「社会派」カテゴリーアーカイブ

森達也監督と松江哲明監督が語る制約がある面白さ『人生タクシー』公開初日イベントで


映画情報どっとこむ ralph 映画を愛する人、ものづくりに関わる人、そして壁に立ち向かうすべての人々に贈る、奇跡の人生讃歌!『人生タクシー』が公開に。

政府への反体制的な活動を理由に、2010年より“20年間の映画監督禁止令”を受けながらも、監督自身がタクシー運転手に扮して、厳しい情報統制下にあるテヘランの街に暮らす乗客達の人生模様を描き出し、2015年ベルリン国際映画祭で審査員長のダーレン・アロノフスキー監督から、「この作品は映画へのラブレターだ」と称賛され、金熊賞及び国際映画批評家連盟賞をダブルで受賞した他、海外の映画祭でも映画祭でも大絶賛!決して諦めない勇気と軽やかに笑い飛ばすユーモアに満ち溢れた、映画史に残る、心揺さぶる新たな傑作がここに誕生。

そして、公開初日を記念し、日本を代表するドキュメンタリー作家の森達也監督と松江哲明監督がインスパイアされて制作した短編映画上映!そして本作の魅力を語るトークショーを行ないました!


日時:4/15(土)
場所:新宿武蔵野館
登壇:森達也(映画監督)松江哲明(ドキュメンタリー監督)

映画情報どっとこむ ralph 人生タクシーを見終えた直後に、森監督、松江監督が製作した短編を上映。映画を撮ってはいけない世界の監督は・・。というお題のもと。

森達也監督「映画を撮ることを禁じられた映画監督の映画のような映像」

松江哲明監督「ちいさな宝物 Ein Kleiner Schatz」

森監督は映画が撮れないことに抗う監督はどうするのかという作品。松江監督は、自分の子供を撮影する・・愛が見える作品。

切り口は全く違うものに。(今回の短編は来週から人生タクシーと同時上映となるそうなので、気になる方は足を運んでみてください。)

映画情報どっとこむ ralph 人生タクシーについて、


森監督:誰が良い人なのか?スーツを着ている人?髭を?そういう問答が繰り返されていきます。映画でもこれはOKこちらはダメと言われている、パナヒの思いが入ってますよね。

と、話す森監督に

松江監督:ミニマムな作りが批判になってる。そういう手法でも見せるのは僕も意識してやっています。

と、語る松江監督。

森監督:イランですからね。。僕らはフェイクドキュメンタリー的なものを試したりしているけども、彼らはずっと前からやってる。筋金入り。映画撮るな!って言われたら逆手にとって撮る。

松江監督:この映画は見る人によってはドキュメンタリーに見えます。枷があるからこそドキュメンタリーよりドキュメンタリーになっていますよね。枷を作ることで自由が見えてくる。そういう映画好きなんですよ。

と、自分も同じような思いで撮っていると話す松江監督。それを受け

森監督:友人のTVでドキュメンタリー撮ってるプロデューサーに、なぜ映画を撮らないのか聞いたら、TV的な「制約がある」そこを乗り越えるのが楽しいと。多少は制約あった方がドキュメンタリーとかは面白くなる。中国とか、ミヤンマーとか・・・。さすがに北朝鮮はね、撮れないけれど。・・・これから日本ドキュメンタリー面白くなると思いますよ。
と言うブラックな話に会場には笑いが・・・流石はこの映画の初日に来るお客さんたち。最近TV仕事が増えてる松江監督は、

松江監督:TVは不自由が明確。ルールが明確なので、ぎりぎりを責められる。逆に自由なはずの映画が、いま不自由だなと感じてます。多くの人に届けなければと・・キャストや音楽とか・・・ね。

森監督:ルールはないはずなのに・・流行り言葉だと、「忖度」してしまうんですよね。

と要約する森監督に、

松江監督:国自体がギャグっぽくなっていて、北朝鮮に気を付けろ!と言っていた首相が、お花見しているニュースが流れる。・・面白いですよね。カメラの力ってあると思います。この映画からパナヒ監督はなぜ映画を撮るのだろうということにも気づかせてくれて「日本でも・・・あることですよね。」と、忘れてはいけないなと。


映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

松江監督:社会が滑稽だったり窮屈なことに意識の向いていない人たちに届けたいなと思っています。ふざけた形で創作を色々考えて続けていきたいなと思っています。

森監督:頭の中を検閲するような社会に・・表現がこれから大事になると思います。

とイベントを締めました!

『人生タクシー』

4月15日(土)新宿武蔵野館他、感動のロードショー中!!



タクシー運転手に扮したパナヒ監督が、厳しい情報統制下にあるテヘランの街に暮らす様々な乗客達の模様をリアルにそしてユーモアたっぷりに描いています。タクシーのダッシュボードに置かれたカメラを通して、個性豊かな乗客達が繰り広げる悲喜こもごもの人生、そして知られざるイラン社会の核心が見えてくる。

<テヘランの街で監督が出会った人々>

・死刑制度について議論する路上強盗と教師
・一儲けを企む海賊版レンタルビデオ業者
・交通事故に遭った夫と泣き叫ぶ妻
・映画の題材に悩む監督志望の大学生
・金魚鉢を手に急ぐ二人の老婆
・国内で上映可能な映画を撮影する小学生の姪
・強盗に襲われた裕福な幼なじみ
・政府から停職処分を受けた弁護士 など


http://jinsei-taxi.jp
twitter:@jinseitaxi
instagram:jinseitaxi

***********************************

監督・出演:ジャファル・パナヒ

『白い風船』(1995年カンヌ国際映画祭カメラ・ドール受賞)
『チャドルと生きる』(2000年ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞)
『オフサイド・ガールズ』(2006年ベルリン国際映画祭銀熊賞(審査員特別賞)受賞)
『これは映画ではない』(2011年カンヌ国際映画祭キャロッス・ドール受賞)

2015年/イラン/82分/ビスタ(16:9)/5.1ch/原題:TAXI
配給:シンカ
提供:東宝東和
協力:バップ
(C)2015 Jafar Panahi Productions


織田梨沙、満島真之介、監督熱く語った!『STAR SAND ─星砂物語─』記者会見


映画情報どっとこむ ralph 1945年4月の沖縄と2016年の東京、ふたつの時代と土地を往還しながら描かれる、平和への祈りと未来への希望──

「1945年の戦時中、戦うことを拒否した“卑怯者”の脱走兵である日本兵(満島真之介)と米兵(ブランドン・マクレランド)、そして彼らを見つめる少女(織田梨沙)の物語」

日本とオーストラリアの各地において舞台を演出してきたロジャー・パルバースが 奇跡の豪華コラボレーションによる初監督作品、映画『STAR SAND ─星砂物語─』を完成させました。
そして、4月10日(月)日本外国特派員協会にて、本作品の上映と記者会見が行われました。

日付:4月10日(月)
場所:日本外国特派員協会
登壇:織田梨沙、満島真之介、ロジャー・パルバース監督

映画情報どっとこむ ralph 本作の試写後。
外国特派員と日本人記者らの前に織田梨沙さん、満島真之介さん、ロジャー・パルバース監督が登壇。

一言づつ噛みしめるように英語で挨拶する織田さん。
織田さん:皆さんお集まりいただきありがとうございます。今回のオファーを受け嬉しくて、この幸運が信じられませんでした。この役を演じるにあたり、ナーバスになったのは、演技経験が少ないことと。日本の歴史を知らないことでした。ひろみの感情を演じるのは難しく。それは簡単ではなかったですが、みんなに助けられて、演じることが出来ました。

と、挨拶すると、満島さんは、この作品に出られて光栄です!と英語で話した後は・・・標準語に8年かかかったので、英語は次に・・・と日本語でと会場を笑わす満島さん。

満島さん:沖縄出身です。僕らは子供のころ星の砂を集めてプレゼントにしてたりしてました。ロジャーと初めて会ったときに、何も言わずに1枚の写真を見せられました。それは島が写ってる写真。僕は一瞬で伊江島だとわかりました。そこが撮影の場所です。

子供の頃に家族でよく行っていた島だったそう。とても運命的。続けて

満島さん:僕らは東京の同世代より、戦争の映像や体験談が身近だったこともあり、この役を背負えるのか迷いました。が、70歳を超えた新人監督が子供のようなキラキラな目でラブコールくれて。それに心打たれまして、沖縄とアメリカや世界に伝えられたらとオファーを受けました。

と語りました。さらに満島さんのおじいはアメリカ人だそうで、戦争がなければ僕はいなかったしと複雑な思いを込めて出演していたそう。

映画情報どっとこむ ralph
Q:なぜ今まで監督をしなかったのですか?

監督:さあ(笑)実は一度、映画を撮ることが決まって・・でも、バブルがはじけてなくなりました。

Q:なぜ、星の砂なのか?

監督:脱走兵を描きたかったんです。バッドな戦争で戦わない方がヒーローなのではないかと。そして、ある国がある中近東の國を攻撃して。腹が立って。星砂物語を書いたんですね。気が向いたらAMAZONで買ってください(笑)そして、今回の映画化となったのです。キャストは梨沙じゃなきゃこの映画成り立たなかったし、満島君は写真1枚で唾を付けました。

Q:役作りはどのように・・・

織田さん:とにかく英語の発音を監督と一緒に頑張りました。

満島君:僕らの2倍以上日本を見てきた監督から見た日本人の葛藤、強さ、・・・家族への愛とかいっぱい詰まっていたので、監督と沢山話をしました。それから頭で考えるのはやめて、洞窟での感覚を体感、空気感を肌にしみこませるようにしました。


Q:素晴らしい、脚本、キャスト。。。なぜ自分をキャスティングしたの?

と友人に聞かれた監督

監督:断ったんだけど・・プロデューサーの圧力に負けました。バジェットが足りなかったのかな?(笑)

Q:沖縄弁ではなく標準語でしたが

監督:それについては話し合いましたが、沖縄人が納得する方言を話せる役者は満島君しかいないで難しかったんです。僕もわからないし。。。外国人が観ればわからないしね(笑)

と会場を笑わせて締めくくりました。

映画情報どっとこむ ralph 本作は2017年
4月22日(土)「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」でワールドプレミア

その後6月21日㈬より沖縄・桜坂劇場にて先行上映、

8月4日㈮より東京・ユーロライブにて公開 ほか順次公開となります!

映画情報どっとこむ ralph あらすじ・・・

1945年の沖縄。戦火から遠く離れた小島に渡り暮らし始めた16歳の少女・洋海(ひろみ)は、洞窟で日本軍とアメリカ軍からの脱走兵、隆康とボブに出会う。

隆康とボブ、そして彼らの世話を焼く洋海の間には、不思議な関係が築かれてゆく。

ある日、戦いで脚を負傷し、除隊を余儀なくされた隆康の兄・一(はじめ)が、養生のために洞窟にやって来るが、それは悲劇の幕開けだった。
2016年、東京。大学生の志保は、卒業論文のために教授から一冊の日記を手渡される。それは、戦時中に沖縄の小島で暮らしていた少女のものだった。志保は日記を読み、そこに封印されていた過去の出来事にわれ知らず迫ってゆく……。

公式サイト:
www.star-sand.com

***********************************

出演:織田梨沙 満島真之介 ブランドン・マクレランド
三浦貴大 / 吉岡里帆
寺島しのぶ / 渡辺真起子
石橋蓮司 緑魔子
ダンカン・ハミルトン 近谷浩二 沼田康弘

監督・脚本: ロジャー・パルバース
原作:ロジャー・パルバース『星砂物語』講談社刊
主題曲:坂本龍一
エグゼクティブ・プロデューサー:前田紘孝、大川勝 プロデューサー:小西順子、吉岡裕美
後援:オーストラリア大使館
製作:Hara Office / Soul Age
配給:The STAR SAND Team
2017年 / 日本=オーストラリア / 日本語・英語 / 110分 / カラー / アメリカンビスタ / 5.1ch

© 2017 The STAR SAND Team


速報!ゴジラ型携帯電話がついに発売! 『ゴジラ 第2携帯』上陸!


映画情報どっとこむ ralph 東宝株式会社は 2017 年 4 月 1 日に、昨年 82.5 億円の大ヒットを記録し、今年 3 月 22 日に発売した DVD&Blu-rayも記録的な販売数となっている、映画「シン・ゴジラ」に登場する「ゴジラ 第2形態」にスマー トフォン機能を搭載した『ゴジラ 第2携帯』をオフィシャルECサイト【ゴジラ・ストア】限定で発売です。

人智を超えた、超ハイスペック携帯 通信業界初の 55G(第 55 世代移動通信システム)に対応

スマートフォン機能を搭載した、『ゴジラ 第2携帯』デザインはリアルな「ゴジラ 第2形態」で、完全防水(深さは深海まで対応)。
カメラは5億5000 万画素で555K 動画撮影およびプロジェクション(投影)ができるというハイスペックな仕様です。
また、携帯電話としては初のバッテリーレスを実現。

携帯内でエネルギーを生み出す革新的な技術が採用されて います。(放熱の調整がまだうまく働かないため、連続動作には冷却が必要です。) 55Gの通信エリアに関しては、まだ限定的なものの羽田~蒲田のエリアで対応しており、人智を超えた通信速度 が体感できるなど、アメイジングな技術を詰め込んだ最先端の携帯電話です。

また、今回の『ゴジラ 第2携帯』を製品化するにあたり、「シン・ゴジラ」のVFX、CG を手掛けた本編チーム が再結集。
「ゴジラ 第2形態」のリアルさを追求し、開発に挑みました。

映画情報どっとこむ ralph 【主なスペック情報】
■55G(第 55 世代移動通信システム)搭載。
■完全防水。(深海まで対応)
■耐衝撃性は日々進化。
■5億5000 万画素カメラ。(フロントのみ)
■555K動画撮影。
■555Kプロジェクター機能。
■携帯内でエネルギーを生み出す革新的な駆動力。(バッテリーレス)
■メモリはシークエンスの作業だけで何年かかるかわからない情報量。

なお、『ゴジラ 第2携帯』の特設サイトでは詳細のスペックなどをご覧いただけます。

映画情報どっとこむ ralph 樋口真嗣氏(映画「シン・ゴジラ」監督・特技監督)コメント 嘆かわしい。実に嘆かわしい。 出せばなんでも売れるという思い込みはユーザーを馬鹿にしてはいないか? クスリとも笑えないダジャレをなんのひねりもなく形にするのも鈍感過ぎやしないか? 昨年の大ヒット、今年の受賞ラッシュに胡座をかいて調子に乗っているとしか思えず嘆かわしいこ とこの上ない。 だいたい希望小売価格も明記していないなんて欲しい物には金に糸目はつけないという純粋なフ ァン心理につけ込んだ卑劣な手口ではないか。 未解決の赤くてヌルヌルした液漏れの問題をそのままで出す方がよっぽどアメイジングだ。 売らん哉主義の横行には首を傾げざるを得ない。実にけしからん。

※このリリースはエイプリルフールの嘘のニュースです。

世界初のオフィシャル EC サイト

【ゴジラ・ストア】
http://godzilla.store
【ゴジラ・ストア Twitter】
https://twitter.com/godzilla_st
【ゴジラ公式サイト】
http://godzilla.jp/
【Twitter】
@godzilla_jp

***********************************