映画情報どっとこむ ralph 8/4公開の、出演:織田梨沙(「秘密 THE TOP SECRET」ヒロイン)、満島真之介、ブランドン・マクレランド、三浦貴大、吉岡里帆、寺島しのぶ、渡辺真起子、石橋蓮司、緑魔子、主題曲:坂本龍一の日豪合作『STAR SAND -星砂物語-』の原作・脚本・監督のロジャー・パルバースが、本日、「戦争映画の読解力(リテラシー) 勧善懲悪の矛盾を超えて」というタイトルのイベント講演を目白大学で行いました。

ちょうど50年前、ベトナム戦争徴兵前に、人を殺すことを拒否して、アメリカを去ったパルバース監督が、

「”国に戦争に行けと言われても行かない。人を殺せと言われても殺さない”という勇気を知ってもらいたい」

と作った本作を制作する前に考えた「真の反戦映画とは何か?」について、ご自身の経験も踏まえ、語りました。。

日付:7月6日
場所:目白大学
講師:ロジャー・パルバース監督

映画情報どっとこむ ralph
50年代のアメリカの戦争映画は、『アメリカは神様。日本やドイツの暴力は悪で、こちらの暴力は避けて通れない』という映画ばかりだった。僕は二十歳の時、ソビエトに行った。当時のソビエトは、共産主義で、“アメリカに原爆を落とすかもしれない敵”だった。今の日本にとっての北朝鮮のようなものです。でも僕がソビエトで会った人たちは、いい人ばかりでびっくりした。その時、人間はどこに行っても同じだとわかった。皆自分の家族の幸せを望んでいる。

オーストラリアで会った韓国人の一人が、日本の3.11の被災者が子供を亡くしても泣いていないのを見て、『日本人は人間じゃないですね』と言った。韓国人と違って、日本人は人前で感情を出さない。皆、固定観念というものがあるから誤解が生じる。

『なぜ戦争するのか?』と考えても、その状況に置かれなければ、自分がどうするかわからない。

僕が助監督を務めた『戦場のメリークリスマス』の大島渚監督がおっしゃっていたのは、「敵国を(自国と)平等に描かない映画は、いくら平和を願って作っていたとしても、反戦映画ではない。むしろ、戦争を賛美する映画である。」『勝ってよかった!』はダメ。勝っても負けても、同じ。“戦争をやらないこと”自体が反戦映画。戦争を描こうとする映画は、反戦映画ではないのかもしれない、ということになるんです。

『戦争はいけない』など言いたいことがあるのならば、最後の最後まで頑張らなくてはいけない。僕は72歳になって、初めて映画を監督できた。

英語には、「moral compass(道徳的羅針盤)」という素晴らしい言葉があります。権威のある総理大臣、大統領、神父、お坊さん、学校の先生に『こうすべきだ』と言われたり、皆に『そうすべきだ』と言われた時も、自分の羅針盤の針にしたがって行動して下さい。

映画情報どっとこむ ralph “戦闘シーンがない”戦争映画『STAR SAND -星砂物語-』、監督の経験を基にした考えを感じていただければ

公式サイ ト : www.star-sand.com

あらすじ:
1945 年の沖縄。戦火から遠く離れた小島に渡り暮らし始めた 16 歳の少女・洋海(ひろみ) は、洞窟で日本軍とアメリカ軍からの脱走兵、隆康とボブに出会う。隆康とボブ、そして彼らの世話を焼く洋海の間には、不思議な関係が築かれてゆく。
ある日、戦いで脚を負傷し、除隊を余儀なくされた隆康の兄・一(はじめ)が、養生のために洞窟にやって来るが、それは悲劇の幕開けだった──
2016 年、東京。大学生の志保は、卒業論文のために教授から一冊の日記を手渡される。それは、戦時中に沖縄の小島で暮らしていた少女のものだった。志保は日記を読み、そこに封印されていた過去の出来事にわれ知らず迫ってゆく……。

***********************************

出演:織田梨沙 満島真之介 ブランドン・マクレランド 三浦貴大 / 吉岡里帆
寺島しのぶ / 渡辺真起子 石橋蓮司 緑魔子

監督・脚本: ロジャー・パルバース  
原作:ロジャー・パルバース『星砂物語』講談社刊
主題曲:坂本龍一

エグゼクティブ・プロデューサー:前田紘孝、大川勝
プロデューサー:小西順子、吉岡裕美
後援:オーストラリア大使館 製作:Hara Office/Soul Age
配給:The STAR SAND Team

2017 年 / 日本=オーストラリア / 日本語・英語 / 110 分 / カラー / アメリカンビスタ / 5.1ch
© 2017 The STAR SAND Team

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ