映画情報どっとこむ ralph 小栗旬x星野源『罪の声』は10月30日(金)に公開となります!
この度、映画の公開を待ち望む“声”に応え、映画の内容を先取りできる“スペシャル映像”をYouTubeにて公開!
公開するのは9月下旬からWOWOWにて放送された、3種類のスペシャル映像。本編映像やメイキング映像をふんだんに使って編集されており、映画の内容を大幅に先取りできます! さらに小栗旬、星野源の二人も出演し、映画の感想や見どころ、お互いの印象も語っています。“事件”の核心に迫る特別な内容になっています!

①声をめぐる謎篇   

②製作の舞台裏篇

③映画を彩るキャスト篇 

映画情報どっとこむ ralph さらに映像の公開に合わせ、製作の裏側を撮影したメイキングスチール8点も合わせて解禁!
英語を駆使して演じた小栗旬のイギリスでの撮影場面や、“テーラー”という役に真摯に取り組む星野源の姿、監督と台本を熱心に読み合わせる2人など、撮影現場での真剣な姿が収められており、メイキング映像に加え、スチールでもヒューマンミステリー大作の製作の裏側を公開します!
映画情報どっとこむ ralph 観るものすべての心を突き刺す、感動大作が誕生します・・・!
映画公開まであと1か月、スペシャル映像とメイキングスチールをご確認いただき、さらに期待を高めてお待ちください!!

小栗旬x星野源『罪の声』

10月30日(金)全国東宝系にてROADSHOW


未解決事件の真相と謎の犯人グループを追う主人公の新聞記者・阿久津英士には小栗旬。そして、幼少時の自分の“声”が事件に使われていたことを知ってしまう、もう一人の主人公・曽根俊也には、星野源。映画初共演となる2人が、事件に翻弄されながらも、その奥に眠る真実に向かって力強く進む男たちを演じます。監督は『いま、会いにゆきます』『麒麟の翼』『ビリギャル』など大ヒット作を次々に生み出してきた土井裕泰、脚本は「逃げるは恥だが役に立つ」「重版出来!」などで土井監督とタッグを組み、「アンナチュラル」や「MIU404」も手掛けた野木亜紀子が担当。さらに、大注目のアーティスト・Uruによって書き下ろされた主題歌「振り子」にもご注目ください。

***********************************

原作:塩田武士『罪の声』(講談社文庫)
監督:土井裕泰 『いま、会いにゆきます』『涙そうそう』『ハナミズキ』『麒麟の翼』『ビリギャル』
脚本:野木亜紀子 『図書館戦争』シリーズ、ドラマ「逃げ恥」「重版出来」「アンナチュラル」「MIU404」
音楽:佐藤直紀
主題歌:Uru 「振り子」 (ソニー・ミュージックレーベルズ)
制作:TBSスパークル/フィルムフェイス
配給:東宝
©2020 映画「罪の声」製作委員会  ※「2020」と「映画」の間は半角スペース空け
撮影時期:2019年3月末~6月

小栗旬  星野源
松重豊 古舘寛治 / 宇野祥平 篠原ゆき子 原菜乃華 阿部亮平 / 尾上寛之 川口覚 阿部純子
市川実日子 火野正平 / 宇崎竜童 梶芽衣子
※古舘寛治の「舘」の漢字→正くは「舎+官」の外字

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ