映画情報どっとこむ ralph 昨日、世界に向けてキックオフイベントを行った7月29日公開の映画「東京喰種 トーキョーグール」を記念して、累計販売部数2,300万部を誇る漫画「東京喰種 トーキョーグール」の本格的コラボレーションカフェ「東京喰種CAFE」が登場!

池袋パルコにてより期間限定オープン中のカフェは、開催初日の5月27日(土)から毎日1000名以上のお客様が来場し、最長4時間待ち!と連日長蛇の列ができるほどの盛況っぷりを見せています。

そんな「東京喰種CAFÉ」の開催前日、5月26日(金)にマスコミ向け内覧会が行われ、なんと会場に亜門鋼太朗役の鈴木伸之さんが登場!実は急遽登壇が決まったにも関わらず当日は多数のマスコミが集まり、 大注目のなか鈴木によるカフェメニューの試食会が行われました。​

映画情報どっとこむ ralph 今回のコラボレーションカフェについて、

鈴木さん:メニューがすごく斬新で、『東京喰種 トーキョーグール』の世界観をご飯で描いていて楽しいですね!

と大興奮。

多数のカメラを前にして、自らが映画で演じる亜門鋼太朗をイメージした「亜門のかき揚げうどん」、主人公・カネキをイメージした「カネキの隻眼カレー」、亜門の上司・真戸呉緒をイメージした「呉緒の黒ごまバナナスムージー」を実食!!!

一口ごとに満面の笑みで「おいしい!」「うまいわー!」と感想を語り、「カネキの隻眼カレー」ではインパクト抜群の“目玉”部分も果敢に試食するなど、鈴木の豪快な食べっぷりにマスコミ陣も大盛り上がり!

映画情報どっとこむ ralph

また、 「カネキの隻眼カレー」は注文すると映画撮影で使用された「カネキのマスク」を試着し写真撮影をすることができるのですが、この日はマスクの実物もお披露目されました。

鈴木さんは、マスクを目の前にあらためてその精巧さに感動しつつも、

鈴木さん:(このマスクをつけたカネキに)噛まれるシーンがあって痛かった!

など撮影中のエピソードにも言及し、映画の壮絶なアクションシーンを窺わせた。試食したメニュー以外におすすめを聞かれると、鈴木さんは紙袋に包まれた謎のメニュー「本当にこれを食べるのか・・・?バーガー」をピックアップ。人の姿をしながらも人を喰らう「喰種(グール)」たちの食糧をイメージしたメニューについて、

鈴木さん:これを食べないと喰種は生きていけないから・・・。ぜひ家族連れやお友達と一緒に遊びに来てください!

​「東京喰種CAFÉ」は池袋パルコにて6月28日(水)まで期間限定営業中。さらに、「映画『東京喰種 トーキョーグール』の衣装展示」も同時開催中。

映画『東京喰種 トーキョーグール』は7月29日(土)全国公開です。​

公式サイト:
tokyoghoul.jp​

公式twitter:
@tkg_movie​

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
人の姿をしながらも人を喰らう怪人【喰種(グール)】。水とコーヒー以外で摂取できるのは「人体」のみという正体不明の怪物たちが、人間と同じように暮らしている街、東京。ごく普通のさえない大学生の金木研(カネキ)は、ある日、事故に遭い重傷を負ってしまう。病院に運び込まれたカネキは、事故の時一緒にいた喰種の女性・リゼの臓器を移植されたことで、半喰種となってしまう。自分が喰種化したことで苦悩するカネキは、以前から通い詰めていた喫茶店あんていくで働き始め、そこでアルバイトをしている女子高生・霧嶋董香(トーカ)と出会う。あんていくは喰種が集まる店で、トーカもまた喰種なのだった。トーカはぶっきらぼうな態度を取りつつもカネキを助ける存在となっていく。喰種たちのことを深く知ることで、カネキは大切な仲間や友人とどう向き合うか葛藤する。そんな中、喰種を駆逐しようとする人間側の捜査官・CCGとの熾烈な戦いに巻き込まれていくのだった…。​

***********************************

原作:石田スイ 「東京喰種 トーキョーグール」
集英社「週刊ヤングジャンプ」連載 ​
出演:窪田正孝 清水富美加 鈴木伸之 蒼井優 大泉洋 ​
監督:萩原健太郎​
脚本:楠野一郎​
配給:松竹​
©表記:©2017「東京喰種」製作委員会
​   
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ