観客に顔を知られることなく、肉体を酷使しながら闘うスーツアクター、アクション映画や特撮ヒーローものにはなくてはならない存在。

影の俳優でありながらそんな真のヒーローとも言える人たちに日本映画史上初めてスポットを当てたのが

映画『イン・ザ・ヒーロー』

9月6日(土)より全国公開です。

主演は唐沢寿明。スーツアクターの経験があり、高さ8.5mからの落下や炎の中での忍者100人斬りにも挑戦。共演には、福士蒼汰、黒谷友香、寺島進、加藤雅也、和久井映見ら物語を支える多彩なキャストが揃いました。

そして、その中で国民的番組「神龍戦士ドラゴンフォー」のスーツアクターとして登場するドラゴンブルー(男姓)を演じているのが、関西弁を駆使し、新人をビシバシ鍛える姉御キャラの大芝美咲役の黒谷友香さん。女性が男性ヒーロー役を演じるのは特撮史上本邦初!黒谷さんは実際にヒーローショーに出向いたりYouTubeの動画を見たりして、特撮ヒーロー達の動きを研究したといいます。逆に強面の寺島進さんがドラゴンピンク(女性)演じています。

ドラゴンフォーin_the_hero

そんな黒谷友香さんからのコメントです。
「女性が男性のヒーローに入るのが、私が初めてとは知りませんでした。逆は(ピンクスーツに男性が入ることは)映画の中でも、寺島さんがピンク役を演じているので、男女が逆のその設定はあまり気になりませんでした。男性が女性っぽく動くのと同じく、私もスーツは男性っぽく動く事が大事かと思いましたが、スーツを着てマスクを付けると強くなった気がしました(笑)。みんなのブルー、みんなのヒーローだ!という感覚になりました。マスクをつけると全身がヒーローになるので、ある意味、理想のヒーローを自分が演じるような感じですね。唐沢さんからはアクションについて、こうすると良いなどのアドバイスをいただき、とても参考になりました。」

インザヒーロー

映画を愛する全ての人に贈る奇跡の物語
映画『イン・ザ・ヒーロー

9月6日(土)より全国ロードショーです!

公式サイト:IN-THE-HERO.com

********************************************************************

物語
この道25年のスーツアクター本城渉(唐沢寿明)。“顔出し”で映画出演することを夢見ながらも、待ちくたびれた妻子には逃げられ、新人・一ノ瀬リョウ(福士蒼汰)にもその座を奪われるなど辛酸を舐めてきた。そんな本城にチャンス到来!しかしそれは、命をも落としかねない危険なスタントだった。周囲の制止する声を振り切り、本城は撮影スタジオへ向かった―。
イン・ザ・ヒーロー
主演 唐沢寿明 出演 福士蒼汰、黒谷友香、寺島進ほか

企画:李鳳宇
監督:武正晴
脚本:水野敬也・李鳳宇 配給:東映
(C)2014 Team REAL HERO

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ