映画情報どっとこむ ralph 32歳という輝かしいキャリアの絶頂で突然の死を迎え、映画界に衝撃を与えた伝説のアクションスター、ブルース・リー(1940年11月27日、米サンフランシスコ生まれ)。没後、各国で公開され大ヒットを記録したアクション映画の最高傑作『燃えよドラゴン』を、リー生誕80周年を記念して、リーの誕生日でもある11月27日(金)からディレクターズ・カット版で劇場上映することが決定しました。
映画情報どっとこむ ralph 1971年、『ドラゴン危機一髪』でリー初の主演を務めて以後、『ドラゴン怒りの鉄拳』、『最後のブルース・リー ドラゴンへの道』に続き、1973年にこの『燃えよドラゴン』が公開。当時、空手、柔道、テコンドーなど世界中の武術の魅力を余すところなく魅せ、リー自身によって演出されたアクションシーンは大ブームとなり、世界中でカンフー旋風を巻き起こしました。

本作は、香港裏社会の支配者ハンに妹を殺された少林寺の高弟リー(ブルース・リー)の復讐劇を描くもの。リーの洗練されたアクションもさることながら、「考えるな、感じろ!」などの言わずも知れた名言もちりばめられています。また、今やアクションスターとして活躍する、若き日のサモ・ハン・キンポーやジャッキー・チェンの姿も見られるのも見どころの一つです。
映画情報どっとこむ ralph 映画『燃えよドラゴン ディレクターズ・カット』上映

公開:2020年11月27日(金)
公開劇場:新宿ピカデリー、グランドシネマサンシャイン、川崎チネチッタ、大阪ステーションシティシネマ、なんばパークスシネマ、ミッドランドスクエアシネマ、Tジョイ博多、札幌シネマフロンティア

【INTRO&STORY】
香港裏社会の支配者ハンの主催する、武術トーナメントが開催される。ハンの手下に姉を殺され、復讐に燃えるリーは、秘密情報局の承諾を得て単身トーナメントに参加するが…。そのキャリアの絶頂で突然この世を去り、30年以上の時を経てなお語り継がれる伝説のアクションスター、ブルース・リー。そんなブルース・リーの代表作にして歴史に残る名作。空手、柔道、テコンドーなど世界中の武術がその力を競い、リー自身によって演出されたアクションシーンは今もって他の追随を許さない。ブルース・リーの最高傑作!

***********************************

【キャスト】ブルース・リー、ジョン・サクソン、ジム・ケリー、シー・キエン ほか
【監督】ロバート・クローズ 
【配給】ワーナー・ブラザース映画  【上映時間】103分 【製作】1973年 【原題】ENTER THE DRAGON
©1973 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHHTS RESERVED.
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ