映画『アキラNo.2』の完成披露試写会が7月15日(火)シネマート六本木にて行われ、上映後に舞台挨拶が行われました。

「アキラNo.2」完成披露試写会 舞台挨拶
主人公のNo.2 アキラを演じた小澤亮太にとってNo.1とは?

【日時】 7月15日(火)
【場所】 シネマート六本木
【登壇者】小澤亮太/城戸康裕/五十嵐麻朝/吉村典久監督

アキラNo2完成披露試写会舞台挨拶

映画『アキラNo.2』の完成披露試写会がシネマート六本木にて開催され、主演の小澤亮太ほか、城戸康裕、五十嵐麻朝、吉村典久監督が登壇した。

まずはじめに、マンガが原作となった本作のオファーを受けた時、そして原作を読んだ時の感想を聞かれると、

小澤さん:「最初に表紙を見たときは、普通のヤンキーもので、アクションを多くやれるぞと思っていたのですが、蓋を開けてみるとコメディ要素がたくさんあったので驚きました。今までにはないタイプの役でしたが、原作が本当に面白かったので、何度もマンガを読み返して撮影に挑みました」

と、原作を賞賛するとともに、役に対する熱い気持ちを語りました。

次に、本作のタイトルである“No.2”に絡めて人生で2番目に大切なことは何か、という質問が上がると、悩みながらも

城戸さん:「1番は夢ですよね」と真剣に答えたかと思うと、続けて「2番目は金ですよ」と激白。

会場は笑いに包まれました。同じ質問に対して

五十嵐さん:「1番は家族。2番目は一歩を踏み出す勇気」と答え、更に「勇気がなければ、人生勝ち残れないと思うので」と役者として更に上を目指す五十嵐の心意気を告白した。

小澤さん:「2番目は、いろいろあったと思える心じゃないかな」

と述べ、最後に

吉村監督:「人生で2番目に大事なのは“過去”。そして1番大事なのは“未来”」

とまとめると、

登壇者一同:「おぉーさすがです」

とベテラン監督の大人な意見に関心していた。

また、この映画に関して“No.1”だと言える点は、という質問を受けると

小澤さん:「原作が“No.1”。本当にこんなに面白い作品をやらせていただけることに感動でした」

と、改めて原作の素晴らしさを称えた。

城戸さん:「僕の筋肉のラインでしょうね」
とドヤ顔で答え、会場を爆笑!続けて

五十嵐さん:「この映画のプロデューサーの方が“No.1“だと思います。本当にお世話になった方でした」

と告白。最後に

吉村監督:「キャストが“No.1”。みんなのおかげで良い作品を作ることができた」と感謝を!

最後に
小澤さん:「この映画が完成できたのも、スタッフやキャストの皆様、そして支えてくれる方々のおかげだと思っております。不良を描きながらも、コミカルな要素もあったり、男の友情が詰まっていたりと盛り沢山な内容となっております。9月27日(土)の公開の際には、少しでも多くの方に劇場に足を運んでいただけたら思います」

と、述べ、これをもって公開日の情報が解禁となる形で舞台挨拶が終了となりました。

映画「アキラNo.2」

9月27日(土)よりロードショーです。

公式サイト:http://www.cinemart.co.jp/akira-no2/

********************************************************************

【STORY】
不良の巣窟である陸山高校の”ナンバーズ”と呼ばれる最強軍団の“No.2”であるアキラはNo2の座にいて常にNo1を狙っているが、現実は甘くない。No1からは押さえつけられ、下の連中からはNo2の座を狙われる息のつけない立場である。絶対的な存在であり、生きる伝説といわれる史上最強の不良で学校のNo.1であるツトムの機嫌を取ることで、自らの居場所を確保している。気配り、気づかい、忍耐、努力をもってして、何とか頂点に立つべく奮闘する、異色の不良ドラマ!

【出演】
小澤亮太/五十嵐麻朝・橋本マナミ・福山翔大
小西成弥・吉田大輝・高橋郁哉/城戸康裕
【スタッフ】
原作:奥嶋ひろまさ「アキラ№2」(「ヤングキング」少年画報社)
脚本:井上桜子・吉村典久 
監督:吉村典久 
制作:ゴセント 製作:エスピーオー
2014年/日本/カラー/ステレオ/HD/122分 
(C)2014奥嶋ひろまさ/少年画報社/エスピーオー

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ