映画情報どっとこむ ralph 来たる9月18日(金)から22日(火)まで、コロナ禍における新しいスタイルで「なら国際映画祭」を開催いたします。

9月18日(金)「なら国際映画祭」初日は、東大寺大仏殿のレッドカーペットよりオープニングセレモニーを開催。その模様は世界に向けて配信されます。そして、今年も世界各国より選りすぐられたバラエティ豊かな素晴らしい作品が集結しました。魅力あふれる様々な企画とともに、ラインナップをご紹介いたします。
映画情報どっとこむ ralph Section 01 NARAtiveジャパンプレミア上映
NARAtive は、今後の活躍が期待される若手映画監督と、奈良を舞台に映画を制作するプロジェクト。監督はインターナショナルコンペティション部門、NARA-wave 学生部門受賞者から選ばれ、その後、制作した作品は2年後の本映画祭でプレミア上映されます。今年ジャパン・プレミア上映される「再会の奈良」は前回のなら国際映画祭で選ばれた中国の新進監督ポンフェイによる作品です。

「再会の奈良」
監督/脚本:ポンフェイ
エグゼクティブプロデューサー河瀨直美、ジャ・ジャンク―
出演:國村隼、ウー・ヤンシュ、イン・ズー、秋山真太郎(劇団 EXILE)、
永瀬正敏 /中国・日本/2020/中国語・日本語

中国残留孤児政策で日本に帰した娘を探しに老女が日本へやってくる中国人の老女が日本に住む孫娘代わりのシャオザーを訪れるところから始まる。 ここ数年連絡が途絶えたままの、娘同然に育てた中国帰国者の養女・麗華を探すためだった。麗華探しを始める老女とシャオザーに、ひょんなことから知り合った元警察官の一雄が加わり、3人の麗華探しが始まる。

これまでの NARAtive 作品のオンライン上映を実施します

2010年対象作品
『びおん』
監督:山崎都世子(日本)
舞台:奈良市
トリノ国際映画祭 2010正式招待作品

2010年対象作品
『光男の栗』
監督:チャオ・イエ(中国)
舞台:橿原市
トリノ国際映画祭 2010正式招待作品

2012年対象作品
『祈‒inori‒』
監督:ペドロ・ゴンザレス・ルビオ(メキシコ)
舞台:十津川村
ロカルノ国際映画祭
2012新鋭監督部門 最優秀賞

2014年対象作品
『ひと夏のファンタジア』
監督・脚本:チャン・ゴンジェ(韓国)
舞台:五條市
第19回釡山国際映画祭 韓国映画監督組合賞など

2016年対象作品
『東の狼』
監督:カルロス・M・キンテラ(キューバ)
舞台:東吉野村
ワールド・シネマ・アムステルダム2018
オフィシャルセレクション

2018年対象作品
『二階堂家物語』
監督:アイダ・パナハンデ(イラン)
舞台:天理市
ロカルノ国際映画祭
2019香港国際映画祭 正式招待作品

映画情報どっとこむ ralph Section 02 インターナショナルコンペティション
世界中の若手作家から映画作品を募集し、厳正な選考をくぐり抜けた名作たちがお披露目されるメインコンペティションプログラム。世界中の監督のデビュー作あるいは2作目のみを集めた、新進気鋭の映画が8本揃い、全ての作品はジャパン・プレミアとなります。 今年は57カ国から合計256作品もの中から厳選されています。最優秀賞には「ゴールデ ンSHIKA」賞、観客の人気票が集まった作品には「観客賞」が贈られます。

『ホコリと灰』
監督:パク・ヒークワン
韓国/2019/79分/韓国語
ヘスの知られざる顔。母の疑わしい死。黙々と母親の葬儀の準備をする。周りの大人たち、彼らの質問、ヘスを見る顔。ヘスの不安は膨らんでいく。果たしてヘスの計画はうまくいくのか?韓国の貧困層の現実。裏社会を、主人公ヘスの目線を通し、ミニマルなセリフと演技 でリアルに描き出す。

『エンド オブ ラブ』
監督:ケレン・ベン・ラファエル
フランス/2019/90分/フランス語、ヘブライ語
子どもが生まれたばかりのジュリーとユヴァル。ユヴァルがビザの更新のためにイスラエルへ帰国することになり、2人はビデオ通話で毎日愛を確かめ合う。しかし、やがて画面越しの関係性にひびが入り始める。2人の愛は、この新しい形の“ 交流” の危機を乗り越えられるのだろうか。

『メキシカン・プレッツェル』
監督:ヌーリア・ヒメネス
スペイン/2019/72分/スペイン語
登場人物の声はなく、主人公ビビアンの手記を字幕と映像でたどる、小 説と映画が混合したような作品。“「私たちは弱さを忘れる術を模索しな がら生きている」とカージャッパリが言うように、もしラブディンに 頼らないなら、テキーラやバター、愛人、神様、戦争に頼るしかない”。

『ビクティム(たち)』
監督:レイラ・チューチエン・ジ
マレーシア/2020/108分/中国語
クアラルンプールで、高校性1名が死亡、2名重症という悲惨な事件が 起こる。世間の注目の的となるこの事件。加害者の母は、殺人犯の母として社会の敵となる一方、被害者の母は多くの同情を集める。事件の真実が明かされる時「メディア時代」に生きる2人の母親は、難しい決断を迫られる。

『栗の森のものがたり』
監督:グレゴル・ボジッチ
スロベニア/2018/82分/イタリア語、スロベニア語
ユーゴスラビアとイタリア国境にある深い森の中。お金に執着する大工のマリオは妻が死にかけている現実に気づかない。一方、森の反対 側に住む栗売りのマルタは家を去った夫に思いを馳せる。そんな2人が栗の森の中で出会う。2人の過去が、夢が、時系列ではなく、循環的に語られていく。

『シヤボンガ』
監督:ジョシュア・マゴー
南アフリカ/2018/97分/ズールー語、英語
実在する人物・シヤボンガに起こった出来事を再現した作品。俳優になる夢を持つ若者シヤボンガは、映画制作会社が町にやって来た時、チャンス を掴むべくベストを尽くす。予期せぬ運命は、彼が本作の映画監督と出会い、自らを映画で再現するというユニークな方法で彼の夢を叶えたのだった。

『マーマー ~心の雑音~』
監督:ヘザー・ヤング
カナダ/2019/85 分/英語
飲酒運転で有罪判決を受けたドナは、地元の動物保護施設での社会奉仕活動を命じられる。安楽死を余儀なくされた老犬を家に連れて帰った時、ドナは犬との交流が彼女の寂しさを和らげてくれることに気づく。そしてドナは、さらにたくさんの動物を家に連れ帰るようになるのだが…。

『ウェディングインビテーション』
監督:サウラヴ・ライ
インド/2019/85分/ネパール語
ダージリン地方の山村で、10歳のタシと年老いた祖母は、隣に住む裕福な家族から仕事を得て生活している。その仕事は、夜中に野生動物からカルダモンの果樹園を守るというもの。雇い主の息子の結婚式が近づき、タシは興奮して落ち着かない。果たして彼らは招待されるのか?

03NARA-wave 学生映画部門
学生が手掛けた映画・映像作品を対象にしたコンペティション。この部門の参加作品が「カンヌ映画祭」の学生部門でも上映されるなど、海外の映画祭からも評価されています。今年は35カ国から200本を超える作品のも中から厳選されています。最優秀賞には「ゴールデンKOJIKA賞」が贈られます。

Section 04カンヌ映画祭 招待作品
「カンヌ映画祭」とのパートナーシップを締結し、例年、その年の短編部門と「シネフォンダシオン(学生部門)」の受賞作品のみを集めた、ラインナップを上映していました。今年はカンヌが開催されなかったので、2019年の作品を主に上映いたします。世界で注目を集める新進気鋭の若手作品が一挙に観ることができる貴重な機会
です。

『僕たちと空のあいだ』
監督:ヴァシリ・カカトス
ギリシャ、フランス/2019/9分/ギリシャ語
家に帰るお金がなくガソリンスタンドで立ちつくす男と、ガ
ソリンを入れにやってきた男。見ず知らずの2人がそこで出
会う夜。2人の間にある距離は2人と空の距離のように遠いよ
うで近く、見えるようで 見えない。

『モンスターゴッド』
監督:アグスティーナ・サン・マーティン
アルゼンチン/2019/10分/スペイン語
発電所が神として鎮座する町。サイレンがこだまする霧に包
まれた夜、牛たちは不穏に身を隠す。そして幼い兄弟はモンス
ターゴッドか ら逃れられるのだろうか。

『マノ・ア・マノ』
監督:ルイス・クルボアジェ
フランス/2019/23分/フランス語
サーカス団のアクロバットデュオ、アビーとルカは恋人同士。
そんな 2人の愛にある日亀裂が生まれ始める。次の街へと向
かうキャンピン グカーの中、2人はお互いの溝を埋め、信頼を
回復させようとする。

『ヒエウ』
監督:リチャード・ヴァン
アメリカ、ベトナム/2018/24分/英語
ネズミ講ビジネスに失敗したヒエウは、母国に帰る前に疎遠
になっていた元妻と子どもを一目見ようと突然姿を現す。し
かし、ヒエウと家族にとって、長いブランクを埋めるのはたや
すいことではなかった。

その他、多くのプログラムが用意されていますので、詳細は
オフィシャルサイト: https://nara-iff.jp/2020/ へGO!
※上記の記載内容は変更になる場合がございます。

映画情報どっとこむ ralph Web チケット販売について
新型コロナウイルス感染防止のため、発券(紙)チケット販売は行わずWebでの販売のみとなります。

料金
¥1,000 (税込)発売スケジュール
8月22日(土) 13時~ 販売開始
02 インターナショナルコンペティション
03 NARA-wave 学生映画部門
08 カタラン・フォーカス
※その他の部門に関しては随時、HP で
ご案内いたします。
※別途システム手数料がかかります。
※購入時は新型コロナウイルス対策の為、座席指定券となります。
また、購入者は住所などの各種個人情報の入力が必要となります。

なら国際映画祭 2020 概要
なら国際映画祭とは
奈良の平城遷都1300年目となる2010年、映画作家の河瀨直美をエグゼクティブディレクターに迎え始まった「なら国際映画祭」。2年に1回開催される映画祭の企画運営の他、国内外の若手監督と奈良を舞台とした映画制作や、こども・海外学生とのワークショップ、奈良市内を移動する映画館「ならシネマテーク」など、映画の魅力を伝える数々のプロジェクトを実施しています。今年9月18~22日に6回目となる「なら国際映画祭 2020」を開催いたします。

●なら国際映画祭 エグゼクティブディレクター:河瀨直美
●なら国際映画祭 理事長:中野聖子
●開催期間:9月18日(金)~22日(火)まで
●上映会場:奈良市ならまちセンター、奈良公園バスター
ミナルレクチャーホール、東大寺総合 文化センター金鐘
ホール、EVANS CASTLE HALL、春日大社含む市内複数
の会場にて
●料金:¥1,000(税込み)
※別途システム手数料がかかります
※有料配信あり
※8月22日(土)13 時より発売開始予定
●一般からのお問い合わせ先:0742‐95‐5780

***********************************

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ