映画情報どっとこむ ralph 今年の9月2日より神保町シアターにて、「女優 倍賞千恵子」特集上映の開催が決定しました!

倍賞千恵子は国民的大人気シリーズ映画「男はつらいよ」(69~95)の寅さんの 妹、兄を優しく見守り支えるさくら役を演じ、人気を不動のものに。長年、松竹の専 属女優として150本以上の映画に出演してきました。本特集上映では、倍賞 千恵子にスクリーンで出会えて良かったと思える、厳選された珠玉の17作品を上映します。

特集上映開催にあたって倍賞千恵子さんコメント:

私のデビュー当時からの作品170本の中から17本が、この映画を愛する人達の為の映画館、神保町シアターで上映される事、大変光栄に思っております。私も皆さんと一緒に、自分の映画人生振り返ってみ たいと思っています。是非ご来場くださいませ。

映画情報どっとこむ ralph ポスタービジュアルで使用している写真は、篠田正浩監督作品『私たちの結婚』 (62)。「私は、私らしく」をキャッチコピーに、時代を超えても色褪せない倍賞千 恵子の魅力的な微笑みと、キュートでノスタルジックさのある素敵なデザインに仕上がっています。

映画情報どっとこむ ralph このたび初解禁となる上映ラインナップは、松竹歌劇団(SKD)在籍時に中村登 監督に見いだされ、20歳のときにスクリーンデビューを飾った『斑女』(61)を始め、大 胆な衣裳で華麗に踊るダンサー『踊りたい夜』(63/井上梅次監督)や、復讐に燃え る冷徹な女『霧の旗』(65/山田洋次監督)、車掌に夢中な美人芸者『喜劇 逆転 旅行』(69/瀬川昌治監督)など。倍賞千恵子が演じてきた多岐に渡る役柄の中に は、いつも芯の強さや普遍的な等身大の女性像が光ってみえます。

厳選された珠玉の17作品はこちらです。

【倍賞千恵子デビュー作】 『斑女(はんにょ)』1961年/87分(カラー)

【渥美清との初共演作】 『水溜り』1961年/88分(モノクロ)

【倍賞千恵子さんセレクト作品】 『酔っ払い天国』1961年/93分(モノクロ)

【倍賞千恵子さんセレクト作品】 『雲がちぎれる時』1961年/93分(モノクロ)

【倍賞千恵子さんセレクト作品】 『あいつばかりが何故もてる』1962年/84分(モノクロ)

【松竹ヌーヴェルヴァーグ作品】 『私たちの結婚』1962年/67分(モノクロ)

【倍賞千恵子が大胆な衣装で華麗に踊る!】 『踊りたい夜』1961年/98分(モノクロ)

【倍賞千恵子初主演作・歌手デビュー作】 『下町の太陽』1963年/86分(モノクロ)

【盲目のヒロインを熱演】 『二十一歳の父』1964年/96分(モノクロ)

【庶民派のイメージを一新】 『霧の旗』1965年/111分(モノクロ)

【明治の大阪を舞台にしたドラマ】 『横堀川』1966年/100分(カラー)

【公開50周年】 『愛の讃歌』1967年/94分(カラー)

【喜劇・旅行シリーズ第3弾】 『喜劇・逆転旅行』1969年/92分(カラー)

【記念すべき『男はつらいよ』第一作目】 『男はつらいよ』1969年/91分(カラー)

【日本アカデミー最優秀主演女優賞作品】 『遙かなる山の呼び声』1980年/124分(カラー)

【倍賞姉妹共演作!】 『離婚しない女』1986年/88分(カラー)

【山田洋次監督×倍賞千恵子最新作】 『小さいおうち』2014年/124分(カラー)

映画情報どっとこむ ralph 今年の3月には、柴又にある「フーテンの寅像」の隣に、倍賞自身が「私の分身がいるみたい」と感激の言葉をもらした「見送るさくら像」が完成しました。

今月15日には、これまでの女優人生を振り返る「倍賞千恵子の現場」(PHP研究所)が発売予定。

そして、9月からは本特集上映と様々な分野で倍賞千恵子の魅力に触れられ る1年となっております。また、神保町シアター以外でも横浜シネマリン(11月)、 シネ・ヌーヴォ(今秋)、シネマスコーレ(時期未定)と全国の劇場で上映が決まっています。

©1986 松竹株式会社

***********************************

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ