映画情報どっとこむ ralph この度、『ジョゼと虎と魚たち』の新ビジュアルが解禁されると共に、当初予定していた今夏での公開は延期となることが決定しました。

以前のビジュアルが幻想的な部屋の中で殻に閉じこもった表情のジョゼ一人の画だったのに対し、今回解禁となった新ビジュアルは、作品舞台となる大阪の街をイメージして描かれた外の世界で恒夫とジョゼ、二人が笑顔で前へ歩いていく姿を描いたビジュアルとなっている!
ジョゼと虎と魚たち
新型コロナウイルスの感染拡大による国内の事態を受けて検討を重ねた結果、公開延期となったが、夢に向かってひたむきにまっすぐ進んでいく恒夫と、夢見ていた新たな世界へ飛び出そうとするジョゼの希望に溢れた姿をお届けするべく、現在スタッフ一丸となって作品を鋭意制作中だそうです。

映画情報どっとこむ ralph 川賞作家・田辺聖子の代表作『ジョゼと虎と魚たち』(角川文庫刊)。2003年に妻夫木聡、池脇千鶴主演で実写映画化され、高評価を得て話題を集めました。さらに海外でも注目を集める本作は、時代が変わっても色褪せることなく愛され続けています。

そんな名作として今も根強い人気を誇る『ジョゼと虎と魚たち』が、この度、2020年に劇場アニメ化が決定!監督は『おおかみこどもの雨と雪』助監督や、『ノラガミ』シリーズの監督を務めたタムラコータローが満を持してアニメ映画初監督を務めます。

『ストロボ・エッジ』の桑村さや香が脚本を、『妖狐×僕SS』『クジラの子らは砂上に歌う』の飯塚晴子がキャラクターデザインを手掛け、そしてアニメーション制作は『鋼の錬金術師』や『僕のヒーローアカデミア』など数々の人気作を手掛けるボンズが担当します。現在の映像シーンをリードするクリエイター陣によって紡がれる“新たなジョゼ”。

『ジョゼと虎と魚たち』

【STORY】
趣味の絵と本と想像の中で、自分の世界を生きるジョゼ。
幼いころから車椅子の彼女は、ある日、危うく坂道で転げ落ちそうになったところを、大学生の恒夫に助けられる。
海洋生物学を専攻する恒夫は、メキシコにしか生息しない幻の魚の群れをいつかその目で見るという夢を追いかけながら、バイトに明け暮れる勤労学生。
そんな恒夫にジョゼとふたりで暮らす祖母・チヅは、あるバイトを持ち掛ける。それはジョゼの注文を聞いて、彼女の相手をすること。
しかしひねくれていて口が悪いジョゼは恒夫に辛辣に当たり、恒夫もジョゼに我慢することなく真っすぐにぶつかっていく。
そんな中で見え隠れするそれぞれの心の内と、縮まっていくふたりの心の距離。
その触れ合いの中で、ジョゼは意を決して夢見ていた外の世界へ恒夫と共に飛び出すことを決めるが……。

***********************************

【STAFF】
原作:田辺聖子「ジョゼと虎と魚たち」(角川文庫刊) 
監督:タムラコータロー 
脚本:桑村さや香 キャラクター原案:絵本奈央
キャラクターデザイン・総作画監督:飯塚晴子 
コンセプトデザイン:loundraw (FLAT STUDIO) 
音楽:Evan Call
アニメーション制作:ボンズ 
配給:松竹/KADOKAWA
©2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ