映画情報どっとこむ ralph 劇場版『アンダードッグ』。この度、劇場版公開を記念し、12月13日(日)に公開記念トークイベントを実施しました!

舞台挨拶には、主演の森山未來、主題歌を担当した石崎ひゅーい、武正晴監督が登壇!
石崎ひゅーいが、主題歌「Flowers」を披露し、森山と武監督は感無量。
涙を浮かべる観客も多くいるなど、会場は熱気に包まれる中、主題歌にまつわる3人の熱いトークも繰り広げられるなど大盛り上がりのイベントとなりました。

日程:12月13日(日)
場所:丸の内TOEI
登壇:森山未來、石崎ひゅーい、武正晴監督
映画情報どっとこむ ralph 劇場版公開を記念して、主演の森山未來、主題歌を担当した石崎ひゅーい、武正晴監督が揃いトークイベントを実施!

石崎が本作のために書き下ろした主題歌「Flowers」の弾き語りで歌唱披露するということで、森山は「生で聴くのは初めてだし、最近本当にヘビロテしている曲なのですごい楽しみ」、武監督は「上映を見終わったお客さんの熱気がすごい伝わる。この雰囲気で聴けることがまた楽しみ」とそれぞれにコメント。石崎は「素晴らしい映画に携わることができて本当に嬉しいですし、めちゃくちゃ興奮しているb。こうやってお客さんの前でパフォーマンスするのは1年ぶりで、しかも森山さんと武監督の目の前ということでとても緊張しています」と語り、演奏がスタート。

しかし先ほどの緊張の面持ちはどこへやら、力強いパフォーマンスをみせ、演奏後は涙を浮かべる観客も多くいるなど会場は大きな拍手と熱気に包まれました。

本楽曲は、コロナ渦の自粛期間中につくった曲だそうで、「今日やっと一緒のリングに立てたという気持ち。森山さんと武監督のおふたりが、まるでセコンドのようでプレッシャーを感じましたが(笑)、楽しかったです」と感慨深けにコメント。森山と武監督は興奮した様子で、「最近石崎さんの配信ライブをみさせてもらったんですが、本当のライブにいるようで、思わず立ち上がって踊ってしまいました。でもやはり生は受け取るものすごい!エネルギーになりましたね」(森山)、「石崎さんが演奏されている中、お客さんのエネルギーを感じた。ここにいるお客さんと曲とが一緒になっていくような感覚にとても感動したし、良い場所をつくっていただいたことに感謝。素晴らしい体験だと思う」(武監督)とそれぞれに感想を語りました。

曲づくりについて石崎は「後編ラストの試合のシーンで、森山さん演じた晃が、真っ赤な炎ではなく青い炎をまとっているように感じた。赤い炎のようにメラメラはしていないけど、熱い。それを歌にすればよいと思いつくった。」と語り、また歌詞について、「コロナ渦の自粛期間ということもあり、なかなか外出も憚れる中、インスピレーションを掘り起こすのに少し苦労していたのですが、家からスーパーまでの道中でコンクリートの間に咲く綺麗とは言い難い花を見つけた。それを見たときに色んなことが繋がった。よかったと思える瞬間だった。」と明かしました。

映画をとにかく反映させ、どこを切り取っても映画の曲にしたという石崎の話を聞き、大きくうなずいた森山は「聴けば聴くほど三人のキャラクター(晃・龍太・宮木)に当てはまる歌詞。だから何回も聞いてしまう」といい、「先ほど炎の話がありましたが、晃の炎を再現しくれていると思った。劇中で晃はほとんど語らないし、映画が終わっても彼の頭の中は整理されていない。エンドロールで流れるこの曲が晃の気持ちを表現してくれているように感じた」と語りました

映画の編集作業を行う中何度も曲を聞いていたという武監督は「とにかく映画音楽が生まれたなと思った。映画というのは、音楽含め色んな才能が集まる場所。それが映画をつくることの価値だと思う。この曲があったから乗り越えられた」と語りました。

最後に、森山は「石崎さんの生歌も聞けて、今日この場にいるお客さんはお得でしたね(笑)。コロナ直前に滑り込みで撮り終わって、こうやって公開できて本当によかったと思っている。映画と歌からも伝わる熱量をみなさんに感じてもらえたと思うので、是非知り合いやお友達に是非勧めてください!」、石崎は「大変な状況下、戦っているひとが沢山いる。とにかく一緒に走れる、元気づける曲になってほしいという想いでメロディラインをつくった。晃と並走するような曲になったと思う。配信版の方もめっちゃくちゃいいので是非観てほしいし、まだまだ色々気をつけなければならないことはありますが、僕のライブにも是非来てほしいです(笑)!」、武監督は「僕は“世界中が敵だらけの今夜に 感謝するよありがとう”という歌詞で震えた。先ほど石崎さんが仰ったように、エンドロールでこの曲を聞いていると本当に晃と並走しているような気持ちになる。エンドロールが終わって走り出したくなる方もいると思いますが、ここは銀座なので気をつけてもらえば(笑)。映画も音楽もダンスも、観客がいて成立するもの。今日この場に来ていただいた皆さんに感謝します」とそれぞれに挨拶し、熱気が冷めやらぬ中イベントは終了しました。

映画情報どっとこむ ralph 『アンダードッグ』
手にしかけたチャンピオンへの道からはずれた今も〝かませ犬(=アンダードッグ)〟としてリングに上がり、ボクシングにしがみつく日々をおくる崖っぷちボクサー・晃(森山未來)。
幼い息子には父親としての背中すら見せてやることができず“かませ犬”から“負け犬”に。
プライドも粉砕され、どん底を這いずる“夢みる”燃えカスとなった晃は、宿命的な出会いを果たす。
一人は、 “夢あふれる”若き天才ボクサー・龍太(北村匠海)。児童養護施設で晃と出会いボクシングに目覚めるが、過去に起こした事件によってボクサーとして期待された将来に暗い影を落とす。
もう一人は、夢も笑いも半人前な “夢さがす”芸人ボクサー・宮木(勝地涼)。
大物俳優の二世タレントで、芸人としても鳴かず飛ばずの宮木は、自らの存在を証明するかのようにボクシングに挑む。
三者三様の理由を持つ男たちが再起という名のリングに立つとき、飛び散るのは汗か、血か、涙か!?

***********************************

出演:森山未來 北村匠海 / 勝地涼
監督:武正晴 「全裸監督」、『百円の恋』
原作・脚本:足立紳 『百円の恋』、『喜劇 愛妻物語』
音楽:海田庄吾 『百円の恋』、『喜劇 愛妻物語』
企画・プロデュース:東映ビデオ 
制作プロダクション:スタジオブルー  
配給:東映ビデオ 
製作:ABEMA 東映ビデオ 
公式HP:underdog-movie.jp
公式Twitter:@Movie_UNDERDOG  #アンダードッグ  
ⓒ2020「アンダードッグ」製作委員会

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ