映画情報どっとこむ ralph 「コップのフチ子」の原案者であり、異才のマンガ家タナカカツキの名作「逆光の頃」が高杉真宙主演で映画化され、7月8日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開となりました。その初日舞台挨拶が高杉真宙、葵わかな、金子大地、小林啓一監督が、京都を舞台にした映画にちなみ浴衣で登壇!

風鈴の音と浴衣姿…。日本の夏!な舞台挨拶が行われました!

場所:新宿シネマカリテ
日程:2017年7月8日(土)
登壇:高杉真宙、葵わかな、清水尋也、金子大地、小林啓一監督

映画情報どっとこむ ralph
高杉さん:今日は浴衣姿で来ました。映画の余韻と夏を感じていただければと思います。

全京都ロケの本作。
葵さん:京都っぽい雰囲気で行ければと思います。

清水さん:無事初日を迎えられて本当にうれしいです。

金子さん:・・・本日はよろしくお願いします。

監督:浴衣・・・ちょっと恥ずかしいんです。

と、この並びだと一人三遊亭・・・感が。

映画情報どっとこむ ralph 京都での撮影時の思い出を聞かれ

高杉さん:観光地廻ったり、結構、路地裏散歩して楽しんでいました。京都の趣を感じてました。清水君とはあちこち・・

清水さん:映画見たり、ショッピングしたり。。それより今清水君て言われてショックです。

通常では尋也と呼ばれているので寂しかったそう。仲良ささが感じられます。
葵さんは撮影時に本厄だったそうで

葵さん:時間を利用して八坂神社で厄払いをしました!

金子さんはインドア派らしく

金子さん:僕はホテルのWiFiでYOU TUBE。後は散歩。

撮影の想いでは

高杉さん:クランクインからアップまで2年あったので、公開は嬉しいですね。京都の町を楽しんで、青春した感じが映画から伝わって、青春の御裾分け出来たらなと思っています。

葵さん:夜の学校に入るのは新鮮でした。夏らしくていいなと思いました。(高杉さん:暗くて怖かったんです。)

青春映画として・・・鴨川での撮影は・・

清水さん:寒いし足の裏は痛いし。橋の上から外国人がめっちゃ見てるし・・・最後にはお風呂入りました。真宙の裸みたし・・・しなやかでした。

エンドロールで金子さんと高杉さんはアクション監督に名前が出ています。

金子さん:真宙君とのシーンで、二人でカメラに映るように考えたんです。

監督:ノープランだったので二人に任せて。なのでクレジットしました。

監督は原作マンガのファン、実写化するにあたり

監督:漫画の雰囲気を崩さない絵作りを心がけました。

映画情報どっとこむ ralph 昨日が七夕。願い事は・・

高杉さん:漫画が好きなので、おうちが漫画喫茶みたいになったらいいなと!

葵さん:浴衣を着てお祭りに行けますように!いろいろ食べたいので帯は緩めで。

清水さん:僕は「逆光の頃」が大ヒットすればと!(高杉さん:僕も願ってるって!)

金子さん:今回のような素敵な役がまたもらえますように!

監督:感無量です!

最後に・・

高杉さん:熱いメンバーで作りました!楽しく撮影をさせていただいて、こうして舞台挨拶ができて嬉しく思っています。沢山の方に観ていただきたいと思っています。

と締めました。

映画情報どっとこむ ralph 京都生まれ、京都育ちの 17 歳、赤田孝豊。

高校 2 年生である彼は、思春期ならではの同級生との別れ や喧嘩、そして幼馴染の少女との初恋を経験する。日常と非日常、夢と現実―古都・京都の街並みを背 景に、双方の世界を行き来する一人の少年
のゆらめきときらめきが、鮮やかに紡ぎ出されていく。

日常と非日常、夢と現実。

双方の世界を行き来する少年のゆらめきときらめきが、京都の街を背景 に鮮やかに紡ぎだされており、

その叙情性が高く評価された名作コミック「逆光の頃」。
その中から、「僕は歪んだ瓦の上で」「銀河系星電気」「金の糸」の3編とオリジナル部分を映像化しています。

異例ともいえる長期に渡るオール京都ロケを敢行し、花街の祇園、鴨川を渡る四条大橋、五山送り火(大文字)といった、おなじみの風景のほか、なかなか許可が下りない寺院やライヴハウス、路地裏など、初めて見るリアルな京都も切り取っている作品です。

逆光の頃

7 月 8 日(土)、新宿シネマカリテほか全国順次公開

公式サイト:
gyakko.com

***********************************

原作/タナカカツキ「逆光の頃」(講談社「モーニング KC」所載)

出演: 高杉真宙 葵わかな 清水尋也 金子大地 田中壮太郎 佐津川愛美
監督・脚本:小林啓一「ももいろそらを」「ぼんとリンちゃん」
原作:タナカカツキ「逆光の頃」(講談社「モーニング KC」所載)
2016/カラー/ビスタ/ステレオ/上映時間:67分
配給:SPOTTED PRODUCTIONS
(C)タナカカツキ/講談社・2017 東映ビデオ/マイケルギオン

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ