『旅する写真家 レイモン・ドゥパルドンの愛したフランス』予告到着


映画情報どっとこむ ralph フランス写真界の巨匠にしてドキュメンタリー映画監督のレイモン・ドゥパルドン(1942-)。

毎年5月に開催される第70回カンヌ映画祭でも、最新作『12 jours』(17)がスペシャル・スクリーニング部門で上映されるなど、現在も第一線で活躍し、多大な尊敬を集める存在。

ドゥパルドンが40年以上に渡って世界中を旅して撮りためたフィルムを、妻であり、映像作品の製作・録音を担当してきたクローディ―ヌ・ヌーガレとともに1本の映画として綴った共同監督作品『旅する写真家 レイモン・ドゥパルドンの愛したフランス』がいよいよ9月9日よりシアター・イメージフォーラム他全国順次公開となります。
ドゥパルドンの人生のハイライト集であると同時に、「旅」を通じて、新しい自分と愛すべきものを発見するという、普遍的な「人生の旅」を描いた感動的なドキュメンタリー。報道写真家としてアルジェリア戦争やプラハの春などの歴史的事件の映像や、ドゥパルドンの生い立ちからロマンス、またライフワークとして現在も撮り続けるフランスの日常風景は、まるでドゥパルドンによる“ガイドブックには載らない”世界旅行記ともいえるます。



公開された本編映像は、共同監督を務めたクローディーヌ・ヌーガレが、ヌーヴェルヴァーグの巨匠エリック・ロメールの元で働いていた頃の貴重映像に。クローディーヌは、『緑の光線』(85)の撮影現場にて、エリック・ロメールが主演のマリー・リヴィエールやキャストらと仲良く戯れている姿をスーパー8で撮影。その一方で「毎晩“緑の光線”の撮影に挑んだ」というナレーションとともに、録音技師として働くクローディーヌの姿も映し出され、映像はドゥパルドンが出会ったばかりのクローディーヌの姿へ移り、彼女を撮影し続けるドゥパルドンの姿にクローディーヌの笑みが溢れる様子も。

クローディーヌとの出会いについて

ドゥパルドン:クローディーヌに出会うまで私は内向的な性格だった。しかし彼女と出会って性格も変わり、映画を喜びとして撮り続けることができるようになったんだ。彼女がいなければ、今でもつまらない映画を撮っていたかもしれない。

と語っている。言葉がなくても伝わってくる二人の愛に、観る人の心が温まる映像となっている。

旅する写真家 レイモン・ドゥパルドンの愛したフランス
原題:Journal de France
HP:tabisuru-shashinka.com

***********************************

監督:レイモン・ドゥパルドン、クローディ-ヌ・ヌーガレ
製作:クローディ-ヌ・ヌーガレ
撮影:レイモン・ドゥパルドン

出演:レイモン・ドゥパルドン、クローディ-ヌ・ヌーガレ、ジャック・シラク、アラン・ドロン、ヴァレリー・ジスカール・デスタン、ジャン=リュック・ゴダール、ネルソン・マンデラ
配給:アンプラグド
宣伝協力:プレイタイム

2012年/フランス/100分/5.1ch/シネスコ/カラー
© Palmeraie et désert – France 2 cinéma
   
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ