映画情報どっとこむ ralph 最新作「medium 霊媒探偵城塚翡翠」で「このミステリーがすごい!2020年版」「2020本格ミステリー・ベスト10」「2019ベストブック」「2019 SRミステリーの会ベスト10」「第20回本格ミステリ大賞」の5冠を受賞、さらに「2020本屋大賞」「第41回吉川英治文学新人賞」へもノミネートされるという快挙を遂げた気鋭作家・相沢沙呼の感動No.1ベストセラー青春小説が、佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)&橋本環奈のW主演で映画化。

『小説の神様 君としか描(えが)けない物語』が 10月2日(金)に全国公開いたします。

ナイーブで売れない小説家・千谷一也(佐藤大樹)と、秘密を抱えたドSな小説家・小余綾詩凪(橋本環奈)の何もかもが真逆の2人が、”一緒に大ベストセラーを生み出す”という共作ミッションを課せられ、時に激しく反発し合いながらも“2人”で物語を作り始める、青春ストーリーの本作。

このたび、真逆な2人の共作シーンを切り取った<新場面写真>を一挙解禁!!
物語のプロットをつくる詩凪とそれを文章にする一也といった役割で共作を進める2人。



新たな場面写真では、互いに反発しながらも「2人にしか描けない物語」に向き合う2人の姿が映し出されているが、一也の書いた文章が思い描いたものとかけ離れていることに憤りを隠せず思わず原稿を握りしめる詩凪と、一方でそんな詩凪の怒りはつゆ知らずな一也。

さらには、売れっ子小説家である詩凪が考える壮大なストーリーを聞き、まざまざと才能の差に直面して愕然とする一也を余裕の表情で見つめて煽るドSの詩凪といった、まさに真逆な2人の姿が見て取れるが、反発しながらも「好き」な小説のため、キラキラと目を輝かせて共作ミッションに向かう2人の姿も映し出されている。

映画情報どっとこむ ralph 『小説の神様 君としか描(えが)けない物語』

10月2日(金)全国公開

【ストーリー】
「僕は小説の主人公になり得ない人間だ」
中学生で作家デビューしたものの、発表した作品は酷評され売り上げも振るわない……自分を見失い思い悩むナイーブな売れない高校生小説家・千谷一也。一方、同じクラスの人気者でドSな性格でヒット作を連発する高校生小説家・小余綾詩凪。性格、クラスでの立ち位置、売れている、売れていない……すべてが真逆の男女2人に、編集者から下されたミッション――それは、2人で協力し、1つの物語を作り、世の中の人の心を大きく動かす大ベストセラーを生み出すことだった!
凸凹な全く真逆の2人が反発しあいながらも物語を一緒に作っていくうちに、やがて彼は彼女の抱える大きな秘密を知ってしまう……。
友情を超えて近づく2人の距離。悩み傷つきながらも、好きなことをあきらめずに挑戦し続けた先で、2人が生み出す<物語>の行方はー?

***********************************

出演:佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)橋本環奈  
   佐藤流司 杏花 莉子 山本未來 片岡愛之助 和久井映見
主題歌:『Call Me Sick』 伶(Sony Music Labels Inc.)
原作:相沢沙呼「小説の神様」(講談社タイガ刊) 
脚本:鎌田哲生
監督:久保茂昭
音楽:中野雄太
企画:HI-AX/LDH/CREDEUS 
制作プロダクション:CREDEUS
配給:HIGH BROW CINEMA
本編:106分
©2020映画「小説の神様」製作委員会 
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ