映画情報どっとこむ ralph ヴェネツィア国際映画祭で2冠、各国の映画祭で数多くのグランプリを獲得!

気鋭の日本人監督により、世界中を魅了した盲目のギター弾きの老人と孤児のストーリートチルドレンの女の子の物語。『ブランカとギター弾き』がシネスイッチ銀座ほかにて7月29日(土)より全国順次ロードショーとなります。

一人では生きられない、誰とどう生きていくのが幸せなのか。
じっとり絡みつく暖色系の空気感。行き場のない焦燥感・・・なのにジメジメしない。
日本人監督が撮ったとは思えない作品。

今回、この作品をヴェネツィア(伊)国際映画祭の出資で創られた長谷井宏紀(ハセイコウキ)監督にインタビューをする機会をいただきましたのでご紹介。

映画情報どっとこむ ralph 長谷井宏紀監督は、俳優さん?と見まがうほどのイケメン。そしてアーティスティックな風貌ですが、とてもマイルドで気さくな感じで接していただきインタビューはスタート。

本作はヴェネツィア(伊)国際映画祭の出資で創られた作品。なぜ、イタリアや欧州、日本ではなくフィリピンを題材にしたのかを尋ねると

監督:何年か前にフィリピンのスモーキーマウンテンの子供たちと、ここで映画を撮るって約束をして。自分の中で、それを決めごとにしていたんです。今回も二人ほど当時の子に出てもらいました。

と、話す監督。地元の人を使うことに決めていたそうで、主役のサイデル・ガブデロさんを含め、ピーターさん他のキャスティングの仕方はとても斬新で。


監督:ひたすら2か月スラムのストリートを歩いて思い描くイメージの人を探しました。特にセバスチャンのキャラクターは脚本通りの子を探して歩きました。彼は今もスラムにいますよ。それから、ギター弾きのピーターは以前短編を撮った時に出ていただいていたので、すぐ見つかるだろうと思っていたのですが・・・。1か月ほど見つからなくて、実は離れた場所のバーで歌っていたんです。

と、リアリティーを持たせるために足を使ったことを明かし、さらに

監督:ブランカ役は、パリで脚本を書いているときに、プロデューサーが彼女がYOUTUBEで歌っているリンクを送ってきて。すぐにこの娘だと思いました。でも、マニラから遠い島の子だったんで一度断念したんですが・・・どうしてもあきらめられなくて、再度コンタクトしたらOKが出て。

と、奇跡的なタイミングで主演を確保できたそう。

映画情報どっとこむ ralph このキャスティング方法を行ったため、メインのキャラクターは役者ではないので、撮影は大変だったのでは?と尋ねると

監督:そう、皆役者ではないんです(笑)。なので、ワークショップを2週間ほどして、どんな役柄なのかをイメージしてもらいました。もともと、時間をかけて台本のキャラクターにあう人をブッキングしていたんで、撮影の苦労はなかったですね。もちろん脇を締めるため数名の本業の役者を起用しています。例えばバーのオーナとかね。コミュニケーションは、スタッフとは英語ですね。スラムの人たちは英語ダメなんで、カメラの大西君がタガログ語が話せるので彼に助けてもらいながら撮影していきました。

と、撮影時のコミュニケーションの話に。チームの輪を乱さないために、大西さんと決めごとをしていたことがあるそうで、

監督:彼とは日本語で話すのを禁止しました。監督と撮影監督が日本語でしゃべると、「あいつら何話してるんだって?」って気持ちになるじゃないですか。なるべくオープンにすることを心がけました。

と、異国の地での撮影をスムーズにする方法の一つを明かしてくれました。

映画情報どっとこむ ralph 悲惨な状況を描いているのに、どこか温かいものが流れる本作、日本人が監督と聞かなければわからない世界感を醸し出している作品だと記者の感想を述べると、

監督:映画はクルーとキャスト・・・皆の力で撮っているから。しかも、今回はイタリア、フィリピン、韓国、日本・・・・いろんな国の人たちの魂(ソウル)が企画から完成まで入ってるからかもしれませんね。

と話します。劇中でブランカが歌う歌の詩を作詞している点に話題が及ぶと


監督:そうなんです。日本語で詩を書いて、英語の歌詞にしてもらって、タガログ語に変えて、それをさらに字幕では日本語に直してるんですね。面白い感覚でしたね。日本語字幕付けの作業も楽しみました。結局・・・伝えたいんです。音楽も詩も、歌詞とシーンとつながって・・そこは大切にしたかったんです。

と、映画で「伝える」ことに力を注ぐこだわりをみせる監督。主人公の女の子の名前がブランカ(白)、印象に残るドレスがオレンジ色。この映画で色へのこだわりはあるのですか?と尋ねると、

監督:色そのものというより、ピーターの言葉にもありますが、色は感じるもの、太陽の色・・オレンジという連想。盲目の方たちの色の感じ方が詩的なんですよ。だから温かい心でいようとするブランカの目を通して、感じてもらえればと思います。

と、そこにも「伝える」ことへの気持ちが感じられました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

監督:まずは、劇場に来て観ていただきたいんです。良い気分で帰れるように作った作品です。

と、インタビューを締められました。
長谷井監督は、今後もルーマニア他、企画は沢山あるそうです!もちろん日本でも撮りたいと。

次回作も期待ですが、まずは・・・

ブランカとギター弾き

劇場に足をお運び頂ければ。
シネスイッチ銀座ほかにて7月29日(土)より全国順次ロードショーです。

“お母さんをお金で買う”ことを思いついた孤児の少女ブランカは、ある日、盲目のギター弾きピーターと出会う。ブランカはピーターから、得意な歌でお金を稼ぐことを教わり、二人はレストランで歌う仕事を得る。ブランカの計画は順調に運ぶように見えたが、一方で、彼女の身には思いもよらぬ危険が迫っていた…。

HP:
transformer.co.jp/m/blanka/

Twitter:
@blanka_jp

YouTube再生一千万回越え!サイデル・ガブテロ初来日
『ブランカとギター弾き』主演

http://eigajoho.com/?p=76859

***********************************

監督・脚本:長谷井宏紀
製作:フラミニオ・ザドラ(ファティ・アキン監督『ソウル・キッチン』)
制作:アヴァ・ヤップ
撮影:大西健之
音楽:アスカ・マツミヤ(スパイク・ジョーンズ監督短編『アイム・ヒア』)、フランシス・デヴェラ

キャスト:サイデル・ガブテロ / ピーター・ミラリ / ジョマル・ビスヨ / レイモンド・カマチョ

2015年 /イタリア/ タガログ語 / 77分 / カラー / 5.1ch / DCP /
日本語字幕:ブレインウッズ/

ⓒ2015-ALL Rights Reserved Dorje Film
    

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ