「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」(埼玉県川口市)のオープニング・セレモニーが国内外からノミネートされた監督や審査員ほかゲストが来場して行われました。

11回目を迎えた今年は2014 7月19日(土)~27日(日) の開催!!

オープニング上映では、英国大ヒットミュージカルを映画化し、「とにかくハッピーになれる!」と本国での公開直後から大きな話題を呼んだイギリス映画『サンシャイン/歌声が響く街』が、8月1日の劇場公開に先立ちジャパンプレミア上映され、2012年にも監督デビュー作『ワイルド・ビル』が本映画祭長編部門にノミネートされたデクスター・フレッチャー監督のビデオメッセージ上映とともに9日間にわたる映画の祭典の幕開けを華やかに飾りました!!

SKIPオープニング

会期中は長編部門12作品、短編部門12作品、新設のアニメーション部門14作品の、3部門38作品がコンペティション上映され、審査員による最終審査を経て最終日27日に各賞が発表されるほか、「アニメDAY特別上映イベント」『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』上映など関連企画、特別上映、関連イベントなど盛りだくさんの内容となっています。

会場:SKIPシティ (埼玉県川口市)
URL:www.skipcity-dcf.jp

上田 清司 埼玉県知事(SKIPシティ国際映画祭実行委員会 会長)
本映画祭は世界に先駆けてデジタルに特化した映画祭として開催し、若手映像クリエイターの登竜門になってきたことを誇りに思う。さらに今年はアニメ作品をアピールしようということで『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』を上映する。また大宮ソニックシティでのサテライト上映など、多くの新しい試みを行いながら、日本全国、さらに世界にこの映画祭を発信していきたいと思う。

奥ノ木 信夫 川口市長(SKIPシティ国際映画祭実行委員会 副会長)
川口市では映画祭がはじまった当初から、日本におけるDシネマの未来を担う映像クリエイターの育成のため短編部門に「川口市民賞」を創設している。また「川口子ども映画クラブ」の子どもたちが制作した映画『不思議街一丁目騒動記』の上映も行う。今年も本映画祭をステップとして、若手映像クリエイターの活躍の場が広がることを期待している。

デクスター・フレッチャー監督 メッセージ
2012年に私の初監督作品『ワイルド・ビル』がSKIPシティ国際Dシネマ映画祭で上映され、初来日しました。その時も日本の皆様に温かく迎えていただき、最高の滞在でした。そして今回、『サンシャイン/歌声が響く街』が、8月の日本での公開前にまた同映画祭でオープニング作品として上映することになったと聞き、大変光栄に思っております。本作も日本の皆様に気に入っていただけると嬉しいです。心地よい音楽が響く美しい街と、そこに住む人々の感動の物語です。ぜひ観に来てください!

********************************************************************

オープニング作品『サンシャイン/歌声が響く街』★ジャパン・プレミア上映!!★

<STORY>
スコットランドの田舎町リース。結婚25周年の夫婦、ロブとジーンのもとへ息子のデイヴィーがアフガニスタンでの兵役から帰還する。娘のリズの恋人、アリーも一緒だ。再会を喜び合う一家だが、それぞれに悩みや傷を抱えていた。そんな中、ロブとジーンの銀婚式である事件が起きてしまう。

監督:デクスター・フレッチャー (2012年本映画祭長編部門ノミネート『ワイルド・ビル』)
出演:ピーター・ミュラン(『戦火の馬』)、ジェーン・ホロックス(『リトル・ヴォイス』)
ジョージ・マッケイ、アントニア・トーマスほか
配給:ギャガ <2013/イギリス/100分>
8月1日ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ他全国順次ロードショー

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ