映画情報どっとこむ ralph デジタルシネマにフォーカスを当て、若手映像クリエイターの発掘と育成を目的に埼玉県川口市で2004年より開催してきたSKIPシティ国際Dシネマ映画祭は、この度、17回目の開催となる「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020」を2020年9月26日(土)~10月4日(日)の9日間の日程で開催することが決定しました。

開催決定に併い、本日2020年1月23日(木)より、コンペティション部門(国際コンペティション/国内コンペティション長編部門、短編部門)の作品公募を開始。公募締切は、3/31(火)必着。

これまで本映画祭からは、白石和彌監督(『凪待ち』『ひとよ』)、中野量太監督(『長いお別れ』)、上田慎一郎監督(『カメラを止めるな!』)、片山慎三監督(『岬の兄妹』)をはじめ
多数の新鋭監督が受賞を機に活躍の場を広げています。

本年も<若手映像クリエイターの登竜門>として、映画界の未来を担う、新たな才能の発掘の場となるべく開催して参ります。

IDCF2019_ClosingCeremony_Official
(写真)2019年表彰式

映画情報どっとこむ ralph <コンペティション公募概要>
【公募期間】2020年1月23日(木)~3月31日(火) 必着
【公募部門】国際コンペティション、国内コンペティション
【応募方法】映画祭公式サイト内オンラインエントリーフォームから応募
www.skipcity-dcf.jp
【公募対象作品】
■国際コンペティション(※長編作品のみ/国内作品・海外作品対象)
長編映画制作本数が3本以下の監督による60分以上の作品
■国内コンペティション(※長編部門、短編部門の二部門/国内作品のみ対象)
[長編部門]長編映画制作本数が3本以下の監督による60分以上の国内作品
[短編部門]商業公開された長編映画を制作したことがない監督による、15分以上60分未満の国内作品
※各部門ともに、実写作品(ドラマ・ドキュメンタリー)、アニメーション作品のいずれも応募可能です。
※ノミネート結果、賞構成、審査員は後日記者発表および公式サイトにて発表します。(参考:2019年賞金総額230万円)
※応募規約および応募方法の詳細は映画祭公式サイトで公開します。
www.skipcity-dcf.jp
※[参考資料]応募規約テキスト(PDF)は右記URLよりダウンロードいただけます。
http://gf1.work/86FV

映画情報どっとこむ ralph SKIP シティ国際D シネマ映画祭2020(第17 回)開催概要

■会期:2020 年9 月26 日(土)~10 月4 日(日) <9 日間>
■会場:SKIP シティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ホール(埼玉県川口市)他
■内容:国際コンペティション、国内コンペティション、特集上映、関連企画、イベント等予定(後日詳細発表)
■主催:埼玉県、川口市、SKIP シティ国際映画祭実行委員会、特定非営利活動法人さいたま映像ボランティアの会
■公式サイト:
www.skipcity-dcf.jp

***********************************

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ