映画情報どっとこむ ralph 豊原功補、小泉今日子、外山文治監督らで立ち上げた映画製作会社「新世界合同会社」の第1回目のプロデュース作品『ソワレ』が8月28日(金)より、全国公開となります。

この度、外国特派員協会にて、村上虹郎、芋生悠、外山文治監督、豊原功補プロデューサーが登場しての記者会見を行いました。

『ソワレ』外国特派員協会記者会見
日程:8月19日(水)
会場:公益社団法人 日本外国特派員協会
登壇:村上虹郎(岩松翔太役)、芋生悠(山下タカラ役)外山文治(監督)、豊原功補(プロデューサー)

映画情報どっとこむ ralph 村上さん、芋生さん、外山監督の3人が舞台上に登壇すると、集まった海外からの記者に向けて英語で自己紹介。
続いて、初めての映画プロデュースに挑んだ豊原氏は、場内最前列より登壇者を見守る形で姿を表すと、まず最初に「このプロダクションが始動してから、何よりも映画の独自性と自由度を無くすべきではない、という思いを胸に進めてきました。初めての映画プロデュースだから、というだけではなく映画・文化にとって何より一番大切だと考えているからです。」と、2018年に外山監督からの誘いを受け、会社を立ち上げてから映画のプロデュースに挑んだ想いを告白。

情熱を注いで制作された映画『ソワレ』が28日に公開されることに対し「コロナ渦で世界中が身をすくめる中で、この映画が新たな世界への第一歩となるように応援して欲しいです。」とコメント。プロデューサーとして、本作公開に懸けた熱い想いを明かしました。
映画情報どっとこむ ralph 会場に集まった記者から絶賛のコメントが相次いだ村上さん、芋生さんのお二人について、キャスティングの決め手を聞かれた外山監督は、「芋生さんは、可憐で儚い魅力を持ちつつも、生命力に溢れた力強さがある。この映画にはどうしても彼女が必要でした。」と強い信頼を示し、村上さんに対しては「彼が10代の時に一度短編でご一緒していますが、面白い表現者だなと思っていました。現代の若者の葛藤や閉塞感を表現するには、彼が最適だと思ったんです。」と明かしています。
父親からの暴力を受け、ある事件をきっかけに逃避行へと走る翔太とタカラを演じた二人に対し、センシティブなテーマにどう向き合ったのかという質問が飛ぶと、翔太を演じた村上さんは「翔太はタカラよりも普遍的なキャラクターになっていると思います。ただ、誠実に生きている中で自分の才能や役者になりたい、という夢と戦っていて…現実にぶつかってくじけていた中で、タカラとの出会い、一瞬だけヒーローにさせてもらったんじゃないか、と思うんです。」と明かすと、タカラを演じた芋生さんは「繊細なテーマをしっかり表現したいと思っていましたが、どうしても実際に経験することができない事。なので、せめてタカラに寄り添おうと思っていました。親を選ぶことはできないけど、自分の道は自分で選ぶことができて、何度でもやり直せるし、女性って力強くてかっこいいということをお伝えしたいです。」と重いテーマの中にも希望があることをアピールしました。

そんな中、記者からは予想外に豊原さんへも質問が。俳優とプロデューサー業の両立について聞かれると「海外では、ジョディ・フォスターやクリント・イーストウッドしかり、俳優と制作業を手掛けている方々はたくさんいます。我々も存分にやっていきたいと思います。」と今後の意気込みも。

さらに、記者から、映画の中には日本社会の不寛容さがテーマにも感じられたが、今の社会をどうしたらいいと思うか?と投げかけられた3人。外山監督は「難しい質問ですね…」と苦笑しつつも「映画の中で翔太のセリフに「傷つくためにうまれたんじゃない」というものがあります。僕がこの映画で伝えたかったことが集約されている言葉です。僕自身、社会の不寛容さを感じてもいますが、僕はこれまでにもずっと、時代から取りこぼされてきた人々をテーマに作品を撮り続けてきました。こうして映画を撮り続けることで、少しでも多くの人にそういった人々がいるんだということを知ってもらえたらと思います」とコメント。村上さんも「映画の中で翔太が抱えている問題や葛藤は、少なからず自分も感じていることではあります。その中で大事だと思ったのは、とにかく「勉強」すること、そして、愛をもって自分に厳しくしてくれる人を見つけることだと思うんです。」と明かし、難しい質問に真摯な姿勢で答えを見出しました。また「『ソワレ』は俳優として大先輩のお二人がプロデューサーで、本当に自由に表現できる現場でした。そういった場所があるのは幸せだし、大切にしていくことで、役者として、一人でも多くの人に希望を感じてもらいたいです。」と芋生さん。劇中でも、過酷な状況に追い込まれながら、翔太との逃避行で希望を見出したタカラを演じた彼女ならではのコメントとなりました。

映画情報どっとこむ ralph 『ソワレ』

8月28日(金)より 全国公開

soiree-movie.jp

本作は、老老介護の厳しい現実を見つめた短編『此の岸のこと』(10)や長編デビュー作「燦燦―さんさん―」(13)で海外からの絶賛を受け、センシティブな感性で唯一無二の世界観を作り出す新鋭・外山文治が和歌山を舞台にオリジナル脚本で挑む長編映画。主人公・翔太を演じるのは類稀なる吸引力で日本映画の台風の目になりつつある実力派俳優・村上虹郎と、100人以上のオーディションから大抜擢された最注目の新星・芋生悠(いもうはるか)の2人をW主演に迎え、若い男女の切ない逃避行を映し出し、各界から注目を浴びています。

あらすじ・・・
二人で逃げた。幸せだった。俳優を目指して上京するも結果が出ず、今ではオレオレ詐欺に加担して食い扶持を稼いでいる翔太。ある夏の日、故郷・和歌山の海辺にある高齢者施設で演劇を教えることになった翔太は、そこで働くタカラと出会う。数日後、祭りに誘うためにタカラの家を訪れた翔太は、刑務所帰りの父親から激しい暴行を受けるタカラを目撃する。咄嗟に止めに入る翔太。それを庇うタカラの手が血に染まる。逃げ場のない現実に絶望し佇むタカラを見つめる翔太は、やがてその手を取って夏のざわめきの中に駆け出していく。こうして、二人の「かけおち」とも呼べる逃避行の旅が始まった。

***********************************

村上虹郎 芋生 悠
岡部たかし 康 すおん 塚原大助 花王おさむ 田川可奈美
江口のりこ 石橋けい 山本浩司

監督・脚本 外山文治
プロデューサー:豊原功補 共同プロデューサー:前田和紀 アソシエイトプロデューサー:小泉今日子
アシスタントプロデューサー:水野優子 ラインプロデューサー:金森保 音楽:朝岡さやか 音楽監督:亀井登志夫 撮影:池田直矢 照明:舘野秀樹 音響:弥栄裕樹 美術監督:山下修侍 装飾:中山まこと 衣装:宮本茉莉 ヘアメイク:河本花葉 編集:加藤ひとみ スチール:敷地沙織 助監督:石川浩之 
制作担当:柴野淳 制作プロダクション:新世界合同会社 制作協力:キリシマ1945製作:新世界、ベンチャーバンクエンターテインメント、東京テアトル、ハピネット、ステラワークス、カラーバード 後援:和歌山県、(公社)和歌山県観光連盟 協力:御坊日高映画プロジェクト、和歌山市
配給・宣伝:東京テアトル 2020年/日本/111分/5.1ch/シネスコ/カラー/デジタル/PG12+
©2020ソワレフィルムパートナーズ 

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ