映画情報どっとこむ ralph この度、2020年1月初春に渋谷ユーロスペース他全国で順次公開が決まっている長編映画『写真の女』が、「国際コンペティション」部門にて国内映画として唯一ノミネートしていた【写真の女】で、見事「SKIPシティアワード」を受賞した。

本賞は、国内作品を対象に、今後の長編映画制作に可能性を感じる監督に対して授与され、受賞者の次回企画に対し、彩の国ビジュアルプラザ内の映像制作支援施設・設備の一定期間の利用を提供されるもの。

映画情報どっとこむ ralph 受賞を受け、串田監督のコメントは下記の通り。

串田監督コメント「SKIPシティアワードは、次回作のサポートをして頂ける賞なので、早速、次回作に取り掛かりたいと思います。今年のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭では、オンラインで世界中の多様な作品を拝見する事ができ、映画の悦びを感じる事ができました。現在の世界では、コロナの影響や、政治的な立場の違いで分断が広がっていますが、映画の悦びというのは、分断されている二つをつなげる事ができると思っています。”写真の女”は、2021年初春に劇場公開されますので、ぜひ、多くの方に映画の悦びを届けたいと考えています。そして、次回作でも、世界中に映画の悦びをお届けしたいと考えています。」

本作は、多くの作品を手掛けるCM制作会社ピラミッドフィルム所属の串田壮史監督(「ブラックサンダー ラップバトルシリーズ」など)の初長編映画。主演の永井秀樹の神妙な表情で惹きつける緊張感溢れる芝居も評判で、爽快なテンポ感、おしゃれで特異な効果音・映像美に包まれる世界観でも注目を浴びている本作は、先日開催された北米最大規模の国際ファンタスティック映画祭「ファンタジア映画祭」の「新人監督賞」にノミネート、さらには最新情報として「10th Cinefantasy」(ブラジル)にて最優秀作品賞、「10th Massachusetts Independent FIlm Festival」 (アメリカ)での監督賞受賞を含む、国内外10個の賞をすでに受賞。年内に開催されるその他国際映画祭でのさらなるアワード結果にも大注目です。

映画情報どっとこむ ralph この度、本作を応援する名だたる著名人より、本作を評価するコメントが届きましたので、ご紹介。

●阪本順治 (映画監督)
アンリ・ファーブルがこう言った。「昆虫について考えれば、人はなんの不思議もない」。
が、この作品、そんな言葉を迷わせる。単純な日々をすごす女と、昆虫のような独りの男。
そんなふたりが運命的な会遇を経て、異形とリアルのあいだをもつれあいながら甘美へと堕ちていく。
この作品は、現代のロマンチック傑作奇譚!

●毎熊克哉 (俳優)
いつの時代に撮られたのかわからない独特の空気感に気付いたらのめり込んでいました。
写真は随分前に人間が手に入れた、見たものをそのまま残すことが出来る道具。
現代では技術が進歩して、素が分からないぐらいまで加工修正することも出来る。
毎日タイムラインに流れてくる写真や言葉はどこまで真実に近い存在なんだろう。
本当の自分と、自分が見せたい自分と、他人のレンズから見た自分はズレている。
力強い令和の異色作!

●内田英治(映画監督)
主人公が魅力的な映画は、
何をしたって許される。
前衛的な作りにも、どんどん感情移入してしまう。
写真のレタッチで生計をたてる主人公・ 械。
演じる永井秀樹さんが、素晴らしい。
コミカルであり、奥深い。
パトリス・ルコントの映画など思い出してしまう。
邦画っぽくない映画は大好物で、
本作まさにそんな映画。
刺激されました。

●古舘寛治 (俳優)
傑作だと思う。このオリジナリティ。こんな映画を作りたかった。
やられた!くそ〜似た映画をこっそり作ってやる!

●平田オリザ(劇作家)
長い沈黙が美しい時間になり、やがて息苦しい沈黙に変わり、すがすがしい沈黙へと続く。。

●内田春菊 (漫画家・作家)
映画でやっていくぞ、映画ならではの形で現代を描くぞ、という気概に満ちた作品。映画好きは応援したくなる!
この映画を観ると、その後は自撮りを加工するたびに、じんわり思い出すことでしょう。
可愛いカマキリが沢山観れて幸せ。と、言うのは簡単、内情は想像できないくらい大変なんだろうな……。

●福原充則 (脚本家・演出家)
映画は〝顔〟だと思っています。豊穣な顔が映っていてほしい。
この映画は主演の永井秀樹さんをはじめ、顔や顔が香りを放って、吸い寄せられて、絡めとられる!

●安藤紘平 (映像作家)
シェークスピアは、人生は動く影法師、哀れな役者だと言った。
人はいつも、嘘と本当の間で揺れ動く。
『写真の女』はそんな人生を写し撮った哀しくも愛おしい映画だ。

映画情報どっとこむ ralph 『写真の女』

2020年1月初春に渋谷ユーロスペース他全国で順次公開

公式HP:https://womanofthephoto.com

【ストーリー】
小さな写真館にひとり暮らす“写真レタッチャー(補正加工する人)”械 は、ある夏の日、森の奥で不慮の転落で怪我をし、胸元に大きな”傷のある美しい女”キョウコと出会った。女性恐怖症の械は、馴れ馴れしく付いてくるキョウコに戸惑うも、行く当てが無く困る彼女を仕方無く一緒に住まわせる事に。械はキョウコに頼まれ、画像処理によって傷のない美しい姿を生み出した。その加工された自身の姿に魅了されるキョウコ。 しかしSNS上では、ただ美しいだけでは評価されず、皮肉にも、傷ついた醜い本当の姿をさらす事で沢山の人が興味を抱いてくれた。 
「理想の自分」と「現実の自分」、彼女にとっては世界のすべてであったSNSの中で、二つの自分の溝に挟まり精神的混乱に陥ってしまったキョウコは、やがて、完全に自分の存在意義を喪失する。
もはや、自分だけがキョウコを救うことができると感じた械は、まるで、メスに共食いされてしまうカマキリのオスの様に、“死を覚悟して”女を愛し、彼女のすべてを写真に収め続ける事を決意した。

監督紹介
1982 年大阪生まれ。『写真の女』で初長編映画を監督。
(株)ピラミッドフィルム 在籍。
『声』 (2017) Jury’s Stellar Award ( 最高賞 ) – Black Maria Film Festival
『地球は青かった』 (2015) グランプリ – 国際平和映像祭
『I AM A CAMERA』 (2013) 審査員賞 – GR ショートムービーアワード
『REINCARNATION』(2008) 審査委員会推薦作品 – 文化庁メディア芸術祭

過去映画祭上映・受賞歴
■15th 大阪アジアン映画祭 (2020)インディ・フォーラム部門 上映(※プレミア上映)
■6th Greenwich International Film Festival (USA) 上映
■11th New York City Independent Film Festival (USA)★撮影賞受賞
■53th ヒューストン国際映画祭(USA ) ★長編ドラマ 銅賞受賞
■20th dead Center Film Festival (USA)★長編グランプリ受賞
■16th Reel HeART International Film Festival(カナダ) ★最優秀長編映画
■3th 門真国際映画祭 ★最優秀助演女優賞(鯉沼トキ)
■5th Monmouth Film Festival(USA)★最優秀外国長編映画
■51st Nashville Film Festival (USA) 上映
■10th Cinefantasy (Brazil) 上映
■26th Nancy International Film Festival (France) 上映
■39th New Jersey Film Festival (USA) 上映
■20th Nevada City Film Festival (USA) 上映
■ファンタジア映画祭2020 新人監督部門 上映
■3rd NOT FILM FEST (イタリア) 最優秀劇映画
■10th Cinefantasy(ブラジル) ★最優秀作品賞 
■10th Massachusetts Independent FIlm Festival(USA) ★監督賞
■第17回 SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 国際コンペティション部門 ★SKIPシティアワード受賞

***********************************

出演
永井秀樹 大滝樹 猪股俊明 鯉沼トキ

脚本/監督
串田壮史

スタッフ
プロデューサー:西村伸 / 佐藤洋輔
助監督:高橋知子  撮影監督:大石優  照明:佐伯琢磨  美術:奥谷駿友
衣装:櫻井まさえ  特殊メイク:西村喜廣
キャスティング:中野辰哉  編集:山本ガウディ徳  整音:由井昌宏  音楽:伏見仁志 / 斎藤茂彦
レタッチャー:香川孝子  カマキリ指導:渡部宏
企画 / 製作 /
配給:ピラミッドフィルム
©2020「写真の女」PYRAMID FILM INC.

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ