映画情報どっとこむ ralph 「アンフェア」シリーズなど数多くのベストセラーを世に送り出した人気作家・秦建日子がクリスマスの名曲「Happy X-mas (War Is Over)」にインスパイアされ、執筆した小説『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』を実写映画化!監督は、「SP」シリーズを手掛け、迫真のアクションやハリウッドクオリティのVFXで日本映画の新時代を切り開いた波多野貴文。「アンフェア」×「SP」の最強タッグのもと、主演の佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊をはじめオールスターキャストが集結し、クリスマス・イブの東京で突如発生した未曾有の連続爆破テロ事件と事件に巻き込まれた人々の群像劇を圧倒的なリアリティとともに空前のスケールで描き出す、予測不能のサスペンス・エンターテインメント超大作となっています。

この度、11月9日(月)に5都市タワージャック!点灯式イベントを行いました。

本作の舞台の1つでもある“東京タワー”をバックに臨む屋外の特設ステージに主演の佐藤浩市をはじめ、石田ゆり子・西島秀俊の豪華キャストが登壇!3人からの一足早いクリスマスプレゼントということで、札幌の“さっぽろテレビ塔”・名古屋の“名古屋テレビ塔”・京都の“京都タワー”・福岡の“博多ポートタワー”、そして東京の“東京タワー”をジャック!LEDのパネルで同時中継された各地のタワーと共に、リモートで行われた点灯式によって、それぞれのタワーを今夜限りの特別仕様のクリスマスカラーに染め上げました!

映画『サイレント・トーキョー』5都市タワージャック!点灯式イベント
日時:11月9日(月)
場所:東京プリンスホテル ガーデンプール
登壇:佐藤浩市 石田ゆり子 西島秀俊 

映画情報どっとこむ ralph 点灯式の前には「60年東京に住んでいて、まさか東京タワーを点灯する日が来るとは」(佐藤)と人生初体験の出来事や久しぶりのイベント、リモートでのイベントに緊張気味であった3人。カウントダウンと共に、西島のスイッチでさっぽろテレビ塔、名古屋テレビ塔、石田のスイッチで京都タワー、博多ポートタワー、そして佐藤のスイッチで東京タワーが今夜限りの特別仕様のクリスマスカラーにライトアップされると、3人からは笑顔があふれ、会場からは歓声が起きました!

無事点灯された各タワーの様子を見た3人は、成功した点灯式に安堵するとともに、「こうやって離れていても各地の方と繋がることが出来たのはとてもよかった」(西島)とリモートで行われたイベントの感想や、「今年1年は何でもない日がどれだけ幸せであるかと感じない日はなかったように思う」(石田)と改めて年の瀬が近づいたことでの今年を振り返った感想、そして、「来年も無事にこういったイルミネーションを見てきれいだなと思えるような生活をみんなが送れるように願っています」(佐藤)と今回のイベントで各地に届けられた、3人からの「クリスマスプレゼント」に込められた想いを語りました。そして完成した映画について「スピード感のある、今まで見たことないタイプの映画」(石田)、「99分ノンストップで、始まったら落ち着く暇もない」(西島)、「結末を知っている我々でも、想像以上の驚きに満ちた作品になっています。世界中が知っている渋谷のスクランブル交差点でどんなことが起きるのか、それを楽しみに映画を観ていただきたいです。」(佐藤)とコメントし、クリスマス・イブの東京を舞台に事件が起きるサスペンスエンターテインメントの本作をPRして、大成功のうちに点灯式イベントは終了しました。

映画情報どっとこむ ralph 『サイレント・トーキョー』

12月4日(金)  

公式HP:
silent-tokyo.com
公式Twitter:
@SilentTokyo2020
公式Instagram:
@silent_tokyo2020

***********************************

出演:
佐藤浩市 石田ゆり子 西島秀俊 / 中村倫也 広瀬アリス 井之脇海 勝地涼 ほか 
エンディングソング:
Awich「Happy X-mas (War Is Over)」 (ユニバーサル ミュージック)
原作:
秦建日子「サイレント・トーキョー And so this is Xmas」(河出文庫刊) 
スタッフ:
監督:波多野貴文  脚本:山浦雅大
Ⓒ2020 Silent Tokyo Film Partners

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ