映画情報どっとこむ ralph

栁俊太郎 新場面写真解禁

『生きててよかった』
この度、綾野剛主演×藤井道人監督のタッグで話題を呼んだドラマ「アバランチ」で“最狂の敵”役を演じ注目を集めた<逆輸入俳優>木幡竜主演の映画『生きててよかった』が5月13日(金)より新宿武蔵野館ほかにて全国公開となります。

この度、個性派俳優として群を抜いた存在の栁俊太郎が演じる新堂の新場面写真を解禁!
『生きててよかった』栁俊太郎
栁といえば、2009年にMEN’S NON-NOモデルオーディションでグランプリを受賞し、モデルデビュー。2012年に映画『東京プレイボーイ』(奥田庸介監督)で俳優デビューを果たし、近年は映画『弱虫ペダル』(20/三木康一郎監督)、『るろうに剣心 最終章 The Final』(21/大友啓史監督)、『桜のような僕の恋人』(22/深川栄洋)、Netflixオリジナルシリーズドラマ「今際(いまわ)の国のアリス」などの数々の話題作に出演して、爪痕を残してきた役者だ。今年は本作『生きててよかった』以外にも、『神は見返りを求める』(田恵輔監督)が公開予定で、その活躍に期待がかかる。
『生きててよかった』栁俊太郎
そんな栁が今作で演じた新堂は、ボクシングを引退した創太を地下格闘技の世界へと誘う謎の男。ルールのない地下格闘技場で、なんでもありの闘いに金を賭けて楽しむ観客たちを前に、新堂は創太をリングへと煽る。
解禁した場面写真は、初めて地下格闘技場へ足を踏み入れた創太に対し、「ちょっと、ビビってます? 元プロボクサーが素人に負けるわけない?」と挑発する様子が描かれる。さらに闘い続ける創太が心配で、試合会場から創太を連れ戻そうとやって来た幸子に対して銃を向けて脅すという衝撃的なシーンも!
『生きててよかった』栁俊太郎
栁は「新堂という役はとても謎めいた怖さのある役で、楠木創太の放つエネルギーをどう弄ぼうか常に考えて現場を過ごしました」と役作りについて振り返る。そして本作の見どころについて、「アクションシーンもとても生々しく、痛みをここまで感じられる映画は少ないと思います」とコメントを寄せている。

映画情報どっとこむ ralph

映画『生きててよかった』

長年の闘いが体を蝕みドクターストップによって強制的に引退を迫られたボクサー・楠木創太は、第二の人生を歩むため恋人との結婚を機に新たな生活を始めるも、社会に馴染めず苦しい日々を過ごす。そんなある日、創太のファンだと名乗る謎の男から大金を賭けて戦う欲望うずめく地下格闘技へのオファーを受ける・・・
年齢と身体の限界を超えてもなお、闘い続けることでしか生きる価値を見出せない元ボクサーの主人公・創太を演じたのは、自身もプロボクサーという経歴を持つ木幡竜。プロボクサー、サラリーマンを経て一念発起で俳優を志し、中国映画『南京!南京!』(09)で高い評価を得ると、翌年にはアンドリュー・ラウ監督の『レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳』でドニ―・イェンらと並び、悪玉のトップを演じ異彩を放った。昨年放送された綾野剛主演のドラマ「アバランチ」(21/KTV)で“最狂の敵”を演じ注目を集め、本作でついに映画初主演を果たす。監督・脚本を務めたのは、自身の境遇や経験をもとに手掛けた『くそガキの告白』(12)がゆうばり国際ファンタスティック映画祭で審査員特別賞ほか4冠を獲得した鈴木太一。アクション監督に『ベイビーわるきゅーれ』(21)の園村健介が加わり、今までの日本映画の常識を覆す、本物のアクション映画が誕生した。

公式サイト:
happinet-phantom.com/ikiteteyokatta

公式Twitter:
@ikitete_movie

STORY
長年の闘いが体を蝕みドクターストップによって強制的に引退を迫られたボクサー・楠木創太(木幡竜)は、闘いへの未練と執着を捨てきれぬ中、恋人との結婚を機に新しい生活を築くため仕事に就くも、人生の大半をボクシングに捧げてきた創太は何をやってもうまくいかない上、社会にも馴染めず苦しい日々を過ごす。そんなある日、創太のファンだと名乗る謎の男から大金を賭けて戦う欲望うずめく地下格闘技へのオファーを受ける。一度だけの思いで誘いに乗った創太だったが、忘れかけていた興奮が蘇り、再び闘いの世界にのめり込む。彼にとってその高揚感は何物にも代えがたいものだった。闘うことに取り憑かれた男の狂気と愚直なまでの生き様は果たして喜劇となるか悲劇となるか?今、再び闘いのゴングが鳴る――。
生きててよかった

***********************************

出演:木幡竜
鎌滝恵利 今野浩喜 栁俊太郎 長井短 黒田大輔 渡辺紘文
永井マリア 木村知貴 松本亮 三元雅芸
銀粉蝶 火野正平監督・脚本:鈴木太一(『くそガキの告白』)アクション監督:園村健介(『ベイビーわるきゅーれ』)
エンディングテーマ:betcover!! 『NOBORU』(cutting edge)
特別協力:大橋ボクシングジム 制作プロダクション:オフィスアッシュ ハピネットファントム・スタジオ
企画製作・配給 ハピネットファントム・スタジオ
©2022ハピネットファントム・スタジオ
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
  にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ    にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ