映画情報どっとこむ ralph 『ノロイ』や『貞子VS伽椰子』、『コワすぎ!』などの手掛ける鬼才・白石晃士監督の、5年ぶりのオリジナル長編『恋するけだもの』が11月21日(土)より名古屋にて先行公開となりました!

そしてこの度、本作の公開を記念し、初日舞台挨拶を実施し、本編上映後に主演の田中俊介、久保山智夏、大迫茂生、白石晃士監督が登壇し、観客にお披露目した気持ちや、作品の見どころについて語りました。

『恋するけだもの』名古屋公開記念舞台挨拶
日時:11月21日(土)
場所:名古屋シネマスコーレ
登壇:田中俊介 久保山智夏 大迫茂生 白石晃士監督
映画情報どっとこむ ralph イベントでは、主演の田中俊介を筆頭に、白石組の常連である久保山智夏、大迫茂生、白石晃士監督が登壇した。
キャスト陣の「いかがでしたか、皆様?」の呼びかけに、盛大な拍手で包まれ舞台挨拶が始まる。
当日券は16時からの公開にも関わらず、午前中の11時に完売してしまったそうで、田中は「今日いらっしゃるのは、朝一からの争奪戦を勝ち取った皆様ということで、本当にありがとうございます。」と会場を盛り上げた。
なんと映写機が『恋するけだもの』公開直前のに壊れてしまったそうで、最近600万円の新品の映写機が導入されたそう。

これに対し、白石監督は「神の采配ですから。おかげさまで綺麗な映像をお届けできる。これを観たお客さんたちが、さらに広めていただいたり、リピートしていただいたりなんかして、600万なんかすぐですよ!」と本作への期待を込めて、シネマスコーレへのお礼を述べた。

白石監督は、この映画ができたきっかけについて「短編の恋のクレイジーロードを基にして、長編にしましょうというお話が持ち上がりまして。ちょうど同時期に急遽ある仕事がなくなったので、やることに決めた。とりあえず宇野くんと田中くんにスケジュールを聞いて、なんとか合わせることができた。そこに合わせて急遽本を書いて作ることができた。」と『恋するけだもの』の誕生秘話について語ったが、『本に至るまでいろいろな過程があったが、一番最初に書いたプロットはパンフレットに載ってますので、ぜひ!』とこだわり抜いたグッズの宣伝も忘れずに、会場の笑いを誘った。

田中は本作について「『恋のクレイジーロード』で中田宙也を演じて、同じではないですど、リブートとしてまた変身することが出来る役を演じることができて、すごく嬉かった。なかなか出来るものではなくて、多分もう一生ないと思う。この作品でしかないと。」と再び中田宙也を演じることの喜びを語ったが、監督は「いや、これ観たら多分いろいろオファーがあるよ。仮面ライダーとか。悪役の方で。」とすかさず被せてくる。しかし田中も「なんで僕だけ生身なんですか(笑)。みんなスーツ着てますよ悪者も!変な浮き方するわ!」と対応した。会場はこの日一番の盛り上がりを見せた。

田中は『恋するけだもの』と『恋のクレイジーロード』との違いについて、「宇野さんとがっつりお芝居が出来たのが嬉しかった。恋クレの時もそうですけど、今『罪の声』もやってるじゃないですか。報知映画賞の助演男優賞にもノミネートされていて、本当にすごい。そんな方と、ああやって恋愛要素もあり、バトルもありすごい貴重だった。とても興奮しながらやっていた。」

 劇中では久保山は大迫の共演シーンが多かったが、脚本では、二人がキスをするシーンがあったそう。しかしその部分は結局カットになった。そこのシーンについて監督は「気持ちの部分だけで終わらせて、顔を触り合ったり、見つめあったりすることでピュアな二人の恋愛の気持ちを表現したかった。」と演出のこだわりについても語った。

 周りからも、撮影中に宇野が田中のことを好きだったことが見てとれたそうで、共演者一同、宇野の役作りには驚かされたそう。
撮影中、田中と宇野は相部屋だったそうで、大迫は「宇野くんがこっちの部屋によく来ていて、彼は「田中くんは僕と一緒だと嫌だと思うんですよ。」と言っていた。」と語る。すかさず田中は、「宇野さんは本当に周りに気を使う人で、僕と相部屋になることが分かった途端にすぐ僕のところきて、「ごめんね。俺いびきうるさいんだ。」「一応耳栓持ってきたけどいる?」と言ってきた。」とカメラが回っていないところでの宇野の様子を明らかにした。

映画情報どっとこむ ralph 最後に本作が公開されたことについて、監督は「けだものが世に放たれた。これがヒットすればぜひ続編も。ここからが勝負。」と続編への期待も寄せた。
作中の音楽についても監督は「森優太さんという方に担当していただいて、彼は青春モノの作品を担当することが多いんですけれども」、それが本作にバチッとハマった。」と音楽へのこだわりも語った。
最後の挨拶として、主演の田中は「今日は本当に、お越しいただきまして誠にありがとうございます。とても痛感しているのが、やっぱり皆様の応援ってすごい力になって、それがないと、思ように届くところまで届かないという思いは正直あります。なので、皆さんに#恋けだ とかおかわりするという意味で#追いけだ とかハッシュタグでいろいろ遊んでもらって、皆さんにもこの映画を届けていってもらえればと思います。もちろん僕もいろいろ発信していきたいと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。」と舞台挨拶を締め、白石監督は「『オカルト』という作品依頼、監督としてフラットに自分の監督としての力を試すことができた作品。素晴らしいキャスト・スタッフが揃い時新作なので、コロナに負けずに、席巻して欲しいと思います。」とメッセージを送り、満員御礼の初日イベントは幕を閉じた。
映画情報どっとこむ ralph 『恋するけだもの』

2020年11月21日(土)より全国順次公開!


2018年5月に公開されたバイオレンス・ラブコメディ『恋のクレイジーロード』。18分という短編の自主製作にも関わらず、その濃密な面白さが話題となり、各地で上映が続いてロングランを記録!それが今回長編『恋するけだもの』としてリブートされ、恋も狂気もバイオレンスも超・パワーアップ、ポップな装いとなって帰ってきた!
主人公・宙也役には前作に続き田中俊介が内向的な人格と暴力的な人格を見事に演じ分け、クライマックスにはその身体能力を活かしたキレの良いアクションを見せる!そしてこちらも前作に続き、唯一無二の個性を発揮する宇野祥平が女装男・江野祥平役を怪演!白石監督×宇野祥平のタッグとして続く“江野祥平(出演時に必ず付けられる役名)” の久々の長編作品でもある。
この度、名古屋先行公開を記念し、公開記念舞台挨拶を実施いたしました!
狂気か、愛か。ケダモノ青年・ミーツ・バケモノ女装男―それは血しぶき舞う恋のはじまり♡
あなたは、誰も見たことがない新たな娯楽映画の誕生を目撃する!!

<STORY>
過去を隠して田舎町の工務店で働きはじめた宙也。内気な彼は決して過去を語らず、クセのある仕事の同僚たちから日常的に暴力を振るわれながら「辞めるなよ」と脅されていた。そして町では最近、こんな都市伝説が語られていた。“男が道を歩いていると、関西弁の女装男から「つき合って」と声をかけられ、断ると殺される” ---と。ある日、宙也に同僚の栞が「一緒にここから逃げよう」と持ちかける。彼女によれば工務店の人間は人殺しで、宙也もそのうち遊び半分で殺されるという。お互いに好意を寄せていた二人は町外れのスナックで会う約束をする。だが、逃亡に気づいた工務店の同僚、社長と風太はすぐそこまで迫っていた。果たして二人の逃亡は成功するのか……?緊張が高まるなか “女装男” が現れ、宙也に一目惚れしたことから事態は急変、それぞれの恋が暴走し、ぶつかり合い、血しぶき舞うラブストーリーが幕を開ける!!!!!

***********************************

<出演>
田中俊介 宇野祥平
上のしおり 木村知貴 細川佳央 大迫茂生 久保山智夏 金子鈴幸
<スタッフ>
監督・脚本:白石晃士 プロデューサー:丸田順悟
協力プロデューサー:相羽浩行 ラインプロデューサー:城内政芳
音楽:森優太 撮影:橋本篤志
照明:鈴木馨悟
録音:日下部雅也
編集:宮崎歩 白石晃士
制作協力:ザフール 制作プロダクション:ダブルフィールド
製作:ダブルフィールド 
配給:白石晃士と坪井篤史の映画狂人ロード
©︎2020 白石晃士/ダブルフィールド
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ