映画情報どっとこむ ralph 今年5月27日(土)より新宿シネマカリテ他全国順次絶賛公開中の「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」(台湾名:雖然媽媽說我不可以嫁去日本。)が、6月16日(金)から台湾で公開され、好調な滑り出しをきっています。

台湾全土26館で公開した1週目の週末6月16日(金)~18日(日)の3日間で、353万台湾ドル(約1千300万円)の興行を記録、台北市内のこの週末の興行ランキングで、アジア映画としては1位、総合ランクでは6位となりました。

2012年に日本映画として台湾の興行ランキング1位を獲得した「テルマエ・ロマエ」は公開一週目の初日から3日間で約600万台湾ドルを記録しており、「ママダメ」もこの異例のヒットに迫る人気を台湾で得ているそうです。

日本での今後の劇場公開スケジュール 公開中 (東京)新宿シネマカリテ、(福岡)ユナイテッド・シネマ キャナルシティ 13
7月1日~ (愛知)伏見ミリオン座、(兵庫)塚口サンサン劇場
7月8日~ (宮城)チネ・ラヴィータ

映画情報どっとこむ ralph 恋に臆病になっている全ての人に必見の同作。

『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』

その恋はFacebookから始まった。
台湾に住む元気いっぱいの女の子リン。日本のドラマやアニメが大好きで、通っている大学でも日本語を専攻するくらいの立派なジャパオタ。日本を襲った震災の話 で世界が揺れているとき、リンのFacebookに一通のメッセージが届いた。日本人青年からのメッセージだった。彼の名前は「モギ」。 モギは震災で復興支援に協力的な台湾の国民性や親日感情を知り、興味を抱き、まだ見ぬリンにメッセージを送ったのだった。友達申請を承諾したリンは、茂木と の Faebook でのやり取りが始まった。内容はたわいもない事や、日本の事、お互いの悩みや日々の出来事。そして迎えたゴールデンウィーク。台湾で初めて顔を合 わせる二人。その時間はあっと言う間だったが、二人の距離はより一層縮まり、その日を境に、たわいもなかったFacebook上でのチャットがリンとモギとのオンラインデートとなった。内容は相変わらずだったが、二人は幸せだった。お互いの気持ちはいつしか海を越えた。
本編18分特別上映中(2017/6/29現在):

***********************************

出演:簡嫚書(ジエン・マンシュー)、中野裕太、王彩樺(ワン・サイファー)、蛭子能収、林美秀(リン・メイシュー)、大谷主水、岡本孝、与座重理久

監督:谷内田 彰久
脚本:野村 伸一
音楽:常田 大希
原作:モギサン&モギ奥さん著『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』(新潮社)
共同配給:朝日新聞社/アティカス
2016年/日本/上映時間:94分/16:9/カラー/DCP5.1ch
©“Mamadame” production committee
    

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ