映画情報どっとこむ ralph 映画の裏話大公開、ビデオコンテでアクション解説。
ドニー・イェンとの仕事は僕にとって、世界でトップレベルのアクション映画を撮っているという自信をくれる。

現在シネマート新宿で開催中の「のむコレ3」で上映中の『スーパーティーチャー 熱血格闘』。
本作でアクション監督を手掛け『るろうに剣心』シリーズや2020年1月に香港で公開されるドニー・イェン最新作『肥龍過江』(原題)の監督である谷垣健治による登壇特別授業が12月29日に開催されました。

映画『スーパーティーチャー 熱血格闘』特別授業(舞台挨拶)!
日程:12月29日(日)
場所:シネマート新宿
登壇:谷垣健治『るろうに剣心』シリーズ・アクション監督
      

映画情報どっとこむ ralph 満席の会場の中、盛大な拍手の中で登場した谷垣監督。
本作品がドニー・イェン出演の映画作品ではアクション監督としての初めてクレジット表記がされたが、それに対して谷垣は「(本作品の)カム・カーワイ監督が『導火線』で助監督をやっていた人だったので、監督がちょっとだけ忖度してくれたんじゃない?」と述べ、会場に笑いが起きた。
さらに本映画は2017年に『功夫先生』という題名でネパールで撮影をする予定となっていたが、そのうちに香港SF小説で有名な「ウェスリー」をドニー・イェン監督、主演で撮るという話になり、その前に小粒だけど教義的意義のある映画をゲスト出演で撮影するから、手伝ってくれという話になった。それが主役作品となり、「ウェスリー」は『肥龍過江』の撮影と入れ替わってしまったと、裏話まで飛び出した。

また、今回は谷垣監督が撮影前に、本作品に参加している日本のアクションチームでアクションシーンを再現したビデオコンテが特別に公開され、谷垣監督の解説が行われた。

さらに、谷垣監督によるサプライズで、本作品の敵役を演じ、ドニー・イェンアクションチームのメンバーであるユー・カンがテレビ電話で登場。テレビ電話の中でユー・カンはバック宙をするなどし、会場は大きな歓声に包まれた。

また、谷垣監督の私物がプレゼントされるなど、大盛況の中で舞台挨拶は幕を閉じた。

【コメント】

◆谷垣健治
ドニー・イェンとの仕事は僕にとって、世界でトップレベルのアクション映画を撮っているという自信をくれる。普段は僕らがその自信を出演者に与えるものであるが、これだけ自由にできるのも最終的にはドニーが調整してくれるからいろいろ思いついたことを試すことができる。

映画情報どっとこむ ralph 映画『スーパーティーチャー 熱血格闘』

https://www.vap.co.jp/superteacher/

STORY
タックチー学園は、ここ数年大学進学者を出しておらず、香港の中で成績最低の学校とレッテルを貼られ、教育局から補助金を打ち切られる寸前になっていた。そんな中、一人の男が教師として採用された。その教師、チャン・ハップ(ドニー・イェン)は、学校の中でも不良や問題児が集まる6Bの担任となった。クラスの中でも5人の生徒は誰にも手が追えないほどだったが、チャン自身の経験とテクニックで向き合った事によって、彼らから次第に信頼を得ていく。そして、チャンがこの学校出身で過去にトラブルを起こして退学し、その後、アメリカで海兵隊として活躍していた事が明らかになるや、香港で時の人となり、校内でも一目置かれるようになる。だが、生徒の一人が自殺未遂を起こしたことで、世間やマスコミは一斉にチャン叩きを行なう。チャンに共感を得ていた生徒や同僚の教師たちは、彼と学校の名誉を守るために立ち上がった。

***********************************

◆出演
出演:ドニー・イェン『イップ・マン継承』『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
ジョー・チェン『モンキー・マジック 孫悟空誕生』/ユー・カン『スペシャルID特殊身分』
◆スタッフ
監督:カム・カーワイ
製作:ドニー・イェン
アクション監督:谷垣健治
2018年中国=香港映画/101分/カラー/ステレオ/シネマスコープ 
原題:BIG BROTHER 大師兄
提供:バップ 
配給:エスピーオー 

関連記事:



良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ