映画情報どっとこむ ralph この度、アメリカのロサンゼルスで開催される『JAPAN CONNECTS HOLLYWOOD 2020』にて、松本動監督の長編映画「星に語りて~StarrySky~」と、短編映画「公衆電話」が長編部門と短編部門の両部門にWノミネートの快挙と最優秀作品賞受賞しました。

2020年の映画祭は、10月30日(金)~11月1日(日)の3日間に渡り開催。
今年は新型コロナウイルスの影響で、オンラインでの開催が決定している。新型コロナウィルスが終息すれば、来年の秋にハリウッドのチャイニーズ・シアターにてレッドカーペットセレモニーを開催し、今回選出された作品を上映する事も予定しているそうです。

《JCH 映画祭公式ページ 》
https://www.japanconnectshollywood.com/

映画情報どっとこむ ralph 松本動監督からコメントが到着しています。

松本動 監督メッセージ
この度は数多くの応募作品の中から、私が監督を務めました「星に語りて~ Starry Sky ~」を最優秀作品賞に選出して下さり、心より感謝をしております。本当にありがとうございました。この喜びを、関係者みんなで分かち合いたいと思います。日本国内において、なかなか陽の当たらない所での上映活動が主となっている映画ではありますが、国外では先日開催された『 Japan Film Festival Los Angeles 2020 』 に続き、海外での映画祭参加が続いており、今後もこの勢いに乗って、この映画で描かれた東日本大震災における知られざる実情を、世界中の方々に知って頂ける機会が増える事を願っております。そして、私の短篇作品「公衆電話」も同時にノミネート作品に選出していただき、 1 作品でも嬉しい事ですが、まさか 2 作品も選んで頂けるなんて、驚きと共に大変光栄に思っております。短編の「公衆電話」については、国内外の映画祭への参加が50 ケ所を超え、これからも世界中の方々にお届け出来る様に尽力してゆく所存です。
COVID19 が蔓延る今、新しい映画祭が産声をあげた事は、映画を愛するすべての人にとって大変意義のある事ですし、その決断をされた映画祭関係者の皆様には、心より敬意を表したいと思います。素晴らしい第一回目の映画祭となりますよう『JAPAN CONNECTS HOLLYWOOD 』 のご発展を、心よりお祈り申し上げます。

映画情報どっとこむ ralph 短編部門 ノミネート

「公衆電話」
英題 PAY PHONE

物語・・・
ごくごく普通の、ごくごくありふれた父娘の、どこにでもありそうな、一夜の小さな物語。

スタッフ
撮影:池田直矢、録音:西岡正巳、音楽:鈴木光男、助監督:大滝朋
恵、ヘアメイク:清水美穂、衣裳:杉本京加、タイトルデザイン:東かほり、脚本・監督:松本動

キャスト
菅井玲、入江崇史、貴玖代

2018年/ FullHD /カラー/ステレオ 2ch /シネマスコープ 15 分 47 秒
Japan Film Festival Los Angeles 2020 /オフィシャルセレクション
Ⓒ 動 .MATSUMOTO

映画情報どっとこむ ralph 長編部門 ノミネート

「星に語りて~Starry Sky ~」
英題 Talking to the Starry Sky

2019年4月5日(金)アップリンク吉祥寺にて公開 当初一週間の上映予定が好評により三週間に延長されました。

公式HP
http://www.kyosaren.or.jp/ starrysky

きょうされん結成40周年記念映画
今作は、全国にある障害者就労施設をはじめ、グループホームや相談支援事業所など、障害のある人が生きていく上で関わる事業を対象に、障害のある人々の労働や権利の保障を目指し、活動を続けている団体 『 きょうされん 』の、結成 40 周年記念映画として製作され、全国各地で上映会が開催されています。

物語
岩手県陸前高田市の共同作業所『 あおぎり 』 は、津波の直接的な被害からは免れたが、仲間の一人を失い落胆する利用者たちを、女性所長が励ましながら、一日も早く障害のある人が日常を取り戻せる様に歩み始めていた。
そんな中、全国障害者ネットワークでは、日本各地のグループが連携して支援活動を始めようとした矢先、「障害者が消えた」という情報が入り、避難所を回っても障害のある人がほとんど居ないという不可思議な現実に直面する。
一方、福島県の南相馬市では、原発事故により避難を余儀なくされていたが、共同作業所 『 クロスロードハウス 』 の代表らは、避難出来ずに取り残された障害のある人たちを、放射能の危険と闘いながら支援を続けており、安否確認のための障害のある人の情報が必要だったが、個人情報保護を理由に開示されなかったのである。
法律により守られる人権は支援の障壁となり、一刻を争う人命救助との狭間で苦しむ支援員たちと、被災した障害のある人たちの知られざる実情とは 。
今作は、全国にある障害者就労施設をはじめ、グループホームや相談支援事業所など、障害のある人が生きていく上で関わる事業を対象に、障害のある人々の労働や権利の保障を目指し、活動を続けている団体 『 きょうされん 』の、結成 40 周年記念映画として製作され、全国各地で上映会が開催されています。

***********************************

製作統括:西村直
企画:藤井克徳
脚本:山本おさむ
音楽:小林洋平
制作プロダクション:ターゲット
製作:きょうされん
監督:松本動
脚本:山本おさむ
《ノベライズ本も出版 》
著者:ひろはたえりこ
原作:山本おさむ
監修:きょうされん
出版社:汐文社

Ⓒ きょうされん

関連記事:



良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ