映画情報どっとこむ ralph 主演・岩田剛典、共演に新田真剣佑を迎え表裏一体のバディを演じるサスペンス・エンターテイメント、映画『名も無き世界のエンドロール』が、1月29日(金)より全国ロードショーとなります。
『名も無き世界のエンドロール』
この度、「映画の魅力完全公開SP」と「Re:名も無き世界のエンドロール ~Half a year later~配信記念特番」の2つの特別番組YouTubeで公開となります!

本編映像にメイキング映像も盛り沢山!ブランクなし!和気あいあいで本音トーク満載!!

 この度、本作の公開とdTVオリジナルドラマの配信を記念し特別に収録された「名も無き世界のエンドロール 魅力完全公開SP」と「Re:名も無き世界のエンドロール ~Half a year later~配信記念特番」がYouTubeで公開される。「魅力完全公開SP」は、1/22(金)から2/4(木)にかけて全国の放送局と1/27(水)21時からはひかりTV&dTVチャンネルでも放送・配信され、「配信記念特番」は、dTVサイトにて無料配信される。

映画情報どっとこむ ralph 「魅力完全公開SP」では、お笑い芸人のカミナリをMCにメインキャストの岩田剛典、新田真剣佑、山田杏奈、中村アンの4人が集結。実は撮影現場で4人全員が同時に集まることはなく、収録で2年ぶりの再会となったが、それを感じさせないほど息ぴったり!岩田が「まっけんは硬い床の上などどこでも寝れる」など撮影中に見つけたお互いの意外な部分を暴露する一幕や、「(初号試写で)山田さん、中村さんと一緒に観たのですが、2 人の顔を見たら放心状態だった(笑)。見終わった後椅子から立ち上がれないほど」と”衝撃のラスト 20 分”の威力を熱弁し、
名も無き世界のエンドロール_岩田剛典
また、新田は、「自分が出演した作品で初めて 2 回も観てしまった。とても面白かったです」と自ら大絶賛し作品をアピール。
名も無き世界のエンドロール_新田真剣佑名も無き世界のエンドロール_中村アン名も無き世界のエンドロール_山田杏奈
映像の中盤には本作の主題歌を担当したシーソングライター須田景凪(すだ・けいな)が「ゆるる」制作への思いを語ったコメント映像も盛り込まれている。また、dTVチャンネルとひかりTVで配信される内容には、放送版には収録しきれなかった未公開トークも収めた特別バージョンになる。
映画情報どっとこむ ralph 「配信記念特番」では、映画についての岩田と新田の2ショットインタビュー映像に加えて映画のラストから半年後の岩田演じるキダの姿を描くオリジナルドラマについての見どころを語る岩田の単独インタビューを収録。岩田は、オリジナルドラマでは「映画とはまた違ったストーリー展開でキダの別の一面を楽しんでいただける」とアピール。また、久々だったというガンアクションシーンの撮影やドラマオリジナルキャストの松井愛莉と金子ノブアキとの共演についても振り返る。初披露となるメイキング映像もふんだんに使用され作品の魅力が盛り沢山の内容になっている。
映画情報どっとこむ ralph 映画『名も無き世界のエンドロール』は、1月29日(金)から全国ロードショーとなる。

ラスト20分の真実。この世界の終わりに、あなたは心奪われる。

 何よりも強い絆で結ばれた幼馴染みのキダとマコト。2人は10年もの歳月をかけて、表と裏それぞれの社会でのしあがり、住む世界の違うある女性に近づき、プロポーズをしようとしていた。だが実はそれは、日本中を巻き込む“ある壮大な計画”だった—。

 穏やかで優しい性格でありながら裏社会に入り、いくつもの危ない橋を淡々と渡っていくキダ役に岩田剛典。キダの力を借りながら会社経営者となり、頭脳と情熱を注ぎ込みのし上がっていくマコト役を新田真剣佑。今や若手俳優の中でも傑出した存在感を誇る2人の初共演が実。互いになくてはならない表裏一体のバディを熱演し、観る者の心を鷲づかみにする。物語のカギを握る2人のヒロイン役には山田杏奈、中村アン、また、石丸謙二郎、大友康平、柄本明などベテラン勢も集結!原作は、2012年「小説すばる新人賞」を受賞した、行成薫の同名傑作小説(集英社文庫刊)。監督は『ストロベリーナイト』、『累‐かさね‐』などを手がけてきた佐藤祐市。主題歌は今最も注目される若手シンガーソングライターの須田景凪(すだ けいな)が本作のために書き下ろした楽曲「ゆるる」。2021年最大の衝撃サスペンス・エンターテイメントが、ここに誕生!

<ストーリー>
クリスマス・イブの夜。日本中を巻き込んだ、ある壮大な計画が実行されようとしていた―。

複雑な家庭環境で育ち、さみしさを抱えて生きてきたキダとマコトは幼なじみ。そこに同じ境遇の転校生・ヨッチも加わり、3人は支え合いながら家族よりも大切な仲間となった。しかし20歳の時に、訳あってヨッチは2人の元から突然いなくなってしまう。そんな彼らの元に、政治家令嬢で、芸能界で活躍するトップモデルのリサが現れる。リサに異常な興味を持ったマコトは、食事に誘うが、全く相手にされない。キダは「住む世界が違うから諦めろ」と忠告するが、マコトは仕事を辞めて忽然と姿を消してしまう。

 2年後。マコトを捜すために裏社会にまで潜り込んだキダは、ようやく再会を果たす。マコトは、リサにふさわしい男になるために、死に物狂いで金を稼いでいた。マコトの執念とその理由を知ったキダは、親友のため命をかけて協力することを誓う。 以来、キダは〈交渉屋〉として、マコトは〈会社経営者〉として、裏と表の社会でのし上がっていく。そして、迎えたクリスマス・イブの夜。マコトはキダの力を借りてプロポーズを決行しようとする。しかし実はそれは、10年もの歳月を費やして2人が企てた、日本中を巻き込む“ある壮大な計画”だった─。

公式サイト:
www.namonaki.jp

公式Twitter:
@namonaki2021

公式Instagram:
@namonaki2021
@namonaki2021 #名も無き

***********************************

原作/行成薫「名も無き世界のエンドロール」(集英社文庫)
監督/佐藤祐市(『ういらぶ。』、『累 –かさね-』 など) 
出演/岩田剛典 新田真剣佑 山田杏奈 中村アン / 石丸謙二郎 大友康平 柄本明 
主題歌/須田景凪「ゆるる」(WARNER MUSIC JAPAN / unBORDE)
制作プロダクション/RIKIプロジェクト、共同テレビジョン
配給/エイベックス・ピクチャーズ
©行成薫/集英社 ©映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ