映画情報どっとこむ ralph この度、アルバトロス・フィルム配給にて、10月2日(金)より公開の『ライフ・イズ・カラフル! 未来をデザインする男 ピエール・カルダン』より、新写真を解禁。98歳にしてまだまだ現役のピエール・カルダンの偉業を、敬老の日を記念してご紹介。

★モードを民主化した天才ファッションデザイナーのカラフルな97年に初密着!
帝国を築いた伝説のファッションブランド「ピエール・カルダン 」。ブルジョワ向けのオートクチュール(高級仕立服)から脱却して、プレタポルテ(既製服)に業界で初めて本格参入し、未来的なコスモコール・ルックで若者を熱狂させたモード界の革命児に密着!今も現役で活躍するレジェンドが語るのは、ファシズムが台頭する祖国イタリアからフランスへ脱出した記憶に始まり、先鋭的すぎてファッション界から敬遠された苦悩と反撃、ジャンヌ・モローとの運命的な恋、情熱を注いだ劇場運営、門前払いされた高級レストラン「マキシム・ド・パリ」のリベンジ買収など、波乱万丈でカラフルな97年間だ。ファッション後進国だった日本や人民服を着ていた中国に先陣を切って乗り込み、おしゃれの楽しさを世界中に伝えたカルダン。秘蔵映像や豪華なゲストたちの証言から浮かび上がるのは、スキャンダラスな天才デザイナーのチャーミングな素顔と輝かしいレガシー。ファッション好きだけでなく、楽しく生きたい全ての人に贈る傑作だ! 

映画情報どっとこむ ralph 自らの名を冠し、まさに伝説のブランドとなったピエール・カルダン。
本日9月21日敬老の日に98歳にしてまだまだ現役のピエール・カルダンの数ある偉業を新場面写真と共に紹介します。

1.「ファッションの民主化」大衆向けプレタポルテを発売!
「私の目標は一般の人の服を作ることだ」と宣言し、ブルジョワだけを相手にしていたオートクチュール(高級仕立服)から脱却。デパートで気軽に買えるプレタポルテ(既製服)に業界で初本格参入し、斬新な素材選びと未来的なコスモコール・ルックで若者を熱狂させた

2.世界初!メンズコレクションを開拓!ビートルズも襟なしジャケットを愛用
クラシックなスーツ一辺倒だった紳士服に、モダンなプレタポルテ・コレクションを投入。250人のモデルを起用したメンズのショーを初開催してカルダン旋風を起こす。ビートルズもカルダンの襟なしジャケットを着るなど、アーティスト注目のブランドとなった

3.国籍も肌の色も関係ナシ!日本人や黒人をモデルに起用
白人女性が主流だったファッションモデルにアジアン・ビューティの松本弘子や黒人モデルを起用するなど、既成概念を破壊する先進的な姿勢で、70年前から多様性を体現してきた。ナオミ・キャンベルも「彼の創造性を表現するのは多様なモデルよ」と絶賛。大女優シャロン・ストーンも彼のファンだと公言している。

4.ライセンス契約を導入!飛行機からタオルまでその数800点!
その世界観をファッション以外に広めるために、デザイナーとして経営基盤を支えるライセンスビジネスに初参入。航空会社のユニフォームや自動車、飛行機、家具、香水、タオルなどのデザインを手掛け、ピエール・カルダンのロゴを世界中に広めた。110ヵ国で800ものライセンスを持っている。

5.社会主義国の中国やソ連で初のファッションショーを敢行!
まだグローバル化とは程遠い時代に、共産圏のソビエト連邦や文化大革命終了直後の中国にチャンスを嗅ぎ取り、ファッションショーを初開催。モスクワの「赤の広場」で初のファッションショーを開催したり、世界初の万里の長城で初開催されたカラフルなファッションショーは中国人の憧れを掘り起こし、どのブランドも眼中になかった中国市場をいち早く獲得した。ファッション後進国だった社会主義国などの国々に先陣を切って乗り込んでゆき、多くの人々に装う楽しさを伝えた。

***********************************

監督:P.デビッド・エバーソール&トッド・ヒューズ
出演:、ジャン=ポール・ゴルチエ、シャロン・ストーン、ナオミ・キャンベル、森英恵、高田賢三、桂由美
2019年/アメリカ・フランス/101分/ビスタ/5.1ch/原題:HOUSE OF CARDIN /日本語字幕:古田由紀子/後援:在日フランス大使館 アンスティチュ・フランセ日本
提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ