映画情報どっとこむ ralph 最新作「medium 霊媒探偵城塚翡翠」で「このミステリーがすごい!2020年版」「2020本格ミステリー・ベスト10」「2019ベストブック」「2019 SRミステリーの会ベスト10」「第20回本格ミステリ大賞」の5冠を受賞、さらに「2020本屋大賞」「第41回吉川英治文学新人賞」へもノミネートされるという快挙を遂げた気鋭作家・相沢沙呼の感動No.1ベストセラー青春小説が、佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)&橋本環奈のW主演で映画化。『小説の神様 君としか描(えが)けない物語』 が10月2日(金)に全国公開となります。
映画情報どっとこむ ralph <完全書き下ろしの主題歌・挿入歌 全6曲の連続配信が決定!!>  
「原作を読んだ時から頭の中に女性アーティストの声が響いた。主題歌や挿入歌はすべて女性にしたかった」という久保茂昭監督の意向で、E-girls鷲尾伶菜のソロプロジェクト「伶」をはじめ、本作を彩る新進気鋭の女性シンガーたちの個性あふれるナンバー。

監督とアーティストのやり取りを経て作られた、完全書き下ろしの6曲のオリジナル楽曲が、このたび、9/25(金)、29(火)、そして映画公開日の10/2(金)に連続配信することが決定!!

<第1弾 9/25 (金)> 琉衣 挿入歌『一輪の花』『枯れゆく声』
<琉衣コメント>
今回、挿入歌を歌わせていただくと聞き、嬉しい気持ち、驚きと同時に身が引き締まる想いでした。 『一輪の花』は開放的なメロディで私自身も歌いながら 前向きに、「頑張ろう!」と思える、そんな楽曲です。 映画でも、小説への思いを強く確信する場面で流れているので、素敵なシーンと共に、私の歌にも耳を傾けていただけると嬉しいです。 『枯れゆく声』は、映画の中でも、ガラっとシーンが変わり 主人公 一也の”悔しさ” “怒り”その時の”心の叫び”を 思い浮かべながら、私なりの苦悩や挫折を表現しました。 歌詞も一也の気持ちとリンクしているのでぜひ聴いてください。

<第2弾 9/29(火)> Leola 挿入歌『ないものねだり』『Lucky Me』

この度、挿入歌2曲を担当させて頂くことになり、とても光栄です。小さな事に目を向けてみたら世界がパッと大きく開けていく、そんなウキウキ、ワクワクするようなハッピーな楽曲『Lucky Me』。
それとは対照的に、今までのLeolaのイメージを覆すような“自分のコンプレックス”や“苦しさ”と戦っていく、そんな自分の姿を投影した楽曲『ないものねだり』。この両極端な楽曲をぜひ映画と共に楽しんで頂けたら嬉しいです。

<第3弾 10/2 (金)> 伶 主題歌『Call Me Sick』挿入歌『こんな世界にしたのは誰だ』
<伶コメント> 今回、「伶」ソロ名義でのデビュー曲で、『小説の神様 君としか描けない物語』の主題歌・挿入歌のお話をいただき、本当にありがたいです。表現者として、一也と詩凪に共感できることもあれば、未来と向き合う姿勢など教わることも多かったです。主題歌『Call Me Sick』はエンドロールで流していただく曲なので、その時の一也の心情に沿うように楽曲の表現やサウンドにもこだわりました。映画を見終わった後、余韻と一緒に是非そのこだわりを感じていただけると嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph ナイーブで売れない高校生作家・一也と売れっ子小説家の小余綾詩凪(橋本環奈)という、真逆な2人が”一緒に大ベストセラーを生み出す”という共作ミッションに胸がアツくなる!共感と感動No.1のファンタスティック青春ストーリーの本作。ぜひ劇場でご覧ください!

『小説の神様 君としか描(えが)けない物語』

10月2日(金)全国公開

***********************************

出演:佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)橋本環奈  
   佐藤流司 杏花 莉子 山本未來 片岡愛之助 和久井映見
主題歌:『Call Me Sick』 伶(Sony Music Labels Inc.)
原作:相沢沙呼「小説の神様」(講談社タイガ刊)
脚本:鎌田哲生
監督:久保茂昭
音楽:中野雄太
企画:HI-AX/LDH/CREDEUS 
制作プロダクション:CREDEUS
配給:HIGH BROW CINEMA
本編:106分
©2020映画「小説の神様」製作委員会 

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ