映画情報どっとこむ ralph 第65回ベルリン国際映画祭で監督賞となる銀熊賞を受賞し、ポーランドのアカデミー賞であるイーグル賞で主要4部門(作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞)を受賞した『BODY』(原題)が『君はひとりじゃない』の邦題で7月22日(土)よりシネマート新宿、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開となります!

本作はポーランドの俊英女性監督マウゴシュカ・シュモフスカが独創的に描く<再生>の物語。
今回場面写真が解禁に!

1枚目は検察官の父、ヤヌシュの仕事風景からのショット。最愛の妻を亡くし、人の死に対して何も感じなくなってしまったヤヌシュ。このシーンでも血の広がる悲惨な現場を淡々と顔色一つ変えずに見つめます。

映画情報どっとこむ ralph
2枚目は同じく最愛の母の死により心を閉ざしてしまった娘オルガが天才セラピスト・アンナのセラピーを受けているショット。痩せ細ってしまった彼女に施される施術とはどんな方法なのか?このシーンでは彼女の抱える父への怒りを涙ながらに吐露します。

続いて


3枚目はオルガの病院での食事シーンから。食事を前にしてぼーっと食べ物に興味を示さないオルガ。

ちょっと抜けた雰囲気を絶妙に醸し出しているのは新人女優ユスティナ・スワラ。彼女は監督にFacebookから見出されたシンデレラガール!これが初演技とは思えぬ表現に注目してください!

4枚目はちょっと変わっているアンナのセラピー風景から。陽気な音楽とともに自由に踊る患者達とアンナが楽しそうな心和むワンシーンです。


そして注目の5枚目。アンナには亡くなった人の伝えたいことがわかるという不思議な力が備わっているといいます。

一点を見つめたまま、紙に亡き人のメッセージを綴る彼女の力は心が離れてしまったヤヌシュとオルガにどう影響するのでしょうか?

そして最後の写真は、父と娘のすれ違いがヒシヒシと伝わる一枚。母の死に向き合えずにそれぞれに問題を抱えた2人にはどんなラストが待っているのか。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

母を病で亡くした娘とその父。娘は心をふさぎ、摂食障害に陥り日々やせていく。かたや、父親は検察官という立場もあり事故現場で見慣れた人の死に何も感じなくなっていた。

お互いに傷つけ合い、2人の間の溝は深くなっていくばかり。

娘の体を見かねた父親は娘をセラピストの元へ通わせるが、そこにいたセラピストは普通では考えられない方法でリハビリを行っていた。

果たして、最愛の人の死によって引き裂かれた人の絆は元に戻るのか

日本でも2015年の東京国際映画祭、そして2016年のポーランド映画祭で上映が行われ、その評価の高さから本公開が待望まれていた作品です。娘役のユスティナ・スワラは監督からFacebookで見出され、本作が演技、映画ともにデビューとなる。

君はひとりじゃない

7月22日(土)よりシネマート新宿、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開

***********************************

出演:ヤヌシュ・ガヨス、マヤ・オスタシェフスカ、ユスティナ・スワラほか
監督:マウゴシュカ・シュモフスカ
2015年/ポーランド/カラー/デジタル/ポーランド語/93分/原題:BODY/映倫区分:G指定
配給:シンカ 
提供:東宝東和 
宣伝:スキップ 
後援:ポーランド文化広報センター
(C)Nowhere sp. z o.o., KinoŚwiat sp. z o. o., D 35 S. A., Mazowiecki Fundusz Filmowy 2015 all rights reserved.
     
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ