映画情報どっとこむ ralph 世界中に熱狂的ファンを持つ作家・村上春樹氏が、2013年に発表した短編小説「ドライブ・マイ・カー」。舞台俳優の主人公・家福(かふく)を苛み続ける、亡き妻との記憶——。

計り知れない喪失と仄かな希望を綴った珠玉の名作の映画化が、正式決定しました。

本作のメガホンをとるのは日本映画界・若手実力派No.1の呼び声高い濱口竜介。4人の女性の友情と心の機微を丁寧に描き上げた5時間を越える『ハッピーアワー』(16)は、ロカルノ、ナント、シンガポールをはじめ数々の国際映画祭で主要賞を受賞。2人の同じ顔をした男とその間で揺れ動く女性の歳月を描いた『寝ても覚めても』(18)は、商業映画デビュー作にして、第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式選出。さらに、今年のヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞を受賞した黒沢清監督作品『スパイの妻<劇場版>』では脚本を担当。その才能は脚本の分野でも遺憾なく発揮され、国際的にも高い評価を得てきました。

映画情報どっとこむ ralph 村上春樹氏の短編小説集「女のいない男たち」(文春文庫刊)に所収されている 「ドライブ・マイ・カー」。監督自ら映画化を熱望し、脚本も手掛ける本作は、常に新作が渇望されてきた濱口竜介、待望の最新長編作。

国内外で高い評価を受ける作家・村上春樹氏による原作と、気鋭・濱口竜介監督による奇跡のコラボレーション。観る者の心に残る新たなる傑作、ぜひご期待ください。

***********************************

原作:村上春樹 「ドライブ・マイ・カー」 (短編小説集「女のいない男たち」所収/文春文庫刊)
監督・脚本:濱口竜介(『ハッピーアワー』『寝ても覚めても』)
プロデューサー:山本晃久(『寝ても覚めても』『スパイの妻』)
製作:『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
配給:ビターズ・エンド
関連記事:



良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ