映画情報どっとこむ ralph 『最強のふたり』の製作陣が初のアニメ映画に挑み、『カンフー・パンダ』『マダガスカル』などの名作アニメーションを世に出してきたアニメーター、パリ・オペラ座の芸術監督が集結し、花の都パリを舞台にバレリーナになることを夢見る少女の物語を描いた『フェリシーと夢のトウシューズ』が8月12日(土)より全国公開となります。

今回、日本語吹替版で主人公フェリシーを演じている土屋太鳳さんの公開アフレコが行われました。土屋さんはTVアニメ「僕だけがいない街」で主人公の少年期を演じた土屋ですがこの度、洋画アニメーション映画に初挑戦し、国籍も年齢も異なる新境地に挑んでいます。

映画『フェリシーと夢のトウシューズ』バレエ体操イベント
日時:6月29日(木)
登壇:土屋太鳳

映画情報どっとこむ ralph 本国フランスで大ヒットした本作は、自分の限界に挑戦し、何度でも立ち上がる前向きな主人公の姿に、夢を忘れかけた大人も、夢を追いかけている真っ最中の子どもたちも、観れば心が躍り出す、感動のエンターテイメント。

緊張の面持ちでスタートした3種類のシーンのアフレコを行う土屋さん。

本番では声はもちろん、手ぶりや動き、息使いも見事なアフレコ。

映画情報どっとこむ ralph アフレコを終えて会見に。本作を観たときの感想を

土屋さん:アニメならではのファンタジー感もありながら物語も素敵。夢を追いかけている人たちに、より共感いただける作品だと思います。ヨーロッパの風景もキラキラしていて素敵でした。

洋画のアテレコは初めて

土屋さん:海外のアニメーションは独特な空気感・リズム感があるので難しかったのですが、必死に追いかけました。現場では監督さんたちが的確に指示して下さったので乗り切れました。楽しかったですね。表情や声もストーリーが進むにつれて大人へ変わっていくところも、声で表現できればと演じました。

フェリシーの魅力と土屋さんとの共通点は?

土屋さん:フェリシーのまっすぐなところが、魅力ですね。似ているところは・・・フェリシーが夢に向かう年と私がお芝居の道に進んだのがほとんど一緒なところですね。思春期の揺れ動きもわかるーって思いました。

最後に・・・夢を追いかけることは生きることにつながります。夢を見失うのは自分を見失うより厳しいかもしれないことなど、厳しさも魅力も両方描いています。夢を追いかけている人、夢を見失いかけている人。是非観ていただきたいなと思います。


フェリシーと夢のトウシューズ

が8月12日(土)より全国公開です。

物語・・・
19世紀末のフランス、ブルターニュ地方の施設で暮らすフェリシーは、バレリーナになることを夢見る、踊ることが大好きな少女。ある日、偉大な発明家を志して いる親友のヴィクターに誘われ、エッフェル塔が建設中の憧れの街パリを目指して施設を抜け出すことに…。やっとの想いで辿り着いたパリで、フェリシーはヴィクターとはぐれてしまう が、偶然にも夢にまでみたオペラ座を見つける。そこには、美しく踊るエトワールの姿があった…。元バレリーナで、今はオペラ座の掃除婦のオデットとの出逢い、お金持ちの一人娘カ ミーユや数々のライバルたちの熾烈な競争。まだ、バレエを習ったことさえないフェリシーは、情熱と勇気だけを胸に、夢の舞台に立つことができるのか!?

***********************************

声の出演:エル・ファニング、デイン・デハーン、カーリー・レイ・ジェプセンほか

日本語吹替え:土屋太鳳、黒木瞳、夏木マリ、熊川哲也ほか
監督:エリック・サマー、エリック・ワリン
脚本:キャロル・ノーブル、エリック・サマー、ローラン・ゼトゥンヌ
振付:オレリ―・デュポン、ジェレミー・ベランガール 2016/フランス・カナダ/シネスコ/89 分/5.1ch/英語/原題:BALLERINA 日本語字幕:稲田嵯裕里
配給:キノフィルムズ
© 2016 MITICO – GAUMONT – M6 FILMS – PCF BALLERINA LE FILM INC.
   

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ