月19日18時公開予定)

■スタッフ紹介

監督・脚本/山西竜矢(やまにし・たつや)
ピンク・リバティ代表  レプロエンタテインメント所属/劇団子供鉅人 劇団員
1989 年香川県生まれ。同志社大学卒。劇団子供鉅人への客演参加を機に、2014 年より劇団員となる。 俳優として舞台・映像で多数の作品に出演する傍ら、脚本・演出について独学で学び、16 年に代表をつとめる演劇ユニット『ピンク・リバティ』を旗揚げ。本格的に脚本・演出業を開始する。 翌17年には脚本・監督した短編映画「さよならみどり」が第6回クォータースターコンテストでグランプリを受賞、 昨20年には執筆したエッセイが日本文藝家協会「ベスト・エッセイ2020」に選出されるなど、以降、ジャンルレスに活動の場を広げている。

音楽/宮本玲 Miyamoto Rei
Vampilliaのヴァイオリニスト。京都市立音楽高等学校(現 京都市立堀川音楽高等学校)、同志社女子大学音楽学部卒業。卒業後はクラシックのみならず、バンド活動や、劇中音楽なども担当する。中田潔子に師事。

■MOOSIC LABとは
2012年から始まった新進気鋭の映画監督とアーティストの掛け合わせによる映画制作企画を具現化する音楽×映画プロジェクト。
映画作家とミュージシャン、映画と音楽とをコンペ形式・対バン形式で上映する異色の映画祭であり、話題作や人気監督を次々と輩出している。
COVID-19の影響から本年は開催延期・未定となっていたが、AOI Pro.の協賛を受け、参加監督らが「MLJ実行委員会」として共同企画・主催するという新体制でMOOSIC LAB[JOINT]2020-2021”と名称新たに再始動。 2021年2月末からK’s cinemaほかで順次開催が決定。
http://moosiclab.com/?p=1986

***********************************

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ