映画情報どっとこむ ralph 第72回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞したジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督最新作『その手に触れるまで』が6/12(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開いたします。

2019年、カンヌ国際映画祭でのワールドプレミア上映では拍手を贈るティルダ・スウィントンの姿があった。ウォルター・サレス監督やアモス・ギタイ監督が称賛を贈り、「鮮やか!作品の強度に驚嘆する」(ガーディアン)、「シンプルでいて、心を掴んで離さない!」(ヴァラエティ)と世界のメディアも絶賛した『その手に触れるまで』。

一足先に鑑賞した濱口竜介監督や作家の樋口毅宏、劇作家の長塚圭史ら作り手たちの心を掴み、各界の著名人からコメントが寄せられています。

映画情報どっとこむ ralph ワンショットごとに生の只中へと放り込まれる。あまりにささやかな奇跡が、全ショットを満たす。その手腕を今はまだ「魔術的」としか形容しようがない。少年のまったく信用ならない、だからこそ最も信用できる改心の瞬間。私たちがダルデンヌ兄弟の偉大さを真に知るのは、「現代社会」から遠く隔たった未来の話だろう。その不幸と、彼らの新作に同時代で立ち会う幸福はどちらが大きいだろう。それがわかる日まで、繰り返し彼らの映画を見るほかはない。——濱口竜介(映画監督)

淡々と、静かに語られる「いま欧州で起きていること」。
少年の瞳が最後には光を見ることを願わずにはいられなくなる。
——ブレイディみかこ(ライター「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」)

世界中の大人たち、それぞれの正しさや信じる道ってどう見つけてきたんだろう。
子を持つ親として、伝えていかなければならないことへのヒントを得た気がします。
——青柳文子(モデル/女優)

語り合えばきっと互いに分かり合えるというのは幻想である。分かり合えないという現実から目を離さない激烈な映画である。その現実を前に立ち止まるのか、思考を始めるのか。観客に託されるものは大きい。——長塚圭史(劇作家/演出家/俳優)

ラスト全面肯定!あのまなざしの優しさはどこからくるのか。
ダルデンヌ兄弟、あなたたちが神様だったら良かったのに。
——樋口毅宏(作家)

思い通りにならないとき、人は人のせいにする。人のせいにすればするほど、思い通りにはならなくなる。戻る道を見失った先にある、わずかな光源を抱きとめた。
——武田砂鉄(ライター)

過激主義に「洗脳」されたアメッド。私がシリアやイラクで取材した元IS戦闘員の少年らと重なる。テロや戦争に利用される子供たちと、どう向き合うのか。この物語をフィクションと見るべきではない。——玉本英子(ジャーナリスト「アジアプレス」)

映画情報どっとこむ ralph 『その手に触れるまで』

6月12日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー!

HP:
bitters.co.jp/sonoteni

Twitter:
@dardenne_cinema

第72回カンヌ国際映画祭 監督賞受賞

***********************************

監督・脚本:ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ
出演:イディル・ベン・アディ、オリヴィエ・ボノー、ミリエム・アケディウ、ヴィクトリア・ブルック、クレール・ボドソン、オスマン・ムーメン
エンディング曲:フランツ・シューベルト「ピアノ・ソナタ第21番変ロ長調 D.960 第二楽章 Andante sostenuto」(演奏:アルフレッド・ブレンデル)

後援:ベルギー大使館 配給:ビターズ・エンド
2019年/ベルギー=フランス/84 分/1.85:1 映倫:G
英題:YOUNG AHMED 原題:LE JEUNE AHMED

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ