映画情報どっとこむ ralph 観客は開演した真夜中から明け方まで、会場に並べられたベッドに横たわり
“眠っている間に聞くために作られた8時間以上に及ぶマックス・リヒターの「SLEEP」ライブ演奏を聴く。
そしてそのまま本当に眠ってしまったり、歩き回ることも自由―。

ロサンゼルス野外のグランド・パークやシドニーのオペラハウス、アントワープの聖母大聖堂など世界各地のシンボリックな場所で次々と開催し話題をさらった“眠り”をテーマとするまったく新しいスタイルのコンサート【SLEEP】の全貌とその裏側を、このコンサートを企画、そして「SLEEP」の作曲・演奏も手掛けた音楽家マックス・リヒターの素顔とともに追いかけた珠玉のドキュメンタリー『Max Richter’s Sleep』の邦題が『SLEEP マックス・リヒターからの招待状』として、2021年3月26日(金)に公開決定!あわせて、シーン写真1点を解禁。

2018年7月、真夜中のロサンゼルス。
総合芸術施設であるグランド・パークに、一人のミュージシャンがやって来た。“眠り”をテーマとした異色のコンサート【SLEEP】の中で演奏される「SLEEP」の作曲を手掛けたマックス・リヒターだ。
コンサートは明け方まで約8時間以上に渡って続くため、リヒターをはじめ演奏者たちは準備に余念がない。
やがて観客たちが入場。ステージの前には簡易ベッドが並び、観客は寝袋を出したり毛布を広げたり、それぞれのやり方でコンサートに備える。驚くべきことに、ミュージシャンが演奏中に観客は寝てもいいし、会場を自由に歩き回っても、外に出ても構わないのだ。

そんな型破りなコンサートをリヒターが思いついたのは、睡眠に対する素朴な興味からだった。睡眠は人間にどんな影響を与えているのか。音楽はどんな風に人間の脳に影響を与えるのか。

リヒターは脳科学者のデイヴィッド・イーグルマンの協力のもと音楽と睡眠を科学的に分析し融合、これまでに誰も経験したことのない新しい音楽体験、そして最高級の“眠り”と“目覚め”へと導くための楽曲「SLEEP」を作り上げていくー。

マックス・リヒターは、クラシックとエレクトロニック・ミュージックを融合させて作られるポスト・クラシカルの旗手であると同時に映画やテレビのサントラも数多く手掛け、『戦場でワルツを』(2008年)がヨーロッパ映画賞作曲賞、『メアリーとエリザベス ふたりの女王』(2018年)がハリウッド音楽メディア賞作曲賞を受賞したほか『アド・アストラ』(2019年)が、2021年度に開催される予定の第63回グラミー賞最優秀スコア・サウンドトラック賞にノミネート、加えて、大ヒットSF 映画『メッセージ』(17)のオープニング&エンディングでも彼のオリジナルスコア「オン・ザ・ネイチャー・オブ・デイライト」が使用され日本でもiTunesクラシック・チャート1位を獲得するなど、いま、映画音楽の世界においてもっとも重要なアーティストの1人ともいわれる人物。

劇中ではそんなリヒターと彼の公私に渡るパートナーであり、本コンサートも一緒に作り上げてきたマールへのインタビューや、15年間にわたって彼女が撮りためていたリヒターの創作の様子を捉えたプライベート映像、そして、彼が作曲家として成功するまでの苦難の道のりやマールとの強い絆も明らかにされていく。

映画情報どっとこむ ralph 監督はボノやサム・スミスなど様々なミュージシャンとコラボレートしてきたナタリー・ジョーンズ。その繊細な演出と美しい映像で「SLEEP」の魅力を浮かび上がらせる。

仕事に追われ、誰もが生き急いでいるような現代社会。
そんな中、睡眠と芸術を題材に、人間にとって本当に必要なものは何かを考えさせてくれ、同時に、劇場の観客も観賞後は実際にコンサート【SLEEP】に参加したかのように最高級の“眠り”と“目覚め”の体験を感じられる珠玉のドキュメンタリーとなっております。

「SLEEP」

2021年3月26日(金) 新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開

なお、今年、リヒターは「SLEEP」と並行する形で作曲していた「ヴォイシズ」を発表。
1948年に第3回国際連合総会で採択された、すべての人民とすべての国が達成すべき基本的人権についての宣言である“世界人権宣言”を朗読テキストに用いたオーケストラと合唱のために作られた大作であり、朗読にはドイツの女優ニーナ・ホス(『男と女、モントーク岬で』『東ベルリンから来た女』)やイランの女優ゴルシフテ・ファラハニ(『タイラー・レイクー命の奪還』『パターソン』『彼女が消えた浜辺』)らも参加、日本版は9月に発売され、大きな話題となっているほか、世界人権デーでもある12月10日(木)BBCラジオをはじめ世界各地35局にて放送されることが決まっている。

***********************************

監督:ナタリー・ジョンズ
製作:ステファン・デメトリウ、ジュリー・ヤコベク、ウアリド・ムアネス、ユリア・マール
撮影:エリーシャ・クリスチャン
出演:マックス・リヒター、ユリア・マール、(ソプラノ)グレース・デイヴィッドソン、
(チェロ)エミリー・ブラウサ、クラリス・ジェンセン、(ヴィオラ)イザベル・ヘイゲン、
(ヴァイオリン)ベン・ラッセル、アンドリュー・トール/2019年
/イギリス/英語/99分/シネスコサイズ/原題:Max Richter’s Sleep/
映倫:G 配給:アット エンタテインメント 
(C)2018 Deutsche Grammophon GmbH, Berlin All Rights Reserved 
【公式HP】max-sleep.com
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ