映画情報どっとこむ ralph いよいよ本日、『光をくれた人』が5月26日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他全国公開となりました!デレク・シアンフランス監督の手腕に脱帽!きっとあなたも涙して・・・劇場を出られるはずの本作。

灯台守の夫婦トムとイザベルには、マイケル・ファスベンダーとアリシア・ヴィキャンデル。
これまでの作品でも“演技”を越えたリアルを求めるシアンフランス監督は、本作でもわずかなキャストとスタッフだけで人里離れたロケ地で共同生活を行い、徹底的にリアリティを追求。この映画の撮影中に恋に落ちたファスベンダーとヴィキャンデルの、まさに演技を越えた演技は必見です。

また、夫婦が育てる子供の実の母親ハナには、レイチェル・ワイズが扮し、主演三人による演技の共鳴が映画をさらに忘れがたいものにしています。

映画情報どっとこむ ralph この度、アリシア・ヴィキャンデルとマイケル・ファスベンダーのインタビュー映像が到着。本作のワールドプレミアとなった2016年ベネチア国際映画祭に、2人で登壇した際に収録した貴重なインタビューです。
 
世界各国のメディアで非常に高い評価を受ける本作。二人がこの作品に惹かれた理由について聞かれると、アリシア・ヴィキャンデルは、

ヴィキャンデル:脚本を読んだ時、ものすごく心を揺さぶられたの。どの登場人物にも共感でき胸が張り裂けそうだった。ある選択をしたトムとイザベルはジレンマに陥ってしまうの。その選択が思わぬ結果を招いて、2人はつらい決断を強いられる。さらに自分たちについても考えさせられたわ。そして同時に(この作品は)赦しや現実的な問題も描いている。たとえ善人でも最善策を講じるとは限らないと、観客は自らの経験と照らし合わせて必ず何かしら共感できるはずよ。

と語っています。続けてマイケル・ファスベンダーは

ファスベンダー:古き良き物語だと感じた。こんな脚本とは滅多に出会えない。まるで違う時代の映画のように感じた。それが新鮮だったし、なにより大切だと思ったんだ。それぞれの登場人物が抱えてる問題はとてもリアルだし 共感できた。2人は流産を経験するが、それは多くの人が知ってる悲しみのはずだ。それについて話すことはタブー視されがちだが、いかに一般的な問題か一度、語り始めると見えてくる。それだけでも十分に魅力的だった。さらに(ハナの夫の)フランツは出身地を理由に迫害され、周囲の無知ゆえに攻撃され結果的に命を失ってしまう。それは今の難民問題にも共通している。彼が海上で死ぬというのも象徴的だ。さらに“赦し”という癒しの力もこの作品のテーマの1つだと思う。脚本を読んでいて強く心打たれた。ハナが夫フランツから学んだこととかね。でもシンプルなヒューマンドラマに何よりも惹かれたんだ。

と二人が本作の出演を決めた、運命的な決断の秘話を語りました。

映画情報どっとこむ ralph
トム、イザベル、ハナ、彼らを取り巻く家族たち、それぞれの幸福と痛みが、我がことのように胸を締めつける本作は、2016年ベネチア国際映画祭でプレミア上映され、各国マスコミが「涙なしに見られない」とした本年度最高の愛の物語です。

光をくれた人

公式サイト:
hikariwokuretahito.com
原題:THE LIGHT BETWEEN OCEANS

物語・・・
孤島に暮らす灯台守の夫婦。
深い絆で結ばれた2人は愛する我が子を失い、悲しみに暮れていた。
そこへ流れ着く小さな命。
誰かもわからぬその子を抱きしめたとき、彼らの運命が動き出す。
戦争の傷跡で心を閉ざし孤独だけを求め、オーストラリアの孤島で灯台守となったトム。しかし、美しく快活なイザベルが彼に再び生きる力を与えてくれた。彼らは結ばれ、孤島で幸福に暮らすが、度重なる流産はイザベルの心を傷つける。

ある日、島にボートが流れ着く。乗っていたのは見知らぬ男の死体と泣き叫ぶ女の子の赤ん坊。
赤ん坊を娘として育てたいと願うイザベル。それが過ちと知りつつ願いを受け入れるトム。

4年後、愛らしく育った娘と幸せの絶頂にいた二人は、偶然にも娘の生みの母親ハナと出遭ってしまう。

***********************************

監督:デレク・シアンフランス
(ブルー・バレンタイン、プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命)

原作:『海を照らす光』(M・L・ステッドマン/古屋美登里訳/早川書房)
出演:マイケル・ファスベンダー、アリシア・ヴィキャンデル、レイチェル・ワイズ

配給:ファントム・フィルム 
提供:ファントム・フィルム/KADOKAWA/朝日新聞社
2016/アメリカ・オーストラリア・ニュージーランド/133分/スコープサイズ/5.1ch【G区分】
(C)2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC  
   

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ