映画情報どっとこむ ralph テレビアニメの初回放送から20年目を迎えた「ポケットモンスター」。そして、シリーズ累計動員7400万人突破!大ヒットを記録し続け、今年で20作目となる「劇場版ポケットモンスター」。この記念すべき超大作「劇場版ポケットモンスターキミにきめた!」が、いよいよ7月15日(土)から公開となります。


20年前に放送されたアニメ初回のラストで、サトシとピカチュウが目にした伝説のポケモン・ホウオウ。「いつか一緒に、あいつに会いに行こうぜ!」とふたりが誓った約束の続きが描かれる完全オリジナルストーリー。「世界一のポケモンマスター」を目指すサトシがピカチュウと初めて出会い、ホウオウに会うための旅の中で、互いにパートナーと認め、堅い絆で結ばれていく成長物語。ハラハラドキドキの冒険はもちろん、サトシとピカチュウ、ひいては人間とポケモンの深い関係を描いた本作は、涙なしでは観られない感動作となっております。

そしてこのたび映画公開を記念して、「ポケモン映画」と動画コミュニケーションアプリ「SNOW」とのコラボスタンプが登場しました!本日リリースされたスタンプは、サトシの帽子をかぶったピカチュウと一緒に撮影できるスタンプと、ユーザー自身がピカチュウやニャースに変身できるスタンプです。これらのスタンプは、ユーザーが口を開ける動きにあわせて特別なアクションが見られます。さらに第2弾として7/7(金)※予定 には、ユーザーがサトシになりきって映画の1シーンを再現できるスタンプも登場します。これらのスタンプは期間限定、8/31(木)までの予定です。

映画公開に先がけて、ポケモンの世界にドップリひたれるSNOWコラボスタンプ。今年のポケモン映画の更なる盛り上がりにご期待ください!!
アプリ「SNOW」ダウンロード

映画情報どっとこむ ralph ◆ストーリー

全てのポケモンファンへ――、これはふたりの「出会い」と「約束」の物語。

マサラタウンに住む少年サトシは、ポケモントレーナーになる資格を得ることができる、10歳の誕生日の朝を迎えていた。まだ見ぬポケモン、まだ見ぬ世界への憧れを胸に、オーキド研究所で仲間となるポケモンをもらうはずが、大寝坊をしてしまったサトシに残されていたのは、人間に懐こうとしない、残りのポケモンのピカチュウだった。「キミはオレが嫌い?オレはキミが好きだよ!」ぶつかり合いながらも、少しずつ友情を深めていくふたりだったが、旅立ちの日に空を飛んでいた伝説のポケモン・ホウオウを見上げ、虹色の羽根を手にサトシとピカチュウは誓ったのだった。「いつか一緒に、あいつに会いに行こうぜ!」こうして世界一のポケモンマスターになるため、旅を始めたサトシとピカチュウは、途中でトレーナーのマコトとソウジに出会い、ホウオウに関する言い伝えを聞かされる。「虹色の羽根に導かれ、ホウオウに会う者、虹の勇者とならん。」いつの間にかサトシの影に潜んでいた、謎のポケモン・マーシャドーに導かれるようにして、ホウオウが住むテンセイ山を目指すサトシたちだったが、そこに強敵が現れる。ふたりはホウオウにたどり着くことができるのか!?旅立ちの日に誓った約束を果たすため、今、ふたりが「本当のパートナー」になるまでの冒険が始まる!

7月15日(土)全国東宝系ロードショー

***********************************

特別出演:本郷奏多 佐藤栞里 山寺宏一 中川翔子 古田新太
サトシ:松本梨香 ピカチュウ:大谷育江 ムサシ:林原めぐみ コジロウ:三木眞一郎 ニャース:犬山イヌコ ナレーション:石塚運昇

原案:田尻 智 監督:湯山邦彦
エグゼクティブプロデューサー:岡本順哉 宮原俊雄

プロデューサー:下平聡士 松山 進 知久 敦 片上秀長
脚本:米村正二
アニメーションプロデューサー:加藤浩幸
キャラクターデザイン:一石小百合 松原徳弘
総作画監督:一石小百合
音響監督:三間雅文 音楽:宮崎慎二
製作:ピカチュウプロジェクト 配給:東宝
2017年7月15日(土)全国ロードショー

©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon ©2017 ピカチュウプロジェクト

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ