映画情報どっとこむ ralph 東宝株式会社とIMAX Corporation(本社:カナダ・トロント、CEO:リチャード・ゲルフォンド、以下IMAX)は、映画の配給・興行・プレミアムシアターというパートナーシップを軸に、今後さらにシナジーを生み出すことを目指し、東宝配給邦画5作品のIMAX版劇場同時公開に関する包括契約に合意しました。

本契約は、10月26日(月)時点で週末興行成績1位(全国興行収入107.5億円、内IMAX38スクリーン興行収入5.9億円)、大ヒット公開中の『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(10月16日(金)公開、配給:東宝・アニプレックス)と『STAND BY ME ドラえもん 2』(11月20日(金)公開)を含んでおり、ハリウッド映画スタジオを除き、複数作品包括契約としては、IMAX最多となります。

他未発表の3作品も、2021年にIMAX版同時公開に向け、順次発表される予定です。

東宝の代表取締役社長の島谷能成は、「2016年の『シン・ゴジラ』以来、信頼関係を深めてきたIMAXとのパートナーシップは、10月16日(金)に公開した『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』によって、更に強固なものになったと確信しています。『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』や『STAND BY ME ドラえもん 2』のように、邦画は日々進化し、IMAXシアターに相応しいクオリティを獲得するに至りました。この複数作品契約を通し、IMAXシアターでの感動を、また作品の新たな発見をお客様に提供できることを、大変喜ばしく思います。」と語っております。

映画情報どっとこむ ralph IMAXの最高経営責任者リチャード・ゲルフォンドは、「IMAXと東宝は、2014年に東宝グループにとって最初のIMAXシアターを導入して以来のパートナーです。そして、この複数作品包括契約を通し、東宝経営陣と長年に亘る関係を深めていけることを光栄に思います。日本市場は、現在ハリウッド作品が軒並み公開延期となる中でも、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』にみられるような大ヒット邦画作品によって力強い回復を見せており、IMAXにとっても成功した市場に成長しています。」と語っております。

東宝とIMAXは、2016年に『シン・ゴジラ』でIMAX興行収入約6億円となる大成功を収め、2019年の『天気の子』では、邦画作品IMAX興行収入過去最高の約7.6億円を記録。両者の強固なパートナーシップとこれらの成功があったからこそ、本契約合意が実現する運びとなりました。

また、 当社のグループ会社であるTOHOシネマズ株式会社が運営するTOHOシネマズ 新宿に同社初のIMAXシアターを2014年に導入して以来、同社は鑑賞者がまるで映画の中にいるようなリアルな臨場感を体感できるプレミアムシアターを提供し続けて来ました。そして、今年9月10日(木)には、同社にとって8スクリーン目、立川エリアでは初となるIMAXシアターを導入したTOHOシネマズ 立川立飛をオープンしました。

映画情報どっとこむ ralph ●『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』
(配給:東宝・アニプレックス)
「鬼滅の刃」は、「週刊少年ジャンプ」【集英社】にて連載中の吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)による、シリーズ累計発行部数1億部を突破した人気漫画。アニメーション制作はufotableが手掛け、ハイクオリティな“血風剣戟冒険譚”(けっぷうけんげきぼうけんたん)を描き上げます。2019年4月より放送を開始したアニメ『鬼滅の刃』。家族を鬼に殺された少年・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)が、鬼になった妹の禰豆子(ねずこ※1)を人間に戻すため、《鬼殺隊》へ入隊することから始まる本作は、人と鬼の切ない物語、鬼気迫る剣戟、そして時折描かれるコミカルなシーンも人気を博し、国内のみならず、全世界で大きな話題となりました。
そして、TVアニメ“竈門炭治郎 立志編”に続く物語“無限列車編”が、劇場アニメーションとして描かれた、現在、大ヒット上映中の『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』では、多くの人が行方不明になっている、闇を往く《無限列車》を舞台に、禰豆子を連れた炭治郎と我妻善逸(あがつま・ぜんいつ)、嘴平伊之助(はしびら・いのすけ)の一行は、鬼殺隊最強の剣士である《柱》のひとり、炎柱の煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう※2)と合流し、鬼と立ち向かっています。

【スタッフ】
原作:吾峠呼世晴(集英社ジャンプ コミックス刊)
監督:外崎春雄 
キャラクターデザイン・総作画監督:松島晃 
脚本制作:ufotable 
サブキャラクターデザイン:佐藤美幸・梶山庸子・菊池美花
プロップデザイン:小山将治 
コンセプトアート:衛藤功二・矢中勝・樺澤侑里 
撮影監督:寺尾優一 
3D監督:西脇一樹  
色彩設計:大前祐子 
編集:神野学 
音楽:梶浦由記・椎名豪 
主題歌:LiSA「炎」(SACRA MUSIC)
アニメーション制作:ufotable
配給:東宝・アニプレックス
©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

【キャスト】
竈門炭治郎(かまど・たんじろう):花江夏樹
竈門禰豆子(かまど・ねずこ)※1:鬼頭明里
我妻善逸(あがつま・ぜんいつ):下野紘
嘴平伊之助(はしびら・いのすけ):松岡禎丞
煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)※2:日野聡

魘夢(下弦の壱)(えんむ・かげんのいち):平川大輔

※1禰豆子の「禰」は「ネ+爾」が正しい表記となります。
※2煉獄杏寿郎の、“れん”の漢字は「煉」が正しい表記となります。

映画情報どっとこむ ralph ●『STAND BY ME ドラえもん2』
(配給:東宝)
2014年、日本中に感動の渦を巻き起こした『STAND BY ME ドラえもん』の続編。本作を手掛けるのは、前作に引き続き、監督:八木竜一×脚本・共同監督:山崎貴の名コンビ。そんな本作では、山崎貴が前作で描きたくても実現できなかった、原作の中でも名作として知られる「おばあちゃんのおもいで」(てんとう虫コミックス「ドラえもん」4巻【小学館】)をベースに、新たなオリジナル要素を加えて再構築した、全世代に響く感動的なストーリー。また、先日、主題歌アーティストが菅田将暉に決定したニュース、そしてIMAX版ポスタービジュアルが発表され話題になりました。

原作:藤子・F・不二雄
監督:八木竜一(『friends もののけ島のナキ』・『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』)
脚本・共同監督:山崎貴
(『ALWAYS三丁目の夕日』シリーズ・『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』・『ルパン三世 THE FIRST』)
キャスト:
ドラえもん:水田わさび のび太:大原めぐみ 
しずか:かかずゆみ ジャイアン:木村昴 スネ夫:関智一
のび太のおばあちゃん:宮本信子 大人のび太:妻夫木聡
主題歌:菅田将暉「虹」(Sony Music Labels Inc.)
制作:シンエイ動画、白組、ROBOT
制作協力:藤子プロ・阿部秀司事務所
配給:東宝
公開:11月20日(金)
製作:シンエイ動画、藤子プロ、小学館、テレビ朝日、ADKエモーションズ、小学館集英社プロダクション
東宝、電通、阿部秀司事務所、白組、ROBOT、朝日放送テレビ、名古屋テレビ、北海道テレビ
九州朝日放送、広島ホームテレビ、静岡朝日テレビ、東日本放送、新潟テレビ21
©Fujiko Pro/2020 STAND BY ME Doraemon 2 Film Partners 

***********************************

IMAX®, IMAX® Dome, IMAX® 3D, IMAX® 3D Dome, Experience It In IMAX®, The IMAX Experience®, An IMAX Experience®, An IMAX 3D Experience®, IMAX DMR®, DMR®, IMAX nXos® and Films to the Fullest®は、IMAX Corporationの商標です。
関連記事:



良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ