大野拓朗とネコの金時も駆けつけた『猫忍』舞台挨拶@第9回沖縄国際映画祭

投稿日2017/04/22

映画情報どっとこむ ralph 4月21日(金)、北谷町のミハマ7 で『猫忍』の舞台挨拶が行われました。
特別招待作品の『猫忍』は、猫と時代劇という異色のコラボが注目されヒットを記録した『猫侍』のスタッフが贈る、笑いと癒しの新たな時代劇。

会場には、監督の渡辺武さんと主役の忍者を演じた大野拓朗さん、そして、“父上”を演じたネコの金時が駆けつけました。


日付:4月21日(金)
場所:沖縄・ミハマ7プレックス
登壇:大野拓朗 金時(ネコ) 渡辺武監督

映画情報どっとこむ ralph 舞台挨拶の冒頭で最初に質問が出たのは、この映画の見どころについて。

『猫忍』がTVドラマとして放映されていたことを受け、

渡辺監督:佐藤江梨子さん、柄本明さんなどの豪華なキャストが、ドラマ版 レギュラーメンバーと繰り広げるやりとりをぜひ楽しんでほしいです。

と話すと大野さんは

大野さん:ドラマ版とは違う圧倒的な空気感に僕自身もドキドキしました。

と加えます。

主役の忍者、久世陽炎太を支える忍者を演じるのは、日光江戸村で忍者として活躍する皆さんたち。

大野さんの演技を要所要所で支える本格的な技も楽しみのひとつです。

大野さん:忍者ものといえば CGを活用した格好よさが主流かもしれませんが、『猫忍』は昔懐かしいアナログがベースです。例えば、忍者ものでおなじみの水遁の術のシーンは、昔ながらの情緒があって、 “人力”で一所懸命演じたからこその感動をきっと味わってもらえるはずです。アクションも一層本格的なので、注目していただきたいです!

と大野さんが満面の笑顔で語ってくれました。

映画情報どっとこむ ralph そして、この『猫忍』で忘れてはいけないのが“もう一人”の主役、ネコの金時。
癒しの時代劇に欠かせない金時の活躍を絶妙に引き出したのが、前作『猫侍』と同じスタッフさんたち。

大野さん:金時にカメラ目線をもらう時の『金ちゃーん』という黄色い声が忘れられない。金時の存在で撮影現場がとても楽しかったですね。

と振り返っていました。

渡辺監督:(ネコを)深追いしないのがポイントです。

と語る渡辺監督自身も、プライベートではネコが大好きだそう。


映画情報どっとこむ ralph 最後に

大野さん:映画のキャ チコピーにもあるように笑いと癒しの時代劇です。僕以外はすべての役者さんが個性的でユニークですし、見終わった後に、ほっこりした気分になれるはずです。

渡辺監督:ネコと一緒に旅に出るというわかりやすい トーリーで、子どもから大人まで楽しめる作品に仕上がっています。

という自信のこもった言葉で舞台挨拶を締めくくりました。
島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭
9th OKINAWA INTERNATIONAL MOVIE FESTIVAL
開催期間:2017年4月20日(木) ~ 23日(日)



『猫忍』

は、5月20日より角川シネマ新宿ほか全国ロードショー。

***********************************

大野拓朗 金時(猫) 佐藤江梨子 藤本泉 渋川清彦 鈴木福 ふせえり 永澤俊矢 / 柄本明 麿赤兒 / 船越英一郎

語り:森本レオ
監督:渡辺武
脚本:永森裕二/黒木久勝/池谷雅夫
企画・配給:AMGエンタテインメント
制作プロダクション:ラインバック
製作:「猫忍」製作委員会
2017/日本/約95分/カラー
(C)2017「猫忍」製作委員会
   
関連記事:


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画情報どっとこむ

映画情報どっとこむへの作品掲載

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ。
記事掲載は無料。広告は週単位で有料です。