映画情報どっとこむ ralph “映画を語る”配信番組「活弁シネマ倶楽部」に、『スパイの妻』で第77回ヴェネツィア国際映画祭において銀獅子賞(監督賞)を受賞した黒沢清監督が登場。これを祝して今回は、映画評論家・森直人、映画ライター・月永理絵という、お馴染みの番組MCふたりが聞き手を務める、“突撃取材”というかたちで実施された。
またこれは、「活弁シネマ倶楽部」2周年記念を祝した特別番組第1弾。

この『スパイの妻』の舞台は、太平洋戦争開戦間近の日本。すべての国民が、同じ方向を向くことを強いられていた時代だ。神戸で貿易会社を営む優作(高橋一生)が赴いた満州で、恐ろしい国家機密を偶然知り、正義のために事の顛末を世に知らしめようとする。満州から連れ帰った謎の女、油紙に包まれたノート、金庫に隠されたフィルム……妻である聡子(蒼井優)の知らぬところで別の顔を持ち始めた夫。それでも、優作への愛が聡子を突き動かしていく。
映画情報どっとこむ ralph 本作の脚本を手がけたのは、世界的にも評価された『ハッピアワー』(2015)の濱口竜介と野原位、そして黒沢監督自身だ。これにまず森は「近年は、東京藝術大学の教え子さん方とのコラボレーションが続いているなという印象です」と発言。すると黒沢監督は「どちらかというとこれまでは、僕が彼らを引き入れるかたちでした。ですが本当にみなさん偉くなられて……仕事をくれるようになりました。良い教え子を持ったなと……」と、しみじみと語っている。これは黒沢監督のもとで映画を学んだ者たちが、確実に業界の最前線に出てきている証でもある。「僕としても彼らとはやりやすいですし、彼らも彼らで、ある種の気安さがあるんでしょうね」と監督は続ける。

月永は、ほかの者が書いた脚本において、セリフの語尾まで手を加えるという黒沢監督のこだわりに言及。本作は歴史劇とあって、セリフが特徴的だ。これに黒沢監督は「今回も細かいところにこだわりましたね。僕自身の感覚で、この時代に適した言葉であるかどうかを検討し、ちょこちょこ手を入れました。これは今回にかぎらず僕の悪い癖なのですが、語尾だけでなく、脚本が“自分の文章”でないと、どうにもしっくりこないんです。ト書きの“てにをは”に関しても、もちろん内容はそのままですが、僕なりの文体に直してしまいますね」と答えている。さらに「『ごめんなさいね』と思いながら……読点の打ちどころも、自分の気に入ったところでないとダメなんです」と、脚本の文章に対するこだわりを明かしている。

蒼井優、高橋一生をはじめとする俳優陣の名演の数々も見どころの本作だが、月永は印象的なシーンとして、聡子の幼馴染でもある神戸憲兵分隊本部の分隊長・津森泰治(東出昌大)が、振り向きざまに聡子を激しくビンタするシーンを挙げている。黒沢作品としては珍しく、本作は暴力描写がほとんどない。だからこそこれが、鮮烈に脳裏に焼き付く瞬間だ。黒沢監督は、「これを聞いたら、おふたりとも喜ぶと思います。僕は迂闊にも『本当にやればいいんじゃないか』と思っていましたが、あのアクションは危険といえば危険で、どうなるか分からない。でも『危険じゃない範囲で』と言ってしまうと手加減が生まれることになる。なので彼らに委ねてしまいました……。裏で相当に練習されてましたね」と、俳優陣の大いなる協力があってこそ本作が生まれたのだと感じられることを語っている。

本作に対して森も月永も、「個性的な脚本の力がありながらも、やはり“黒沢清監督の映画だ”という印象を強く持った」と最終的に述べている。黒沢監督のリアルな言葉を聞くことができる、非常に貴重な収録回だ。

映画情報どっとこむ ralph ■活弁シネマ倶楽部■

活弁シネマ倶楽部 公式HP:
https://katsuben-cinema.com/
活弁シネマ倶楽部 公式ツイッター:
@katsuben_cinema
映画情報どっとこむ ralph 『スパイの妻』

https://wos.bitters.co.jp/

太平洋戦争前夜。愛と正義に賭けたふたりがたどり着くのは、幸福か、陰謀か——。
1940年、神戸で貿易会社を営む優作は、赴いた満州で、恐ろしい国家機密を偶然知り、正義のため、事の顛末を世に知らしめようとする。満州から連れ帰った謎の女、油紙に包まれたノート、金庫に隠されたフィルム……聡子の知らぬところで、別の顔を持ち始めた夫、優作。それでも、優作への愛が、聡子を突き動かしていく―。

***********************************

蒼井優 高橋一生
東出昌大 坂東龍汰 恒松祐里 笹野高史監督:黒沢清
脚本:濱口竜介 野原位 黒沢清 音楽:長岡亮介エグゼクティブプロデューサー:篠原圭 土橋圭介 澤田隆司 岡本英之 高田聡 久保田修 プロデューサー:山本晃久
制作著作:NHK, NHKエンタープライズ, Incline, C&Iエンタテインメント
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント 
配給:ビターズ・エンド
配給協力:『スパイの妻』プロモーションパートナーズ

関連記事:



良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ