「ワールドプレミア」タグアーカイブ

松坂桃李『不能犯』中国でワールドプレミア白石晃士監督が登場


映画情報どっとこむ ralph 松坂桃李さんがダークヒーローを演じる映画『不能犯』が、2018年2月1日(木)より公開となります。

都会のど真ん中で次々と起きる変死事件。警察は証拠を一切見つけられないでいたが、現場では必ず黒スーツの男が目撃されていた。男はSNSで話題の殺し屋・宇相吹正。電話ボックスに殺人依頼の紙を貼ると、宇相吹がターゲットを必ず死に追いやるという。しかし、その死因は病死や自殺に事故という罪には問われない<不能犯>だった。誰もが持つ妬みや嫉妬、人間の心の闇を暴く、【立証不可能犯罪】スリラー・エンターテインメントが誕生しました。

この度、現地時間の12月1日、日中国交正常化45周年記念日中映画交流事業として上海・深セン・昆明の中国3都市で行われている、国際交流基金、(公財)ユニジャパン等が主催の日本映画の上映会“日本映画新片展”にて映画『不能犯』が世界初上映され、上海でのスペシャルゲストとして白石監督が参加!

熱気溢れる中国の観客のホヤホヤな質問に答えるティーチインが行われました。

映画情報どっとこむ ralph 本上映会で『美しい星』が上映される吉田大八監督、『ユリゴコロ』『心が叫びたがってるんだ。』が上映される熊澤尚人監督らと共に、レッドカーペットに登場した白石監督は、世界中から集まったメディアからフラッシュを浴び、多くのファンサービスを行いました。

その後、オープニングセレモニーに登場し、

白石監督:日本に先駆け上海でのワールドプレミアということで今日はみなさんの反応を楽しみにしています。一緒に映画を観たいと思います。

と挨拶し、監督と一緒に見れると思っていなかった観客は大喜び。

また、『美しい星』のオマージュとし、両手をY字に広げるポーズをみせるなど、白石監督らしくおどけてみせ、会場の笑いを誘う場面もみられた。

映画情報どっとこむ ralph アジア全体で高い人気を誇る松坂桃李主演の映画であり、先日北京で『貞子VS伽椰子』が上映されたばかりの白石監督のトークが聞けるとあって、深夜23時のイベントにも関わらず1365席が即完!!

サインを求めるファンも多く、監督の注目度の高さが伺えた本作ですが、上映後のトークイベントでは、ほとんどのファンが日本語で質問するほどの熱狂的なファンばかりで、異常なほどの盛り上がり。

Q&A内容

Qこの映画で監督が感じ取って欲しいことは?

基本は見た方に考えて欲しい。絶望と希望の判断、正義と悪の判断をどこでするかはとても曖昧なもので、あなただったらどこで引きますか?というのを問いかけている。

Q、映画の中で、いろんな形で殺害シーンがありますが、どの殺し方が一番好きですか?

A,忍成さんが演じる羽根田という男が、灰皿で殺害するシーンがあるんですが、ターゲットだけでなく、周りにいた関係ない女性二人も灰皿で殴打するシーンが、とばっちりを受けて可哀想な死に方をするので、好きです。

Q、希望で殺す、というセリフがありますが、監督が考える希望とはなんですか?

A、おそらく彼女の意図としては、前向きな殺人。もしくは、本当の殺人を意味するものではないかもしれない。希望を突き詰めることによって、彼の行動を止めることがもしかしたら彼女のいう「希望で殺す」ということかもしれない。


映画情報どっとこむ ralph 『ユリゴコロ』で松坂さんを撮っている熊澤監督も観客とともに本作を鑑賞し、「松坂桃李が素晴らしい」と絶賛した。

『不能犯』上映中も松坂さん・沢尻さんだけでなく、新田さん、間宮さんの人気も高く、彼らの出演のシーンでの観客のリアクションが彼らの人気の高さを表していた。

あらすじ・・・
都会のど真ん中で、次々と起きる変死事件。現場では、必ず黒スーツの男が目撃される。男の名は宇相吹正(松坂桃李)。電話ボックスに殺人依頼を残すと、願いを叶えてくれる男だ。ただし、依頼人の殺意が純粋でないと、恐ろしい事態を招くという。さらに、宇相吹は全てのターゲットを、一瞬の迷いもなく確実に殺すのだが、その死因は病死や自殺、事故に見えるため、絶対に捕まることはない。そう、彼は〈不能犯〉なのだ。「必ず宇相吹を止める」と熱い正義に燃える多田友子刑事(沢尻エリカ)と部下の百々瀬(新田真剣佑)。捜査の過程で、多田だけが唯一、宇相吹が支配することが出来ない相手だと判明するー。やがて日本中を震撼させた連続爆破事件と宇相吹の事件が繋がり、壮大な事件へと発展していくー。果たして多田は宇相吹を止められるのか?そして宇相吹の真の目的とはー。


公式サイト:funohan.jp/
公式twitter:@FunohanMovie 
公式facebook:@FunohanMovie 
Instaglam:funohan_movie

***********************************

出演:松坂桃李 沢尻エリカ
新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也 岡崎紗絵 真野恵里菜 忍成修吾
水上剣星 水上京香 今野浩喜 堀田茜 芦名星 矢田亜希子 安田顕 小林稔侍
原作:『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載 
原作:宮月新/画:神崎裕也) 
監督:白石晃士
脚本:山岡潤平、白石晃士
配給:ショウゲート
(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会 


諏訪敦彦監督『ライオンは今夜死ぬ』ワールドプレミア サン・セバスチャン国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph ヌーヴェルヴァーグを代表する名優ジャン=ピエール・レオーを主演に迎え、『M/OTHER』『不完全なふたり』の 諏訪敦彦監督が『ユキとニナ』から8年ぶりに撮り上げた、仏日合作作品『ライオンは今夜死ぬ』2018年1月公開となります。

本作が、この度、現在開催中の第 65 回サン・セバスチャン国際映画祭コンペティション部門に正式出品され、スペイン 現地時間 9 月 29 日(金)ワールドプレミア上映が行われました。 今回の公式上映には、メガホンをとった諏訪敦彦監督、主演のジャン= ピエール・レオー、ポーリーヌ・エチエンヌが参加。

上映前のレッドカーペットには、諏訪監督とジャン=ピエールはシックなスーツ姿、ポーリーヌは黒 いラメ入りのニットにミニスカートというシンプルで華やかな服装で登場しました。


第 65 回サン・セバスチャン国際映画祭
『ライオンは今夜死ぬ』ワールドプレミア

日付:9月29日(金)
場所:諏訪敦彦監督、ジャン= ピエール・レオー、ポーリーヌ・エチエンヌ

映画情報どっとこむ ralph フランスを代表する名優と、ヨーロッパで圧倒的な評価を受けている日本人監督のコラボレーションということで、世界各国のメディアと各地から訪れた 多くの観客が押し寄せ、その声援に笑顔で応えながら会場入りをした。

約 2,000 名が収容される会場 Kursaal は超満員。

3人は、観客とともにワ ールドプレミアを鑑賞。

場内では何度も笑い声や歓声が起こり、エンドロ ールが始まるや熱狂的なスタンディングオベーションが会場に響き渡った。

観客の熱い反応に対し、ジャン=ピエールとポーリーヌは満面の笑みをこぼし、諏訪監督は何度も手を上げ て観客の拍手に応じた。会場を出ると、ロビーには 3 人の登場を待ち構えていた大勢の観客からの熱い拍手で送られた。

ジャン=ピエールと諏訪監督は、喜びを分かち合うようにしっかりと肩を抱き合いながら歩いていた。
公式記者会見では、諏訪監督が本作について

諏訪監督:ジャン=ピエールと、「この 映画は死を描きながらも、生きていることは素晴らしいというテーマの映画に しよう。」と話をしたことがあります。映画をご覧いただいて感じられるのは“生 きる”ということに対する、いきいきとした実感だと思います。

と語った。

そして ジャン=ピエールは今回のコラボレーションに対し、

ピエール:ヌーベルヴァーグの継 承者として尊敬する諏訪監督と、ともに作品を作り上げることができたことが 本当に嬉しい。『ライオンは今夜死ぬ』というこの“奇跡”に参加できたことが とても幸福だ

と語った。さらにジャン=ピエールが、劇中で歌っている「ライ オンは寝ている。」を熱唱し、会場を湧かせる場面も。会見中は、諏訪監督とジ ャン=ピエールは何度も微笑み合い、今回のコラボレーションに非常に満足 している様子が見受けられた。

映画情報どっとこむ ralph 『ライオンは今夜死ぬ』

2018 年1月、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次ロードショー!
物語・・・
南仏コート・ダジュール。死を演じられないと悩む、年老いた俳優ジャン。過去に囚われ、かつて愛した女 性ジュリエットの住んでいた古い屋敷を訪ねると、幽霊の姿となってジュリエットが彼の前に現れる。さらに、地元の子ど もたちが屋敷に忍び込んできて…子どもたちからの誘いで突然はじまった映画撮影。撮り進めるうちに過去の記憶と向き合い、残された時間、ジャンの心に生きる歓びの明かりがふたたび灯されていく。

***********************************

監督・脚本:諏訪敦彦
出演:ジャン=ピエール・レオー、ポーリーヌ・エチエンヌ、イザベル・ヴェンガルテン
2017 年/フランス=日本/103 分
配給:ビターズ・エンド
© 2017-FILM-IN-EVOLUTION-LES PRODUCTIONS BAL THAZAR-BITTERS END
     


シャーリーズ・セロンら登壇『アトミック・ブロンド』ワールドプレミア at ベルリン


映画情報どっとこむ ralph アトミック・ブロンド』10月20日(金)より日本公開決定。
主人公の女スパイ、ロレーン・ブロートンを演じるのは、シャーリーズ・セロン。監督はデヴィッド・リーチ。共演に、ジェームズ・マカヴォイ、ソフィア・ブテラ、さらにジョン・グッドマン、トビー・ジョーンズなど実力派俳優が脇を固めいます。

そして、この度、7月17日(現地時間)に本作のワールドプレミアが物語の舞台となったベルリンにて行われました。

『アトミック・ブロンド』ワールドプレミア
開催日時:7月17日(現地時間)
開催場所:ベルリン ポツダム広場劇場
登壇:シャーリーズ・セロン、ソフィア・ブテラ ほか

映画情報どっとこむ ralph 本作の舞台となったベルリンにて行われて『アトミック・ブロンド』ワールドプレミア。

会場には大勢のファンが最強の女スパイ ロレーン・ブロートンを主演したシャーリーズ・セロン、ロレーンに接近する謎のフランス人スパイを演じたソフィア・ブテラを一目見ようと会場に集まった。


真っ赤なリップにクリスチャン・ディオールの真っ白なブラレットとハイウエストのマイクロミニスカートという大胆衣装を纏い、シャーリーズ・セロンが大歓声の中レッドカーペットに到着。

ファンのもとに駆け寄るとサインと写真撮影に応じた。
その後黒のロングドレスに身をつつまれたソフィア・ブテラをリードするように手をつなぎながらフォトコールに現れると、取材陣からの声掛けに応じた。

フォトコール中もシャーリーズとソフィアは終始談笑しており、その姿からも二人の親密さが伺えた。取材陣の元に駆け寄り、プレミア上映への期待のコメントを求められると

シャーリーズ:緊張と興奮が入り混じった気分。初めて作品を見せる機会なのでドキドキしてる!

ソフィア:女性を勇気づける素晴らしい作品に仕上がっていると思う。シャーリーズは驚異的な存在。参加できてすごく光栄。

と、それぞれコメント。

映画情報どっとこむ ralph その後上映前に劇場に姿を現したシャーリーズとソフィア。
シャーリーズ・セロンは会場に集まったファンに

シャーリーズ:今日まで長い旅でした。ベルリンを舞台にした作品を手掛け、この土地で撮影出来たことを誇りに思う。ベルリンの皆さまにお披露目できるなんて私達にとって本当に特別なひとときです。撮影に協力してくれた全てのクルー、あなたたちが一人でも欠けていたら、映画は完成しませんでした。ソフィア、あなたの素晴らしい才能に感謝してるわ。映画を楽しんで!ベルリンありがとう!

とすべてのキャスト・スタッフに感謝と尊敬の意を表し、隣に立つソフィア・ブテラと熱いハグを交わした。

アトミック・ブロンド』全米公開をいよいよ10日後に控え注目が集まる本作の続報に期待です!

日本公開は10月20日(金)より、全国ロードショー!



公式HP:
http://atomic-blonde.jp/ 
Twitter:
@atomicblonde_jp
FB:
@atomicblonde.jp
Instagram:
atomicblonde_movie

***********************************

監督:デヴィッド・リーチ(『ジョン・ウィック』共同監督、『DEADPOOL2(原題)』)

キャスト:シャーリーズ・セロン(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、『モンスター』)、ジェームズ・マカヴォイ(『X-MEN』シリーズ、『ウォンテッド』)、ソフィア・ブテラ(『キングスマン』『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』)、ジョン・グッドマン(『アルゴ』)、トビー・ジョーンズ(『キャプテン・アメリカ』シリーズ)他 

2017年/アメリカ映画/115分/配給:KADOKAWA 


窪田正孝 参上!「東京喰種」LAワールドプレミア @ANIME EXPO


映画情報どっとこむ ralph 世界累計3000万冊の発行部数を誇る話題沸騰の超人気コミック「東京喰種 トーキョーグール」。原作コミックから、アニメ化、舞台化、ゲーム化を経て、衝撃の実写映画化となった本作。7月29日(土)の全世界公開に先がけ、現地時間7月3日(火)19:30〜、ロサンゼルスにて行われる「ANIME EXPO」にてワールドプレミア上映を行いました!​
世界中にファンを持つ本作は、全世界37の国・地域で刊行され、2015年にアメリカで発売されたコミック第1巻は、NYタイムズのマンガベストセラーランキング1位を10回獲得。1位も含め、80週ランクインするという超人気コンテンツ。「ANIME EXPO」のでのワールドプレミアでは、1000人の東京喰種ファンが世界初の本作上映を堪能。主演の窪田正孝さんらが登壇すると大きな盛り上がりに包まれました。​

「ANIME EXPO」とは例年およそ10万人が訪れる、アメリカで最大級のアニメ、ゲームの祭典。3日目の本日の推移では、例年を上回る来場者数が見込まれている。日本でもおなじみのアニメやゲームの、実に400以上の企業ブースが出展され、コスプレやカラオケなども楽しめるイベント。実写映画のワールドプレミア上映は本作が初だそうです!​

「東京喰種 トーキョーグール」ワールドプレミアin L.A
上映日:
現地時間:7月4日(月)19:30~ ​
日本時間:7月4日(火)11:30~​
*ANINE EXPOは7/1~7/4開催 ​
上映会場:アメリカ ロサンゼルス/JW Marriott​
登壇ゲスト:窪田正孝、萩原健太郎監督、永江智大プロデューサー(松竹株式会社)

映画情報どっとこむ ralph 会場となったアメリカ・ロサンゼルスのJW Mariottでは19:30の開映にも関わらず早朝から長蛇の列ができ、入場できなかった人もいたほどの大盛況。

中には「東京喰種」の、窪田さんの演じた主人公カネキや、蒼井優さんの演じたリゼのコスプレをしたファンもおり、アメリカでの人気が垣間見られます。。​


上映前、窪田正孝さん、萩原監督、永江プロデューサーが登壇。
萩原監督:ここロサンゼルスに『東京喰種』のワールドプレミアとして来られることがものすごく嬉しいです。みなさんに映画を楽しんでもらえることを祈ってます。今日は来てくれてありがとう。

と英語で挨拶。

窪田さん:Hello. My name is Masataka Kubota.

と話し始めたものの、

窪田さん:僕はあまり英語が話せません。みなさん東京喰種は好きですか?僕も東京喰種LOVEです。世界に誇る漫画を皆さんの手でもっと広めていただければ嬉しいです。

と続けた。

永江P:この映画はキャスト、スタッフのグールLOVEが詰まった映画。最後までそのLOVEを見逃すことなく見ていただければ嬉しいです!

とコメント。

映画情報どっとこむ ralph 上映中は歓声や拍手が起こり、クライマックスのアクションシーンでは盛大な歓声が。世界初の上映を見届けるファンたちに好意的に受け取られているようだった。​


上映終了とともに割れんばかりの拍手と、歓声が沸き起こり、それには緊張の面持ちだった窪田さんも思わず顔がほころんでいた。上映後舞台挨拶に再度登壇したが、なんと上映後舞台挨拶では窪田さんが劇中衣装でマスクを装着して登壇というサプライズが!マスク姿で窪田さんが登壇すると、会場のボルテージは最高潮に!​

窪田さん:Thank you very much!

と英語でコメント。​3人ともアニメエキスポの参加は初めて。

印象を聞かれると

窪田さん:先ほどブースを回って、みなさんそれぞれのコスプレで、作品を愛してる気持ちとか、役になりきれる瞬間を持っていることをすごく身近に感じられました。でも、どうか人だけは食べないでください(笑)。そして僕は八重歯がありますが、グールではありません!

と会場を笑わせた。

監督:(グールのコスプレイヤーを見て)こんなにも作品を愛してくれていて、その中に入りたい、という愛がすごく伝わって来ました。もともと日本だけでなく世界中のグールファンに喜んでもらいたいという思いで作りました。だからこうやってみなさんがグールのいろんな格好をして、こんなに暖かい声援を受けられることが嬉しいです。思い描いていた夢よりも幸運な状況です。

とコメント。

永江P:一番驚いたのは、皆さん愛が強い。僕は今日までカネキは窪田さんだけだと思っていたけど、今日だけで三十人くらいカネキに会えました。みなさんそれぞれ愛があるので、本当にカネキに見えました。あと印象的だったのは、みんなラストのシリアスなシーンで笑っていましたが、まさかあそこで笑うとは、ということ。

というコメントに

窪田さん:ザッツシリアス!

とツッコミを入れ、会場は笑いに包まれた。​

映画情報どっとこむ ralph 最後に観客の皆さんとのフォトセッション。観客にもペーパークラフトのマスクが配られ、会場に集まった1000人のファンと窪田さんでフォトセッションに。​

終了後観客からは「興奮した!」「最高の気分!」「人生の中でも一番よかった映画を世界で一番最初に観られるなんて、マジでびっくりしたよ!」[ドラマチックでエモーショナル!サスペンスの部分は手に汗握る展開で興奮したよ」といった感想が聞かれ、満足度の高さが伺われました。​

今後、現地時間7月7日(金)にはドイツ・ベルリンでのヨーロッパプレミア、そして7月10日にはいよいよジャパンプレミアが開催となります。​

ヨーロッパプレミアには萩原監督が登壇、ジャパンプレミアには窪田正孝、鈴木伸之、大泉洋、蒼井優ほか主要キャスト、監督が登壇予定!​


東京喰種 トーキョーグール

7月29日 世界公開
公式サイト:
tokyoghoul.jp

公式twitter:
@tkg_movie

***********************************

原作:石田スイ 「東京喰種 トーキョーグール」 集英社「週刊ヤングジャンプ」連載

出演:窪田正孝 
清水富美加 鈴木伸之 蒼井優 大泉洋

監督:萩原健太郎
脚本:楠野一郎
配給:松竹

©2017「東京喰種」製作委員会
©石田スイ/集英社


関ジャニ∞渋谷、大倉登場!『スパイダーマン:ホームカミング』LAワールドプレミア


映画情報どっとこむ ralph マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に本格参戦し、スパイダーマンとアイアンマンとの競演で話題となっているスパイダーマン新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』が8月11日(祝・金)に日本公開!

そして『スパイダーマン:ホームカミング』の全米公開目前の現地6月28日(水)にLAにてワールドプレミアが開催された。

『スパイダーマン:ホームカミング』ワールドプレミア
日程:
現地時間:6月28日(水)夕方~夜
日本時間:6月29日(木)午前中~昼
場所:ロサンゼルス ハリウッド TCLチャイニーズシアター
プレミア参加者:
トム・ホランド、ロバート・ダウニーJr.、マイケル・キートン、ゼンデイヤ、ジョン・ワッツ監督 ほか

関ジャニ∞ 渋谷すばる、大倉忠義

映画情報どっとこむ ralph 会場となったTCLチャイニーズシアター前のハリウッド大通りを占拠して、スパイダーマンマークが描かれた全長100mに及ぶレッドカーペットが敷かれた。イベント前にはスパイダーマンが登場し、赤と青のスパイダーマンカラーに染まった会場で得意の自撮りを披露。ファンからのリクエストに応え、ポーズを決めたり写真撮影を行うなど大いに盛り上げた。

メイン・キャスト&スタッフが集結するワールドプレミアだけあって、世界各国から200名以上の報道陣が詰めかけた。さらにスパイダーマンをはじめとするアメコミキャラクターのコスプレをした500人以上のファンも集まり、会場のボルテージは爆発寸前の状態に!


そんな中、本作の“日本語吹替版主題歌”を務める日本のビッグヒーローである関ジャニ∞の渋谷すばるさんと大倉忠義さんが、17時30分(現地時間)から始まったワールドプレミアのレッドカーペットに登場!

Q:プレミアに参加してどんな気持ちですか?

大倉さん:こんな大きなイベントに日本を代表して来られることが凄く嬉しいですね!

Q:プレミアの雰囲気はいかがですか?

渋谷さん:凄いですね!こんなに人が集まるんですね。街中が「スパイダーマン」一色になっていて圧巻です!

Q:プレミアで楽しみにいることは?

大倉さん:キャストの方に会った後に新作を観れる、こんな贅沢はないですね!

Q:いち早く、映画をご覧になりますが、楽しみにしているところは?

大倉さん:「スパイダーマン」は少年が成長していく物語が楽しみですね。恋も、もちろんアクションも楽しみです。世界一早く観れるので、ありがたいです!
渋谷さん:最年少の15歳の少年がどう変わっていくのか、楽しみですね!

Q:映画を観おわって

渋谷さん:凄かったですね!まず3Dの大拍迫力に圧倒され、15歳の少年のまっすぐな姿に感動しました!心うたれました!めっちゃ面白かったので、早く日本の皆さんに見てもらいたいです!
大倉さん:小さい世界から、自分で切り開いていこうとするピーターの姿に心打たれるものがありましたね。年齢は関係なく、いろんな人に観てほしいですね。

Q:本場で鑑賞した感想について

渋谷さん:こっちの人は笑うところで爆笑するし、リアクションがハッキリしてて、空気感が楽しかったですね!
大倉さん:LAの街でも映画館でも、こんなにも自由なことに驚きました。自由に楽しめるのは素晴らしいことですね!

映画情報どっとこむ ralph いよいよ新スパイダーマンを演じたトム・ホランドをはじめ、アイアンマンことロバート・ダウニーJr.、本作の悪役を演じたマイケル・キートンら名優たちに加え、「スパイダーマン」の生みの親スタン・リーもレッドカーペットに登場。会場からは割れんばかりの大歓声が巻き起こり、熱気は最高潮に達した!

カーペット上に居合わせた渋谷さん、大倉さんの元にも続々とキャストがやってきた。アイアンマン演じるロバート・ダウニーJr.が登場すると渋谷さん、

大倉さんは「大ファンです!」とダウニーと堅い握手を交わした。

ダウニーは二人に「歌を歌ってください!」とおどける一面も見せた。さらに、ヒーローにとって大切なこととして「誠実であることだよ」ととっておきの秘密を教えてくれた。アイアンマンからの熱いメッセージに緊張を隠せない二人だが、最後は夢の3ショットを決めた。さらにトム・ホランドが登場すると「君たちが日本語吹替版主題歌を歌っているんだね!会えてうれしいよ!」とも堅い握手を交わし、アイアンマンに加え、新スパイダーマンとも夢のショットが実現した。
御年94歳となるアメコミ界のレジェンド、

スタン・リー:日本のファンのみなさん、こんにちは。みんな、愛してるよ!

とメッセージを贈った。

映画情報どっとこむ ralph そして19時30分からのプレミアでは『スパイダーマン:ホームカミング』がTCLチャイニーズシアターの迫力あるスクリーンで上映されると、多くのコスプレをしたファンが新スパイダーマンの活躍と成長に歓声を贈った。

渋谷さん、大倉さんも世界中のファンの熱気に触れ、「LAの人は笑うところで爆笑するし、リアクションがハッキリしてて、空気感が楽しかったですね!」とコメント。改めて「スパイダーマン」の世界的人気を実感したようだ。『スパイダーマン:ホームカミング』の注目度がわかる一夜は興奮が冷めやらぬ中、幕を閉じました。


スパイダーマン:ホームカミング

公式サイト:Spiderman-Movie.JP
公式Facebook:@SpiderManJapan
公式Twitter:@spidermanfilmjp #スパイダーマン

アベンジャーズになる!

15歳、スパイダーマンの闘いが始まる
ニューヨーク。15歳のスパイダーマンことピータ・パーカーはニューヨーク クイーンズで、放課後に部活のノリでヒーロー活動の日々。そんなピーターの能力を見出し、真のヒーローとしての“道”へと導こうとするのがアイアンマン=トニー・スターク。憧れのトニー・スタークに特製ハイテクスーツをもらい興奮するピーター。そんなある日、スタークに恨みを抱く敵・バルチャーがNYの街を危機に陥れる。一日も早くアベンジャーズの一員になりたいと、ピーターはここぞとばかりに乗り出そうとするが、「アベンジャーズに任せておけ」とトニーに止められてしまう。自分の力を認めてもらおうと焦るピーターはたった一人、戦いに挑むが—。

***********************************

キャスト:トム・ホランド(『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『白鯨との闘い』)、ロバート・ダウニーJr.(『アイアンマン』『アベンジャーズ』)
マイケル・キートン(『バットマン』、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)、マリサ・トメイ(『レスラー』)、ジョン・ファヴロー(『アイアンマン』)
ゼンデイヤ、トニー・レヴォロリ(『グランド・ブダペスト・ホテル』)、ローラ・ハリアー、ジェイコブ・バタロン  
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.