映画情報どっとこむ ralph 公開が延期となっていた富司純子とシム・ウンギョンがW主演を務める、サントリー、資生堂、TOYOTAなど数多くの広告写真を手掛ける写真界の巨匠・上田義彦初監督作『椿の庭』の新公開日が2021年4月に決定しました。

シネスイッチ銀座他全国順次公開。

そしてこの度、10/1(木)~8(火)で開催される第42回モスクワ国際映画祭のアウト・オブ・コンペティション部門への正式出品が決定しました。

また、この度正式出品が決定した第42回モスクワ国際映画祭は、1935年に創設された世界的にも由緒ある国際映画祭で、世界四大映画祭の一つ。日本からはこれまでに新藤兼人監督ら巨匠から新人監督まで、幅広い世代の作品が出品されてきた。今年は、コロナの影響で開催時期を例年より大きく後ろ倒しして、10月に開催されることとなる。

映画情報どっとこむ ralph 公開日が新たに決まったことと、モスクワ国際映画祭への出品決定について、監督の上田義彦と富司純子、シム・ウンギョン、鈴木京香から喜びのコメントが到着した。

【上田義彦監督コメント】
春、コロナ禍の渦中、7月公開予定だった「椿の庭」の延期が正式に決まりました。そこを目指して走ってきた僕にとっては、かなりのショックではあリましたが、世界中がコロナ禍の渦中で喘いでいる状況を目の当たりにして、これは致し方のないこととして胸に収めておりましたが、この程、来年4月に再度公開が決まり、また、時を同じくしてモスクワ国際映画祭に出品が決まり、とても嬉しく想っております。撮影から数えて、公開までに足掛け3年。来年の春にはコロナが収まることを祈りつつ、この映画を一人でも多くの人に見ていただければと願っております。

【富司純子コメント】
公開決定、モスクワ国際映画祭出品に嬉しく思っております。フィルム撮影でのカメラアングル、自然光での照明、すべてが美しく素晴らしい映像です。国内外一人でも多くの方にご覧頂き、愛されることを祈っております。

【シム・ウンギョンコメント】
『椿の庭』の公開日が決まって本当に嬉しく、来年の初春にみなさんとお会いできることが、とても楽しみです。
来年の始まりを『椿の庭』と共に出来ることが、感慨深いです。
皆さんにとって、安らぎの時間になりますように願っております。

【鈴木京香コメント】
「椿の庭」の来年4月の公開が決まったと聞き、とても喜んでいます。
海を眺める美しい日本家屋で上田監督のもと、富司純子さん、シム・ウンギョンさんと過ごした時間は私の宝物になりました。ぜひ沢山の方々に観ていただきたいと思っています。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、椿が咲き誇る一軒の家に住む絹子(富司純子)と絹子の娘の忘れ形見である渚(シム・ウンギョン)、そしてそこを訪れる人々の一年間を描いた物語。庭に咲く色とりどりの草花に季節を感じながら日々を慈しみ生きる家族。それぞれに想いを秘め絹子の家を訪れる訪問者たち。登場人物たちの所作、佇まいなど、毎日を丁寧に生きる人々の姿を通して、観る者の心を潤す。

演じるのは紫綬褒章、旭日小綬章受賞の日本を代表する女優 富司純子と、3月の第43回日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞を受賞した、今活躍が目覚ましいシム・ウンギョン。そして鈴木京香、チャン・チェン、田辺誠一、清水綋治ら豪華俳優陣が脇を固め、本作でしかなし得ない顔触れが揃った。

メガホンを取ったのは写真界の巨匠 上田義彦。構想15年、脚本・撮影・編集も務めた渾身の一作となった。

『椿の庭』

2021年4月、シネスイッチ銀座他全国順次公開

《ストーリー》
かつて夫と語り合い、子供たちを育てた家に、今は孫娘の渚と住む絹子。夫の四十九日を終えたばかりの春の朝、世話していた金魚が死に、椿の花でその体を包み込み土に還した。命あるものはやがて朽ちる。家や庭で起こる些細な出来事、過去の記憶に想いを馳せ慈しむ日々の中、ある日絹子へ一本の電話がかかってくる。

***********************************

出演:富司純子 シム・ウンギョン 田辺誠一 清水綋治 / チャン・チェン(特別出演) / 鈴木京香
監督・脚本・撮影:上田義彦
製作:ギークピクチュアズ/yoshihiko ueda films/ユマニテ/朝日新聞社
配給:ビターズ・エンド
制作プロダクション:ギークサイト
©2020 “A Garden of the Camellias” Film Partners
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ