映画情報どっとこむ ralph この度、清水崇監督映画『樹海村』の追加キャストが発表となりました。

今年2月に公開し、コロナ禍にもかかわらず、異例の興収14億円超えという大ヒットを果たした清水崇監督作品、『犬鳴村』。SNSで話題となり、高校生を中心にたくさんの人が劇場に足を運び、なんと動員数は110万人を突破しました。それに続く「恐怖の村」第2弾は、『樹海村(じゅかいむら)』。舞台は“絶対に行ってはいけない”“入ったら生きては出られない”と噂される富士の樹海。富士の樹海は、今から約1,100年以上前に富士山大噴火で流出した青木ヶ原溶岩流を覆っている広大な森。およそ3,000ヘクタール(東京ドーム約642個分)にもおよぶ樹海では、「コンパスが効かない迷いの森」、「入ると何者かに襲われる」、「様々な怨念を持ったヤバい村がある」と聞くだけでゾッとするような様々な都市伝説が飛び交っています。映画公式Twitterでも次なる村を募集していましたが、『樹海村』は上位にランクイン!それだけ“ヤバい場所”として認知度の高い場所に挑みます。

映画情報どっとこむ ralph
先に発表された山田杏奈と山口まゆのW主演に続き、追加キャストが発表。
「目力俳優」として10代から絶大な人気を誇り、演技派俳優としても注目を集めている神尾楓珠。
神尾楓珠
神尾楓珠コメント
初めてのホラー映画でしたが、監督もおちゃめな方で話しやすく、和気藹々とした良い現場でした。
ただ、暗い樹海での撮影は精神的にちょっと雰囲気にのまれてしまうところもあって、疲労が結構たまりやすく感じました。
特殊メイクや、血のりとの戦いも大変でしたが(笑)、“ゾッとする怖さ”を楽しんで頂けたらと思います。

昨年放送された“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」で俳優デビューを果たし、アンニュイな雰囲気にブレイク必須と言われている倉悠貴。
倉悠貴
倉悠貴コメント
ホラー作品に出演するのは今回が初めてで、実体のない何かと向き合って、お芝居をすることに不安を感じていましたが、撮影に入ると現場の空気は和やかで、良い緊張感で臨めました。現場ではこのシーンがどう怖くなるのか、毎度楽しみで、今からでも完成が楽しみです。また、こんなにも同世代の方々と共演することはなかったので、とても良い刺激を受けました。根強いファンも多い中、初めてのホラー作品が清水崇監督とご一緒できてとても光栄でした。

モーニング娘。卒業後、本格的に女優としての活動をスタートし、その才能を露わにしている工藤遥。
工藤遥
工藤遥コメント
ホラー作品の現場は初めてで、勝手ながらおどろおどろしい想像をしていましたが、清水組は今まで経験したことないぐらい明るくて愉快で、そして大変でした(笑)
私が演じた美優は、いわゆる恐怖体験とは無縁そうなタイプです。だからこそ……という所を、劇場でご覧頂けたら嬉しいです!

この3人が、山田・山口と共に迷い込んだら生きては帰れない富士の樹海にまつわるある“箱”を手にすることに…。

映画情報どっとこむ ralph さらに、芸人だけでなく俳優としても活躍する塚地武雅。
塚地武雅
塚地武雅コメント
僕は精神科医の役なのですが、僕にもホラーならではのシーンがあり、そこに立ち会えたのが貴重な経験でした。
あ~。いろいろ言いたいんですけどやはりそうもいかないんです…(笑)
台本は、怖くて、物語の展開も驚きの連続でした。
それが映像化されると、より絶対怖くて迫力のある映画になると思いました。
う~ん。これまたいろいろ言いたいんですけどそうもいかないんです…(笑)

圧倒的な演技力と“奇跡の38歳”と呼ばれるほどの美しさで再ブレイクし女性たちから絶大な支持を持つ安達祐実の実力派俳優が脇を固めます。
安達祐実
安達祐実コメント
普段、ホラー映画は怖くてあまり観られないのですが、清水監督の作品を一人でビクビクしながら観てから撮影に臨みました。
今回はその世界の中に自分も入れていただき、貴重な時間を過ごさせていただきました。
怖いだけではない、悲しく愛情深い物語を楽しんでいただければと思います。

映画情報どっとこむ ralph ある“箱”を見つけた日から、彼女たちの周りでは不可解なことが起き始め、その恐怖はまわりの人々をも巻き込んでいく…。果たしてある“箱”とは何なのか。そして待ち受ける恐怖とは…!?彼女たちの恐怖にゆがむ表情が・・・

映画『樹海村』
2021年 公開

***********************************

出演:山田杏奈 山口まゆ
神尾楓珠 倉悠貴 工藤遥 塚地武雅 安達祐実
監督:清水崇
脚本:保坂大輔 清水崇 企画プロデュース:紀伊宗之
©2021 「樹海村」製作委員会
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ