映画情報どっとこむ ralph 河本ほむら原作、尚村透作画、月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)で好評連載中の大ヒット漫画「賭ケグルイ」。スピンオフも数多く発表され、シリーズ累計部数は600万部を突破。2018年1月に実写ドラマ化され、手に汗握るゲーム展開、個性的なキャラクターと若手俳優たちの振り切った演技が大きな話題となり、2019年春に「賭ケグルイ season2」としてMBS/TBSドラマイズム枠で放送され、さらに、2019年5月には完全オリジナルストーリーによる『映画 賭ケグルイ』が全国ロードショーされ、大ヒットを記録しました。そしてこの度、劇場版第2弾となる『映画 賭ケグルイPart2(仮題)』の製作が決定!浜辺美波らレギュラーキャスト陣も続投し、2021年に全国公開される運びとなりました。
映画情報どっとこむ ralph 『賭ケグルイ』の舞台となるのは、政財界の有力者の子女が多数通う私立百花王(ひゃっかおう)学園。ここで生徒たちの階級を決定するものは、ギャンブルの強さ。勝ったものは支配する側に立ち、敗れたものは家畜となる。ある日、この学園に転校してきた謎多き少女、蛇喰夢子(じゃばみ・ゆめこ)。一見すると清楚な美少女だが、彼女は、リスクを負うことに快感を覚える“賭ケグルイ”だった―。学園を支配する生徒会は、夢子を危険な存在と判断し、百戦練磨の刺客(ギャンブラー)たちを送りこむ。前作『映画 賭ケグルイ』では、並外れた勝負強さで学園を揺るがし始めた夢子を追い落とすため、生徒会は全校生徒強制参加の生徒代表指名選挙を開催。反生徒会組織ヴィレッジも巻き込み、学園をあげてのギャンブルバトルが繰り広げられたが、夢子の奇策による驚愕の結末を迎えたのであった。そして、前作はエンドロールで夢子たちの「まったねー」の台詞で幕を閉じ、ファンの期待をくすぐっていたが、まさに有言実行の続編製作決定となった。

映画化第2弾となる本作『映画 賭ケグルイPart2(仮題)』は、生徒代表指名選挙を終え、束の間の平穏が戻ったかのように思われた私立百花王学園で、蛇喰夢子を中心とした熾烈なギャンブルバトルが再び巻き起こる完全オリジナルストーリー。

原作者・河本ほむら氏が完全監修した物語だ。

主人公・蛇喰夢子役の浜辺美波をはじめ、鈴井涼太(すずい・りょうた)役の高杉真宙、早乙女芽亜里(さおとめ・めあり)役の森川葵、生徒会長・桃喰綺羅莉(ももばみ・きらり)役の池田エライザ、木渡潤(きわたり・じゅん)役の矢本悠馬、五十嵐清華(いがらし・さやか)役の中村ゆりか、黄泉月るな(よもつき・るな)役の三戸なつめ、皇伊月(すめらぎ・いつき)役の松田るか、西洞院百合子(にしのとういん・ゆりこ)役の岡本夏美、生志摩妄(いきしま・みだり)役の柳美稀、夢見弖ユメミ(ゆめみて・ゆめみ)役の松村沙友理、新渡戸九(にとべ・きゅう)役の小野寺晃良ら、最旬のレギュラーキャスト陣の続投も決定!待望の続編決定に主演の浜辺は「まさかまさか、賭ケグルイがまたまた映画化します!!そしてありがたいことに、愛してやまないレギュラーキャスト陣が続投してくださいます!!賭ケグルイの撮影は、楽しさとギャンブルバトルでの息苦しいほどの緊張感が、たまりません。またあの空間に戻れるなんて、応援してくださる皆様のおかげです。最高の賭ケグルイをお届けできるよう撮影に臨みます!」とコメント。
『映画 賭ケグルイPart2(仮題)』
早くも滾っているようだ。メガホンをとるのは、テレビシリーズの総監督、前作の監督をつとめた英勉。「もう帰って来ないと思ってたヒーロー達が、全員横並びでスローモーションで戻って来た感じで泣きそうです。もっかい滾って頂きます。」とコメント。

シリーズを追う毎に進化を遂げてきた「賭ケグルイ」が今回はどんな展開を見せるのか、早くも期待は高まるばかりです。

***********************************

原作:河本ほむら・尚村透(掲載 月刊「ガンガンJOKER」スクウェア・エニックス刊)
監督:英勉
脚本:高野水登 英勉
出演:浜辺美波 高杉真宙 
松田るか 岡本夏美 柳美稀 松村沙友理(乃木坂46)小野寺晃良
池田エライザ
中村ゆりか 三戸なつめ
矢本悠馬 / 森川葵
配給:ギャガ

公開:2021年 全国ロードショー

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ