映画情報どっとこむ ralph この度、3 月にブルーノート東京で 32 年ぶりの来日公演を果たしたのも記憶に新しい、目玉マスクがトレードマークのアーティスト集団「ザ・レジデンツ」の謎に迫るドキュメンタリー映画『めだ まろん/ザ・レジデンツ・ムービー』の予告編とメインビジュアルを解禁となりました。

また、公開日も東京はシアター・イメージフォーラムにて 7 月 1 日(土)より、大阪はシネ・リーブル梅田にて 7 月 8 日(土)に決定しました。

1966 年頃、アメリカ・ルイジアナ州で結成。’74 年にアルバム『ミート・ザ・レジデ ンツ』をリリースしてから現在に至るまで、40 年以上に渡り活動を続けながらも、いま だ実像が明かされていないアーティスト集団、ザ・レジデンツ。

『めだまろん/ザ・レジデ ンツ・ムービー』は、膨大なアーカイブ映像と、関係者へのインタビュー、そして活動 40 周年を記念したツアーの模様をとらえ、その謎に迫るドキュメンタリー映画だ。

映画情報どっとこむ ralph

この度、解禁された予告編には、始めに「その集団には性別はない/性格もない/彼ら には顔すらない」というザ・レジデンツのマニフェストとも言える言葉がひかれている。 続けて過去のニュース素材などの断片から、インタビューにも応じず、“めだま”を決し て脱ぐことなく世間を困惑させてきた様子が映し出されている。その正体を巡っては、 様々な憶測が飛び交い、ザ・ビートルズのジョージ・ハリスンがお面を被っているのでは ないか? あるいは U2 のボノやヴァン・ヘイレンなどの有名ミュージシャンがその正体なのでは、と噂された時期もあったというから驚きだ。

またザ・レジデンツは、その音楽性に加えて、ルーツはアートにあると語る証言もある。 実際に、彼らの映像作品の一部が、MoMA に収蔵され、芸術作品としても高く評価されているのがそれを裏付けてい る。加えて、ザ・レジデンツを熱狂的に愛している人々の姿、「ザ・シンプソンズ」の作者マット・グレイニング、プ ライマスやトーキング・ヘッズなどのバンド関係者等、一癖も二癖もある著名人がこぞってザ・レジデンツへの愛を語っている様子が映し出されています。

映画『めだまろん/ザ・レジデンツ・ムービー
原題:THEORY OF OBSCURITY A FILM ABOUT THE RESIDENTS

***********************************

監督:ドン・ハーディー
出演:マット・グレイニング(『ザ・シンプソンズ』原作者)、レス・クレイプール(プライマス)、ペン・ジ レット(コメディアン)、ジェリー・ハリスン(元トーキング・ヘッズ)、ゲイリー・パンター(漫画家)、ジェリー・キャサーレ(元 DEVO)、クリス・カトラー(元ヘンリー・カウ)、エリック・ドリュー・フェルドマン(元キャプテン・ビーフハート・アンド・ヒズ・ マジック・バンド)、ホーマー・フリン、ハーディー・フォックス、ジェイ・クレム、ジョン・ケネディ(クリプティック・コーポレーション)

2015 年|アメリカ|ステレオ|87 分|
提供:キングレコード、ダゲレオ出版、boid
配給:ダゲレオ出版
© 2015 Film Movement, LLC

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ