映画情報どっとこむ ralph 宇宙最強ドニー・イェンが詠春拳の達人イップ・マンを演じる“イップ・マン”シリーズ最新作にして完結版となる『イップ・マン 完結』。中国で昨年末公開されるや『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を押さえて初登場1位を記録。2月12日に発表された香港電影金像奨(香港アカデミー賞)で9部門(監督賞、新人賞、撮影賞、編集賞、美術賞、衣装&メイクアップ賞、アクション監督賞、オリジナル作曲賞、音響効果賞)にノミネートもされた話題作が、5月8日(金)よりシリーズの聖地として知られる新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開!

この度、ブルース・リーがその生涯で唯一師匠と呼んだイップ・マンが、彼のいるアメリカにわたり、異郷に生きる人々、そして自らの武術家としての誇りを守るため、最期の闘いに挑む日本版予告編が解禁となりました!

映画情報どっとこむ ralph “イップ・マン”シリーズ最新作にして最期の闘い “伝説”を伝える予告編解禁

本作でメガホンをとるのは、アクションとドラマの感情表現の両方に手腕を発揮、シリーズ全作品を成功に導いた俊英ウィルソン・イップ。前作に続きアクション監督を担うのは、『マトリックス』シリーズの武術振付で知られ、『イップ・マン外伝 マスターZ』では監督も手掛けたユエン・ウーピン。
今回解禁となった日本版予告編は、悪性腫瘍が見つかったイップ・マンが、残された時間を使い、愛弟子であるブルース・リー(李小龍)に逢うためサンフランシスコへ渡る場面から始まる。しかし、そこで西洋人に中国武術を伝えるブルース・リーが中華街の掟を破った者として師匠たちの怒りを買っていることを知ったイップ・マンは、ブルースを庇い、太極拳の達人であり、中華総会長のワン(ウー・ユエ)と対峙することに。お互いの信念をかけて、無言でガラスの円卓を押し合う場面は必見!さらに、異国で暮らす同郷の人々を追い詰めていたアメリカ海兵隊軍曹バートン(スコット・アドキンス)の暴挙に、「不正に立ち向かう、それが武術を学んだ理由だ」と、病に侵された身体で最期の闘いに挑むイップ・マンの姿には思わず胸が熱くなるだろう。

このほか、前作では激闘シーンがなかったチャン・クォックワン演じるブルース・リーのヌンチャク姿などおなじみの場面や台湾のアイドルグループF4のヴァネス・ウーの姿も紹介。そしてシリーズファンには印象的な前3作品のシーン(『イップ・マン 序章』池内博之演じる三浦との闘い、『イップ・マン 葉問』サモ・ハン・キンポ―演じるホンとの闘い、『イップ・マン 継承』マイク・タイソン演じるフランク、そして、マックス・チャン演じるチョン・ティンチとの闘い)も回想され、まさに完結となる本作の公開に期待が高まること間違いなし。シリーズ作品すべてを手掛けた川井憲次の音楽もその世界観を盛り上げる。イップ・マンのドラマティックで美しいアクションの集大成、そしてイップ・マンの生き様を、ぜひ劇場で目に焼き付けろ!

映画情報どっとこむ ralph 『イップ・マン 完結』
原題:葉問4完結篇

5月8日(金)新宿武蔵野館

公式サイト:
https://gaga.ne.jp/ipman4/

『イップマン 完結』

***********************************

主演・製作:ドニー・イェン(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』) 
製作:レイモンド・ウォン 
監督・製作:ウィルソン・イップ (“イップ・マン”シリーズ)
アクション監督:ユエン・ウーピン(『イップ・マン外伝 マスターZ』等)
音楽:川井憲次:(“イップ・マン”シリーズ)
出演:ウー・ユエ(『SPL 狼たちの処刑台』)、ヴァネス・ウー(F4)、スコット・アドキンス(『ドクター・ストレンジ』)、チャン・クォックワン(ブルース・リー役) 

/中国・香港/広東語・英語/105分/シネスコ/カラー/5.1chデジタル/字幕翻訳:鈴木真理子
配給:ギャガ・プラス © Mandarin Motion Pictures Limited, All rights reserved.

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
  にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ    にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ